一眼レフ

一眼レフって本当に必要?LX100とG7Xの登場で確信に変わった3つのこと

投稿日:

4Kムービーが撮影可能なコンデジ パナソニック LX100 買いました。ソニー RX100、キャノン G7X と比べて感じたことを書いていきます。

「一眼レフって本当に必要なの?」

日常使いのカメラを探していた友達から、相談を受けたその日、私は当たり前のように「一眼レフ」を薦めました。

カメラ

でもよくよく考えてみると、私のメインカメラは「RX100」最近は「G7X」です。使用頻度で言えば 9:1 の割合でコンデジを使っています。その理由は…

「動画も写真もそれなりに撮れるから」

友人はブログを書いているわけでもなく、仕事で商品撮影をお願いされることもありません。そんな友達に向かって私はこうほざきました。

「ミラーレスならα6000、一眼レフならCanon EOS Kiss X7か、Nikon D5300 を買いな。レンズは単焦点ね」

そこで友達が発した一言が一眼レフって本当に必要なの?だったんです。

ハッとするよね。普通ハッとするよね。

一眼レフのメリット

一眼レフ

一眼レフのメリットと言えば大型センサーサイズ、高速なオートフォーカス、光学ファインダー、RAW現像、レンズ交換などがあります。

「フルサイズミラーレス一眼α7」「高速AFα6000」の登場で一眼レフのメリットは「レンズが豊富で安い」「光学ファインダー」ぐらいしか残っていません。(個人的に)

大きくて重い一眼レフは、子連れの私にとってデメリットのほうが大きくなってしまったんです。

高級コンデジの登場

lx100

ソニーRX100シリーズ、Canon Powershot G7X、Panasonic LUMIX LX100。

大型センサー搭載、大口径ズームレンズのコンパクトデジタルカメラの登場で、本気の仕事以外は一眼レフを持ち歩かなくなりました。

確かに一眼レフは素晴らしい写真を撮れるし、今でも大好きです。でも…子供がいるとプライベートで一眼なんて持っていられないんです。

「それでも一眼レフでしか写せない写真がある」

そうなんです。そこが唯一無二の武器だったんだけど…Canon G7Xパナソニック LX100 を使うと、素人レベルではその武器は跡形もなく崩れ去ったのです。

G7Xで撮れる写真

Canon PowerShot G7X で撮れる写真はコチラ

g7x

g7x

最近は子供しか撮ってなくて…可愛すぎてすいません。Canon G7X なら一眼レフに負けない写真が残せます。

※オートのJpeg出しで撮影しています。焦点距離はどちらも100mmです。

LX100で撮れる写真

Panasonic LUMIX LX100 で撮れる写真はコチラ

lx100

lx100

lx100

lx100

LX100はAF速度が半端ではありません。ミラーレス一眼のα6000レベルのAF速度(体感でね)です。

※iAオートのカメラ任せ、Jpeg出しの状態です。

動画は一眼レフを超えます

RX100シリーズ、G7X、LX100の動画撮影は、使い勝手の面で完全に一眼レフを超えます。

一眼レフの動画撮影は素人にとって苦痛しかありません。AF遅い、変な音が鳴る、手ぶれるなどとにかく難しいのが特徴。

「動画はビデオカメラで撮れ!餅は餅屋でっせ!」

カメラマニアの先輩方が鼻息荒く言うのもわかる気がします。一方コンデジの動画性能は素晴らしい。小さなボディに手振れ補正を内蔵しAFも追従可能。

「LX100に至っては4K動画」

ですからね。大型センサー搭載で背景ボケもしっかり得られるので、今だったらこう言えます。

「動画は高級コンデジで撮れ!」

まとめ

「一眼レフって本当に必要なの?」
「んんんんん…言いたかないけど、ぶっちゃけ必要ない。

これだけ素晴らしいコンデジや、軽くて小さいミラーレス一眼が登場していながら、素人があえて一眼レフを選ぶ必要はないかもしれませんね。(一眼レフの選び方をメルマガで書いてるくせに)

って言ってもさすがにLX100は高すぎ

高速AF、一眼レフに近い操作性、EVF搭載、マイクロフォーサーズセンサー搭載の4K動画撮影。確かにすごいけどね…10万は高杉晋作です。

【あす楽】 キヤノン PowerShot G7X (Canon コンパクトデジタルカメラ)
by カエレバ

LUMIX DMC-LX100-K [ブラック]
by カエレバ

-一眼レフ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.