豊見城市美らSUNビーチで10月まで開催されてる「沖縄ビーチパーク2016」に行ってきました。その体験レポートを書いていきます。動画ももちろん追加していくよー。

沖縄ビーチパークとは?

沖縄最大級のビーチアトラクションということで、HISさんが主催しているイベントのことです。

豊見城市美らSUNビーチ内に設置された特設エアプールや、ウォータースライダーを楽しめる夏休みにうってつけのイベント。慶良間諸島も見える西海岸ビーチに、大型遊具付きのプールって楽しすぎでしょ。

電話番号/ホームページ H.I.S.OKINAWA BEACH PARK 2016 in 豊崎美らSUNビーチ!! – H.I.S. 国内旅行
営業時間 10:00-17:00
料金目安 中学生以上1,700円、3歳〜小学生1,100円(ローソンチケット/Lコード:82779)
当日券:中学生以上1,800円、3歳〜小学生1,200円
場所 豊見城市美らSUNビーチ北側エリア

なにはともあれ予算の話

美らsunビーチ

楽しかったうんぬんは置いといて、お父さんはまず予算の問題をクリアしましょう。沖縄ビーチパーク2016の料金は中学生以上1,700円(ローソンチケット前売り)3歳以上〜小学生は1,100円(ローソンチケット前売り)です。

我が家のスペックは夫婦×4歳と2歳なので、4,500円でした。

プールに4,500円。

まずここの問題を解決していきましょう。ちなみに目の前のビーチは”無料”です。さぁ天秤にかけていくぜ。

大型ウォータースライダー付きのエアプール

沖縄ビーチパーク

チケットカウンターでリストバンドをもらったら、まず真っ先に遊べるプールがあります。

水深が浅く2歳の娘も楽しく遊んでいました。水鉄砲は無料貸し出しなので息子はヒャッホー。浮き輪があれば浮き輪も持っていくと便利。

嬉しいのはテントが近いコト。

こちらのエアプールは1時間ごとに休憩が入り、約10分間休憩の時間を取っています。息子たちは夢中になるとなかなかプールから出てこないので、この休憩時間に大助かりでした。テントも近いし屋台もあるので飲み食いしながら子供たちを遊ばす事ができます。

※平日でも座れないほどだったので、土日は・・・ちょっとどうかな。

超大型ウォータースライダー

沖縄ビーチパーク

10m以上の高さがあるウォータースライダーがあります。上からウェイする動画を撮りたかったんだけど、安全面の問題で、カメラ持込禁止です。なので全体像しか取れませんでしたが・・・いやー楽しかった。

4歳の息子はもちろん怖がってダメでしたけど、お父さんは楽しませてもらったよ。普通に面白かったわ!

その横にはもう少し小さなウォータースライダーもあります。こっちも楽しかったけど真ん中のボッコイ部分がちょっと怖い。

まぁコレあれですよね。小・中学生が無限に遊べるやつです。夏休みコレ行ってなかったら泣くレベル。お父さん今すぐ仕事やめてと泣きつくレベル。

4歳の息子がハマったロングスライダー

ロングスライダー

小さいお子さんでも楽しく遊べるロングスライダー。22日から登場してます。小さいお子さん連れのファミリーなら、ぶっちゃけコレだけで元取れるレベル。

息子は小さい時にプールで水没してから、顔に水をつけるのが怖いらしい。

僕たちはそれを無理に克服させようなんて気はサラサラなくて、怖かったら怖かったでいいんだよ。と伝えています。そんな息子が・・・最初は怖がっていた息子が・・・最終的にこうなった。

ウェーイ。

スタッフさんがイケメンすぎた

沖縄ビーチパーク

息子めっちゃウェイウェイしとるじゃん。最初はお父さんとお父さんと言ってたのに、最後・・・余裕で一人で遊びまくってる。ぼくが見ただけでも10回以上は一人で遊んでたね。

その理由は・・・スタッフのお兄さんがイケメンすぎたから。

今日が初めての仕事って言ってたけど、最高すぎる。子どもたちには優しいし、あとで動画載せますけど、毎回全力で子どもたちを押してくれるんです。しかもちゃんと子どもたちの様子を見ながら、子どもに合わせてスピードの調節をするし。

オッサン嫌いの息子もイケメンお兄さんなら全然オッケー。一人でも余裕で滑りまくってました。

笑顔がステキなお兄さん。ママさん!これだけで4,500円払う価値ありですよ。

お兄さんほんとありがとうございました。

あっちなみに娘のときは同じお兄さんじゃなかったけど楽しそうでしたよ(笑)

豊見城美らSUNビーチ

美らsunビーチ

プールに飽きたら海で遊べばいい。そんなん反側です。

都民よ渇望せよ!これが沖縄だ!みたいなこと言えるレベル。

もう言ってしまおう。さっさとノマドしに沖縄に来てください。

飛行機

同じ夏をコンクリートジャングルで過ごすの?

無理。

プールの水温と熱中症にご注意

沖縄ビーチパーク

7月10日に熱中症で救急車に運ばれたぼくとしては、プールの水温が気になりました。

沖縄の夏の日差しはものすごく、広さ20m程度、水深50cm程度の水たまりなら瞬時に温水になります。我が家が到着した12時にはもうすでにぬるま湯状態でしたね。

東南植物楽園の水はそうでもなかったんだけどね。

参考記事:夏休み!沖縄県のおすすめレジャープール10選 息子はウォータースライダーを楽しめたのか?

スタッフさんに水足さないんですか?と聞くと「足さない」という答えだったので、心配になります。

なぜなら・・・ぼくが救急で運ばれた時、自宅プールをぬるま湯で入ってたからです。ぬるま湯で入ると体が温まります。そうすると最初は汗をかくんですが、脱水症状になると汗が出なくなる。それプラスで夏の日差しって考えると心配でしかない。

子供達は一回入ると納得するまでなかなか出てくれないですからね。行くなら午前中の早い時間がオススメです。夕方はぬるま湯というかお風呂状態でした。

ミネラル補給のために麦茶や経口補水液を摂取しましょう。

まとめ

beach

以上沖縄ビーチパークの体験レポでした。チケットはちょっと高いけど、子供達はめちゃめちゃ楽しそうにしてたからいいか。

お父さん、ぜひ天秤にかけて考えてください。

ロングスライダー・・・めっちゃ楽しかったですよ。小さいお子さんがいらっしゃるファミリーにはオススメしたいなぁ。