惜しい!おきなわ文庫さん、惜しいよ!

沖縄県産本を全国の読者へと届ける可能性が高くなったとされる電子書籍化。しかしその市場は Reader store だそうです。なぜKindleじゃないの?

まぁ Reader store でもいいんですけどね。今、時代は完全にKindleに染まりつつあるのに、あえての第三極。電子書籍化はすごく良いんだけど・・・ソニーのReaderってことでどうなんでしょう。

とはいえ、このプロジェクトには多数の素晴らしい人物が関わっているそうで、沖縄愛に満ちあふれたプロジェクトだったそうです。主戦場がSONYのReaderってことで、よほどプロモーションに力を入れないと読者数は伸びないと思いますが、それでも沖縄県産の情報印刷物を電子化し、日本中に届けようという想いは強い。

ぜひ、Kindleでも電子化してほしいな。

「全国の読者もきっと読みたいはず」というあいまいなターゲティングがやや心配ですが、このプロジェクトの詳細はこちらで紹介されています。

第6回 魅力的な本を発掘し、電子出版を盛り上げたい――ブックリスタ、ソニーによる配信協力(前編) – MdN Design Interactive – Webデザインとグラフィックの総合情報サイト