はいさい。ヒガシーサーです。

沖縄セルラー電話さんと、ネットイヤーゼロさんが立ち上げたプロジェクトがFecebook上で話題!

話題の【沖縄CLIP】では現在フォトライターを募集中とのことなので、僕も応募しようと思います。というか、僕はブロガーなので、この記事を応募方法にある【本業務への思いや考えをまとめた資料(形式は自由)】にそのまま提出することにしました!

 

なぜ沖縄CLIPのフォトライターに応募したのか?

沖縄のどこに価値があるのかを見極めたい

これが私の応募理由です。

留学や一人旅中に色んな人種の人に「沖縄って知ってる?」と聞くと、「戦争」「長寿」の2キーワードか、「知らない」という答えしかありませんでした。

沖縄が持ってる世界遺産や、キレイな海や景色のことを知っている人はゼロ。でもそれは悪いことではなくて事実であり、たまたま聞いた人達の興味が「戦争」や「長寿」だけだったかもしれない。

世界中のどの地域、誰に、どこが求められているのか」を明確にして、写真やFecebook、動画を使って世界にシェアしていき、どこに価値があるのかを見極めたい。

それが理由です。

新しい魅力とはなにか

そもそも定義がよく分からないので、私なりに考えてみました。

既存のメディアってなにか?

既存の沖縄ってなにか?

文字にすると数千文字になりそうなことをずっと考え、マインドマップし、ブレインダンプし、A4用紙一枚分は書きました(少ね!)

それで辿り着いた結果

新しい魅力とは…見つかるまでは数を打つしかない。

頭で考えても仕方ないので、行動して写真を撮ってアップしていきます。

サーファーがしか見たことがない海の色

ハワイにも、バリにも、ニュージーランドにもない沖縄の海の色というものがあります。サーファーというフィルターを通した沖縄の海の写真に価値を生み出したい。

その場所に訪れる機会がなかったとしても、その写真を部屋に飾りたい。そう思われるような沖縄の写真を撮って発信していきたいです。

100万円の使い道

フォトライターに採用されたら100万円。

とは言っても4ヶ月も時間や労力を使うわけですから単純に活動費だけでも100万円はかかると思います。

それでも、私は「海を撮るためのカメラ機材」に1,000,000円を全部使いたいと思います。防水ハウジングや高級レンズを買えばすぐに吹っ飛んでしまう額ですが、全部カメラに使う!

なぜなら…Liquid EYE の防水ハウジングやCanonのLレンズが欲しいからさ(笑)

まとめ

私はブロガーで、ノマドワーカー、そして沖縄とカメラが好き。

沖縄CLIPのフォトライター募集要項を見て「ヒガシーサーを募集しています」と書かれていると思いました。

採用されようが、されまいが、私は沖縄の新しい魅力をサーファーの視点から発信していくことには変わりありません。

以上です。