沖縄県では、毎年多くのプロ野球チームが春季キャンプを行います。今年からは沖縄県もようやく「プロ野球キャンプ訪問観光促進事業」として事業を発足させました。

2010年に試験的に導入された「プロ野球キャンプ観光シャトルバス」が大成功だったことを考えると、やっと重い腰を上げた感は否めませんけど・・・今後沖縄県はスポーツ・ツーリズムという位置付けでスポーツ関連の観光に力を入れていくそうです。将来的にオリンピックができることを期待して、県民全員でスポーツ・ツーリズムを盛り上げていきましょう!

沖縄プロ野球キャンプ訪問観光事業って具体的になにをするの?

公式プレスリリースによると、本島内主要キャンプ地を巡回する専用シャトルバスの運行を平日に6便、休日には7便運航し、見学の足をサポート。以前紹介した「プロ野球キャンプへGO」と同じ様な使い方ができると思います。

それから、最新の情報を紹介するサイトとして「プロ野球キャンプ情報ポータルサイト」を公開するそうです。(公開時期は未定)

那覇市内のホテルには各地のキャンプ情報やサムライジャパンユニフォームの特別展示など、プロ野球キャンプ乗っかり放題の「ベースボールホテル」も登場するとの事。

その他には、キャンプ地の地元グルメ「Okinawanカップグルメ」やスマホアプリ「ロケッコ」、周辺の観光散策を促す「旅チャリ」など、なんだか盛りだくさんで分け分からない感じになっています。

アレコレやるより、マナーとルールからお願いします。

せっかくプロ野球選手を間近で見る機会があるので、関係市町村や沖縄県だけではなくて、できれば各球団広報とも密に繋がっていてほしいです。例えば、プロ野球各球団のイベント情報の公開を幅広くPRしてもらいたい。

いちいち、球団のサイトに行かなければ情報を得られないなんて超面倒ですよね。まとめサイト希望!

そして、一番実行して欲しいのはキャンプを見る時のマナーやルールなどの徹底。沢山の子ども達が夢を持って訪れる場所なので、ルールやマナー(飲酒やタバコ)の遵守を徹底して欲しい。せっかくキャンプを見にきたのに恥ずかしい大人がいて困った。なんて思いたくないもんね。

プロ野球キャンプ訪問観光事業の詳細はこちらの資料をご覧下さい

公式プレスリリース