カメラ

カメラは一眼レフだけじゃない!男のミラーレス部っていかが?

更新日:

はいさいヒガシーサーです。ブログのタイトルを「男のミラーレス部」へと変更してみました。

その理由を書いていきます。

なぜ男のミラーレス部に変更したの?

ブログを2009年から書いてきて、デジタル一眼レフの使用歴だけで言えば10年近く使ってきました。その間に色々なカメラが登場してきたし、ライフスタイルも変わりました。

昔はフルサイズ一眼レフに憧れを持っていたし、大三元レンズや、高級三脚など、とにかく大きくて重い機材を持つことがカッコイイと思っていた。

また、画質を突き詰めるとフルサイズこそが唯一の正解だとも思っていました。

でもブログを書き始め、読者さんから質問もたくさん頂くようになって、私は確信を持ったことがある。

「一眼レフを持ち歩くの苦痛!」

プロカメラマンでもない、写真で本業を凌ぐほどのお金を稼いだこともない。ただ、子供や日常の風景。旅行やサーフィンの時に良い写真が撮りたいだけの素人に一眼レフは非情なほど邪魔。

それなのに…「一眼レフ以外は話にならん」と平気で言うヒトがいる。それじゃあ楽しくないよね。とずーっと感じていたのがきっかけ。

小さいカメラのメリットは?

ミラーレス部

私はどうしても「カメラ好きのダサいおっさん」と思われたくないんです。娘に。

サーフィンもお洒落も、趣味も楽しむカッチョいいオヤジになりたい。その理想に近いのがミラーレス一眼やコンデジの「小さなカメラ」だと思っています。

9年前、始めて一眼レフを買った時、Nikonと書かれていたストラップをどうしても付ける気にならなかった。

Nikonのフリガナは「おっさん」って思ってたくらいですから。だから自分で作りました。就職活動中にも関わらず(笑)

男のミラーレス部は、おっさん臭いストラップやバッグに疑問を持つ、カッチョいいオヤジが居てもいいんじゃない?という思いでやっていきたい。

これからは大きくて重い一眼レフだけでなく「小さいカメラ」にフォーカスするブログがあってもいいかなと思ってます。

小さいカメラの定義ってなに?

camera-581126_1280

以前までは一眼レフと単焦点レンズこそが良い写真を撮ることだと思ってました。

でも、RX100というコンデジを手に入れてからはそんなことどうでも良くなったんですよね。

子供が生まれてからはさらに露骨に一眼レフを使わなくなった。それよりも iPhone や コンデジ で子供の自然な表情を写してる方が幸せでした。

確かに写真は好きだし、もっともっと上達したい想いはある。でも、写真が上手くなるのに一眼レフは必ずしも必要ないと思うんですよね。

一眼レフにも小さいのあるけど?

kissx7

Canon EOS Kiss X7 や Nikon D5500 は一眼レフとは思えない軽さと小ささですよね。

アレでもいいんです。いいんですけど、これからは安易にミラーレスかなって思ってます。

α7の登場はインパクトがありました。

フルサイズセンサーをミラーレス機に搭載したソニーの意欲作。正直言うと一眼レフとは比べ物にならないほど扱いにくいものでした。

でもα7は確かな未来を表現してくれたカメラだと思います。

「みんなが妄想してたけど、だれも作らなかったカメラ」

それがRX100やα7だと思う。

小さいカメラは「一眼レフ以外」というわけではないけど。フィルムカメラのように持ってるだけで所有欲が満たされ、どんなフィールドにも持っていける。そんなカメラと私は思っている。

んでソレを愛するのが男のミラーレス部です。まだ部員はゼロですけど。

男のミラーレス部に集まって欲しい人は?

ミラーレス部

こんな人です!

男のミラーレス部は最新テクノロジーをカッコよく使いこなすオヤジ達が集まる場所にしたい!あっもちろん女性も歓迎です。というかどちらかというと女性だけ歓迎したいです。

「センサーサイズが小さいから、家電メーカーだから、バッファーがどうたら、撮像素子メーカーがどうたら」

こういう話をする人だけでなく

「2000mm の超望遠コンデジが出たってよ!よっしゃ買うぜー!」

みたいなノリで行動するおっさんがカッコイイ。レンズ交換型に盲信せず、面白そうなカメラが出たらとりあえず試す。楽しむ。ネガティブワードは使わない。

「フォーカスリングないぜー!ひゃっほー使いづれー!」

というほうが面白いじゃないですか。そういうカメラ愛好家が集うようなブログにしたいなと。

いや、あんたも大概ネガティブぶっこんでたよね

person-224074_1280

過去には私も反省すべき記事を書いたり、一眼レフを盲信していたので、今の考え方とは違うことを発信してきました。

でもね、小泉元首相も言ってたでしょ。

「人間は変わるんです」と。

だから、少しずつ成長してることを認めてあげてくださいよ。褒められれば伸びるタイプですから。

理想は写真ブロガーを増やすこと

ミラーレス部

良い写真を撮ってポジティブな情報を発信するヒトが増えれば、日本は良くなると思うんですよね。

私は本気でそう信じている。

沖縄は家族と自然以外はネガティブ情報で溢れています。メタボ一位、基地依存、低所得一位、長寿陥落…笑っちゃうくらいネガティブだらけですよココ。

でもそんなのは一部でしかないし、正直私の人生には全く関係ない。

それよりも地元の美味しいお店を紹介する。サーファーを美しく撮ってブログに載せる。サーフィンを始める子供達が増える。メタボ?なにそれ。ってなるほうが早い。

今の情報スピードって光の速度並ですからね。さっさと写真なり動画なり投稿して発信するほうがいいんですよ。

そのためには良い写真とポジティブに発信する媒体が必要だと思う。

理想は全メーカーの全機種をレビューすること

ミラーレス部

スペックだけを紹介するレビューではなく、そのカメラを買おうか悩んでる人の参考になるレビュー。このカメラを持つとあなたの人生がどうなるかを示せるレビューを書いていきたい。

「ふーん」

「ふーんて。そのためには資金が必要です」

だから私はブログを書く。カッチョいいおっさんを増やすためにブログを書く。

「いまどんくらい収益あるんですか?」

「規約で話すことはできないんだけど、ページビューで言えば毎月30万〜60万はあります」

「で、全機種レビューするためにはどのくらい必要なの?」

「少なくても300万PVは欲しいですよね」

「無理だろ」

これからはカメラと関係のない記事も書くかもしれません。

でもそれは、結果的に「全デジカメ機種をレビューするため」にやってることなので、応援宜しくお願いします。

あなたに最適なカメラを見つけるまで探し続ける

ミラーレス部

「そもそもなぜレビューするようになったんですか?昔はくだらん日記が主だったよね?」

「はい、くだらなかったです。でもそんなくだらない日記に質問がきました。」

「比嘉さんの写真きれいですね。どんなカメラを使ってるんですか?って」

「嘘だろ」

「いやマジです。それでレンズとか一眼レフのことを教えたら思いのほか感謝されまして」

「盛ったな」

「いやマジですって」

それからカメラの製品レビューを書くようになりました。

今まで使ったカメラでお気に入りは?

ミラーレス部

「iPhoneとGoProHERO3ですね」

「おい!一眼もミラーレスもコンデジもないじゃないか!」

「はい。事実です。iPhone最強っしょ」

「その次にRX100ですね」

一眼レフを使ってレンズを変えることが最も崇高な考え方だと思っていました。けど現実は違いました。

「コンデジ?ハハ、まさかでしょ」

一眼レフ以外のカメラをバカにしていた時期もあります。でも、一眼レフで撮った写真よりGoPro動画を切り出した写真の方が周りから絶賛されちゃった。そして、SNSではiPhoneで撮影した写真の方が、沢山いいねしてもらえました。また写真を買ってくれる人もRX100で撮った写真からが多いです。

「誰もが一眼レフで撮った写真を良しとするわけではない」

というよりも一眼レフで撮ろうがiPhoneで撮ろうが、見る人にとって全然関係ないってことに気づきました。私はそれを学んだ。そこからいろんなカメラをレビューすることにしました。

一眼レフは時代遅れなのか?

ミラーレス部

そんなことはありません。それよりもミラーレスとコンデジの進化スピードが早いってだけ。

Canon PowerShot G7X は携帯性と描写性を兼ね備え美しいボケ表現も可能だった。

g7x (1)

LX100はマイクロフォーサーズで美しい静止画に加えて、4K動画、4KPHOTOも使えた。

動物園

一眼レフは完成されすぎている製品もユーザーも

ミラーレス部

「一眼レフってすでに完成されているプロダクトだと思うんですよ」

「えっ何言ってんの?良く分からない。アナタ嫌い」

「その点、ミラーレスやコンデジは【一眼レフを超えるぞ】という気概が見えます」

「それはわかる気がするね」

「男は完成されたもので満足しちゃダメでしょ?新しいものにどんどん挑戦して失敗しなくちゃ!」

2015年4月現在、一眼レフで4K動画を撮影できる機種はありません。ミラーレスやコンデジではとうの昔に実現してるし、小さなGoProですら(ビデオカメラだけど)2013年に搭載しているくらい。

スチルカメラと言えど、これからの時代を楽しむためには最新の機能を使いたい。試したい!というのが本音。

極め付けは 24-2000mmという超望遠を実現したP900の登場ですよ。

8000mm

一眼レフと比べて写りはショボいけど、強力な手ブレ補正、圧倒的な光学ズーム。意外に実用レベルのAF。これがコンデジで登場した。最初は疑心暗鬼だったけど、使ってみると恐ろしく楽しかった。

この経験ではっきりと「カメラは一眼レフだけじゃないな」と確信を持ちました。

んなこと書くと叩かれるよ?

photographer-424622_1280

価格.com界隈のカメラマニアさんたちの知識に足元にも及ばないです。ブログを書けば「この初心者が!」と叩かれます。

叩かれたら凹むし間違ってる部分は反省する。でもそれはブロガーとして当たり前のことだと思います。それでも私はもっと写真を気軽に楽しみたいし、地方から良い写真を発信できる人を増やしていきたい。

そう思ってブログを書きます。だから少しだけ暑苦しいブログを書く必要があると思う。あなたの人生に最適なカメラが見つかるまで。

「アタシ、炎上なんかに負けない!凹むけど」

男のミラーレス部どうですか?

ミラーレス部

と長々と書いてしまったこの記事を読んでくれたあなた。お時間大丈夫ですか?(笑)今の時代一眼レフは時代遅れとは言えないけど、ミラーレス一眼の進化は無視できないものがあります。

私は最新テクノロジーが好きで、損をしてでも失敗すると分かっていても挑戦したい。ただ、失敗するのは私だけでいいんです。あなたの人柱として私が大損こきますから。

「男のミラーレス部 HIGASHISA」

中身は相変わらず素人が好き勝手に語っているだけですが、これからも暇つぶしで楽しんでもらえたらありがたいです。

-カメラ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.