カメラ

P900 と SX60HS と HX400V 焦点距離1200mm超のコンデジ購入を本気で考える

更新日:

「みんな揃って 1/2.3型CMOS(裏面照射型センサー)」

ニコンが光学83倍
35mm判換算24-2000mmの
超高倍率コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P900」を発表しました。

「2000mmってすげぇ」

って思った方も少なくないかもしれません。

2000mmを必要とする環境が
あるかどうかは置いといて、
サーフィン撮影用に本気で高倍率コンデジの購入を考えています。

kakaku

調べてみると候補に上がるのは

  • Nikon COOLPIX P900
  • Nikon COOLPIX P610
  • Canon PowerShot SX60HS
  • SONY Cyber-Shot DSC-HX400V

以上の4機種。

「P900とP610の違いがよう分からん」

という点は次回まとめるとして、
購入を前提で焦点距離 1200mm 超えの超高倍率コンデジをまとめてみました。

24-2000mm 光学83倍 Nikon COOLPIX P900

価格67,550円(価格.com調べ)
焦点距離(35mm判換算)24-2000mm
F値2.8-6.5
ISO100-6400
記録フォーマットJPEG
シャッタースピード1/4000
重量899g

RAWで記録できない点は残念ですが
24-2000mmは魅力的。

5段分の手振れ補正も搭載されています。

重量はミドルクラス一眼レフ並ですが
レンズの明るさと焦点距離を考えると
恐ろしく小型です。

24-1440mm 光学60倍 Nikon COOLPIX P610

価格40,096円(価格.com調べ)
焦点距離(35mm判換算)24-1440mm
F値3.3-6.5
ISO100-6400
記録フォーマットJPEG
シャッタースピード1/4000
重量565g

2月26日発売から1週間で1万円以上も価格が下落。
P900の登場後、さらに値下げが進みそうです。

「なぜニコンはP610を出したのか?」

と思ったんですけど
P900と比べると非常に小さくて軽いです。

このボディで光学60倍は
他社の高倍率ズームと比べても
驚くほど小型軽量に仕上がっています。

広角側のF値以外は
P900と同等の性能です。

どうせならP900欲しいけどね。

21-1365mm 光学65倍 Canon PowerShot SX60 HS

価格45,454円(価格.com調べ)
焦点距離(35mm判換算)21-1365mm
F値3.4-6.5
ISO100-3200
記録フォーマットJPEG/RAW
シャッタースピード1/2000
重量650g

今回紹介する機種の中で唯一
広角端21mm
RAW形式の記録
に対応している SX 60HS。

望遠端の手振れは相当シビアそうですが
広角21mmというのは魅力的。

またRAW形式に対応してるので
それだけでもSX60 HSを選びたくなります。

24-1200mm 光学50倍 SONY CyberShot DSC-HX400V

価格43,200円(価格.com調べ)
焦点距離(35mm判換算)24-1200mm
F値2.8-6.3
ISO80-3200
記録フォーマットJPEG
シャッタースピード1/4000
重量660g

バリアングル液晶非搭載、
RAWでの撮影ができない点はマイナス。
でも、このクラスの動画としては素晴らしいと思います。

今回紹介した超高倍率コンデジの中では
バランスに優れた機種だと思います。

まとめ

超高倍率ズームコンデジは
扱いが難しそうです。

動画撮影時のAFに難があることが多いので
動画が目的の購入はオススメできません。

それでもP900の様に
2000mmをトリミングなしで撮影できるのは大きな魅力。

スペック上では
COOLPIX P900 のインパクトが大きいですが
このクラスなら好みで選んでもいいことが分かりました。

個人的にはやっぱり
COOLPIX P900 を使ってみたいです。

ニコンさん貸し出してくれないかなぁ。

-カメラ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.