はいさい!今日もサーフィン初心者講座の時間です。前回は パドリングする位置と漕ぎ方 について解説しました。

その記事で ドジ井坂さんの解説動画を紹介しましたが、個人的にある部分がしっくりこなかったので、ちょっと解説したいと思います。

※あくまでも個人的な感想なので、ドジ井坂式のサーフトレーニングを取り入れている方は聞き流してもらうとありがたいです。

ドジ井坂さんのパドリングトレーニング動画

すごい論理的で分かりやすいサーフィン初心者にとっては救世主的な動画です。背中側の筋肉(パドルは引っ張る動作なので広背筋ですね)を鍛えれば疲れないのは同感です。

だけど、ここまで最後までパドルに力を入れるのはテイクオフ前の一瞬くらいです。あとは前のほうで水を掴み水流を作る感覚が大事。なにより水から手を抜く時に力を入れる必要はないので、この動画切り抜き写真のときにはもう水から手が出ている時です。

パドルは引っ張る動作なので、このトレーニング方法がフォームを理解するのに使えそうです。

ドジ井坂さんのパドルトレーニングキットを使ったパドルトレーニングです。フォームに関してはいいけどトレーニングにはならないかな〜。これでパドル筋はつきにくいと思う。

水平に動かすのは、ボードの周りに効率よく水流を生み出すために必要な技術ですが、この場合、肩と肘にかなり余計な力が入っていますね。これが慣れて肩の力を抜ければOKだと思う。うーんでもよく考えられているな〜。

サーフィンの上級者のパドリングを見ると腕は水平でもないし、一直線に後ろに漕いでいるわけではないので、もう少し解説が必要ですね。

初心者がこうもパドリングが上達できるセットはドジ井坂さんのセット以外では見た事ないです。足は開いて正解です。昔は「足は閉じろ」とか言われてたんですけどね、初心者の場合、足は開いたほうが断然いいです。

もう少し解説してみよう僕なりに

僕はパドリングには二種類のパドルがあると思っています。1つは沖に出るためのパドル。そしてもう1つは波を掴んでテイクオフする時のパドル。

沖に出るためのパドル(サーフィン中のパドリングの8割はこのパドルです)は、常に行っていないといけない動作なので、体の前のほうで水を掴むパドルになります。

この動画はテイクオフ時のパドルなので、僕がやっても5分で疲れそうです。そのくらいハードなパドルです。

もう少し楽なパドルをするには、腕を前に伸ばして、水を前の方で掴む感覚が必要です。僕がサーフィンを始めた頃はもれなく「水は最後まで掻ききる」と教えられていたけど、それは「筋肉をつけるため」だったと思います。

でも、上級者のサーフィンを見ていると「最後まで掻いてないがな」と思うわけです。つまりパドルが上手い人達は体の前のほうで水を掴んで、後ろには水流を流すイメージで漕いでいることが多い。最後の方は水から手を抜くだけです。

なので、動画のパドルとはちょっとだけ違うんですよね。

動画のパドルは多分「テイクオフのときのパドリング」にフォーカスしたパドルを紹介しているので、サーフィン初心者の方がいきなり実践するのは難しいパドルなんじゃないかなと思ってしまいました。

・沖に出るためのパドル

・テイクオフの時に波を掴むためのパドル

この2つを使い分けるようになると、あなたのパドリングは格段に良くなると思います。ってな感じで、ドジ井坂さんの解説は総じて素晴らしいけれど、上級者のパドリングとは全然違うパドルだという話でした。