リコーペンタックスの一眼レフは、エントリークラスでも出し惜しみしない性能が魅力的です。エントリークラスでも高い防塵防滴性能を備えているのでフィールドカメラ(全天候対応)としての地位は揺るぎないものがあります。

また、レンズも豊富で銘玉レンズが揃っているため、フイルム時代から写真を愛するユーザーが多いのも特徴。ニコキヤノから入った僕のような一眼レフ素人からすると、APS-Cでは最強じゃねーかと思うスペックを誇ります。

というわけで今回は、簡易的にペンタックスの一眼レフシリーズをまとめてみました。

一眼レフのシリーズ

ペンタックスにはシリーズがあってどれを選べばいいか迷います。

大きな価格の差があるのなら決めやすいのですが、3万円ほどの値段の差しかないものが多く、どの程度まで手を伸ばせばいいか難しいところですね。

エントリークラスはK-50、K-S1。ミドルクラスにK-S2。上位機種にK-3、K-3IIがあります。645Zは例外扱いとします(笑)

結論から言うと一番おすすめの機種は K-3 です。K-3II登場以降、価格も下がりK-S2とほとんど変わらない値段で一世代前のフラッグシップが手に入ります。

カメラの基本性能は新型のK-3IIと比べても遜色ありません。その理由はコチラの記事で書きました。

PENTAX K-3 II と K-3 はどちらを買うべき?フルサイズはどうする?

K-50ってどうなの?

「ルパンがさ、テレコンパニオン..」って聞こえる冒頭部分を伝えたいためだけに、フラ語のK-50動画を紹介しています。ぜひ最初の部分を聞いてみてください。

レンズキットが4万円台で購入できるK-50は、エントリークラスですが他社のミドルクラス並の性能を持っています。ただニコキヤノと比べてオートフォーカスは遅めです。

と言っても初心者には十分な性能です。

K-S2ってどうなの?

ダメなカメラはダメっていう TheCameraStoreTV のレビュー動画です。K-S1が登場したときは「なんじゃコレは?LEDいらなくね?」って笑いながらレビューしその年のワーストカメラって言っていました。その彼らが K-S2 はすげーぞ。クオリティたけーぞ!と大絶賛している動画です。

この動画を見て最強のフィールド一眼レフと思うのは僕だけでしょうか?高い防塵防滴性能を保ちながらWiFiを搭載し、小型軽量。うーん欲しくなってきたな。

K-3IIってどう?

K-3IIのレンズキットモデルは14万円前後です。ペンタックスの最新機種はK-S2と、K-3IIの2つ。どうしてもこの2機種を比べちゃいますよね。

とりあえず、つまらないスペック動画をご覧ください。

なにがつまらないかと言うと、この素晴らしいカメラをオートフォーカス測距点とか、ローパスセレクターとかの専門用語満載のスペックで語っているからです。(キタムラさんにはいつもお世話になっています)

さっきも登場したTheCameraStoreTVが、前モデルのK-3を紹介した動画は面白かったし「うわーこれすごい!欲しい」と思うようなものでした。

K-3IIと基本的な性能は変わらないということで、僕はK-3を推します。

初心者が買うべきは?

使い勝手の良さという面では機能に違いがあります。はっきりとした違いを感じるのは、この部分かもしれません。K-S2にはWi-Fi機能が付いていて、楽に画像をパソコンやスマホに送れます。そして、液晶パネルがバリアングルになっていますので、下から見上げる写真なども簡単に撮影できます。

一方のK-3IIには、GPS機能が付いているのが特徴です。旅の軌跡を追ったり旅行ブログを書いたりするのに便利ですので、なかなか役立つ機能です。こうして見ると、K-S2は使い勝手が良く楽しめるカメラ、K-3IIはより細かな設定ができて使える幅が広い中級者向けのカメラと言えます。

どっちも甲乙つけがたいですが、初心者さんが買うならK-S2がおすすめです。

まとめ

値段の差を見つつ、この機能面での特徴を考えて自分の好みに合った一台を選ぶと良いでしょう。何度も言うけど、僕はK-3をおすすめしますよー。