リコーペンタックスの一眼レフは、エントリークラスでも出し惜しみしない性能が魅力的です。エントリークラスでも高い防塵防滴性能を備えているのでフィールドカメラ(全天候対応)としての地位は揺るぎないものがあります。

また、レンズも豊富で銘玉レンズが揃っているため、フイルム時代から写真を愛するユーザーが多いのも特徴。ニコキヤノから入った僕のような一眼レフ素人からすると、APS-Cでは最強じゃねーかと思うスペックを誇ります。

というわけで今回は、簡易的にペンタックスの一眼レフシリーズをまとめてみました。

一眼レフのシリーズ

ペンタックスにはシリーズがあってどれを選べばいいか迷います。

大きな価格の差があるのなら決めやすいのですが、3万円ほどの値段の差しかないものが多く、どの程度まで手を伸ばせばいいか難しいところですね。

エントリークラスはK-50、K-S1。ミドルクラスにK-S2。上位機種にK-3、K-3IIがあります。645Zは例外扱いとします(笑)

結論から言うと一番おすすめの機種は K-3 です。K-3II登場以降、価格も下がりK-S2とほとんど変わらない値段で一世代前のフラッグシップが手に入ります。

カメラの基本性能は新型のK-3IIと比べても遜色ありません。その理由はコチラの記事で書きました。

PENTAX K-3 II と K-3 はどちらを買うべき?フルサイズはどうする?

K-50ってどうなの?

「ルパンがさ、テレコンパニオン..」って聞こえる冒頭部分を伝えたいためだけに、フラ語のK-50動画を紹介しています。ぜひ最初の部分を聞いてみてください。

レンズキットが4万円台で購入できるK-50は、エントリークラスですが他社のミドルクラス並の性能を持っています。ただニコキヤノと比べてオートフォーカスは遅めです。

と言っても初心者には十分な性能です。

K-S2ってどうなの?

ダメなカメラはダメっていう TheCameraStoreTV のレビュー動画です。K-S1が登場したときは「なんじゃコレは?LEDいらなくね?」って笑いながらレビューしその年のワーストカメラって言っていました。その彼らが K-S2 はすげーぞ。クオリティたけーぞ!と大絶賛している動画です。

この動画を見て最強のフィールド一眼レフと思うのは僕だけでしょうか?高い防塵防滴性能を保ちながらWiFiを搭載し、小型軽量。うーん欲しくなってきたな。

K-3IIってどう?

K-3IIのレンズキットモデルは14万円前後です。