日本人として初めてAppleの広告に大きく採用され5年間の独占契約を結んだ写真家「ケント白石」さんの写真講座に参加しています。写真好きなら、写真上達を志す方(写真を売るという方向で)は何を差し置いても参加しましょう。

何を学べるのか?

「富豪に買ってもらう写真」の撮り方、編集を学べます。シンプルですが目的が明確。とても分かりやすくマーケティングされています。

日本でよく見かける「プロカメラマンの写真講座」とは方向性が違います。日本のカメラ講座の多くは「依頼を受けてクライアントの意向に沿った写真を撮る商業カメラマン」が主催していることがほとんどです。

ヒガシーサーが写真を始めたきっかけは、ハワイノースショアで見たクラーク・リトルギャラリーの写真に感銘を受けて写真が趣味となりました。

雑誌や企業の広告写真を見て「あんな写真撮ってみたい」と思ったことはありません。だからブログでもしょっちゅう書いてますが「プロカメラマンが教える」や「プロカメラマンが使ってる機材」については全然興味ないんですよ。すいません。

「ケント白石の科学的写真術講座」では「プロカメラマン」「・・・協会」に所属している方は入会できないので、そこがもう素晴らしすぎて知った瞬間に入会決定でした。

超人気講座で募集待ち

数ヶ月前にケント白石さんの講座を知って、即入会しようとしたんですが、すでに募集が締め切りになってました。次回募集がいつになるかもわからない状況で、入会待ちの申請を行います。それでようやく2017年3月に入会することができました。

講座内容は本当に勉強になる

「お金持ちに売るための写真」と「そのために必要な技術と知識」が学べます。明確にターゲティングされていて、写真を超マーケティングしています。

まずは「街角アーティスト」で学び、3ヶ月後〜半年後に上級コースに進むことができるそうです。そのコースのテーマが「世界に発信する写真家」です。

痺れる。まさに。という感じです。写真術だけではなくて、写真をマーケティングする部分が私にはホームランです。ケント白石さん最高。

協会所属やプロはお断りの姿勢

実は私がブログで「スペックゾンビ」や「プロカメラマン怖い」と言うのは理由があります。日本では言うまでもなくプロカメラマンの方々が神格化されてますよね。

私も散々プロカメラマンと名乗る方から名指しで批判されてきたし、日常の挨拶感覚でマウントしてきます。怖いですよね。ヤンキーのパイセンみたいで…。

なのでケント白石さんの「プロや協会所属の方はお断り」っていうのはすごくありがたかったです。

売れる作品のマーケティングを学ぶサロン

このサロンは「商業カメラマンの技術を学ぶ場所」ではありません。まだ参加して数日しか経っていませんが、よくある商業写真のテクニックを学んで終わりのパティーンではないです。

また、コンテストに入賞して自己満大会する場所でもありません。では何が学べるか?

「写真を売れる作品にするためのマーケティング」を学びます。その過程で必要な「写真術と編集術」を学び、自分の作品を発信することが目的です。

作品とアートの境界線

私は全然詳しくありませんが、世界のアート事情からすると、写真はアートなのか?という疑問が常につきまとうらしい。デジタルで何枚も印刷したりできる時点でそれは純粋なアートではないという認識が一般的みたいです。

科学的写真講座はマーケティングを学ぶ場所

ケント白石さんの写真講座では真っ直ぐ「創作のために作品でお金をちゃんと稼ぐ」ヒトになるべく進んでいます。ちゃんとマーケティングをして、ターゲットリサーチをしてから、逆算で「必要な写真術」をコンテンツとしてシェアしてくれています。

日本のプロカメラマン講座の多くは「クライアントから依頼を受けて仕事をしている人たちの技術を学ぶ」ことがほとんどですが、ケント白石さんの科学的写真講座は「自分の写真を発信するためのブランディング」を学ぶ講座なんですね。

キレイに写真を撮ることではなくて、ターゲットリサーチからの必要な写真を学ぶ。だからトレンドは変化するし、常にアンテナを張っておかないと置いていかれる世界でどうやるかの話をしてくれます。

あーしびれます。全然次元が違う。ほんとそれ。って感じ。

それしか求めてなかったヒガシーサー

サロンでは「一眼カメラならどんなボディやレンズを使ってもいいですよ」と言い切ってます。最高かよ。

私は「ベッドルームに飾る海の写真」を撮りたいだけだし、家族の思い出を楽しむために写真を続けています。なので写真を楽しみながら発信でブランディングさせていきたい方は、私と一緒にオンラインサロンで学びませんか?ちなみに偉そうにカメラブログを書いてるヒガシーサーがどんだけ下手くそかっていうのも全力で晒しています(笑)

ぜひ仲良くしてください。

ケント白石さん、メンバーの皆さん、こんな素敵講座を開設してくれたシナプスさん。本当にありがとう!!

▶ケント白石さんの科学的写真講座に参加する