構図に主題と副題を決めたなら、それ以外の情報を入れないのがセオリー

。と言ってもそれは写真を撮る前の話。うっかり「撮ってしまった」写真でも、Apertureのレタッチを使えば(素人の僕でも)少しは引き算することができます。

※レタッチとは写真やイラストの加工をすること全般のことを言います。

主題と副題を決める

写真は引き算と言われるけど、何を引き算すればいいのか?

まず、写真の主題と副題を決めましょう。

Apertureでレタッチ機能を使う

主題が決まったら Aperture を立ち上げてレタッチ機能を使ってみます。

Apertureのレタッチは驚くほど簡単なので、ぜひいろいろ使って試してみてください。

まとめ

写真は引き算と言われていますが、どうしても余計な情報が入ってしまう場合、レタッチで引き算してみるのもいいかもしれません。

プロが見ると速攻でバレてしまうほど下手くそな補正ですが、ブログやSNSにアップするぐらいなら僕は気になりません。

Aperture は Photoshopのlightroomには負けますが、低価格で素晴らしい機能を持っている Mac専用のアプリ。とても使いやすいので、カメラ初心者にもおすすめの加工ソフトです。