前回のあらすじ

突然のメッセージから出会った写真仲間のおかげで、ピーターはこれまで以上に写真を楽しめるようになった。ネガティブコメントからC-ウイルスの感染、スペックゾンビになりかけていた過去、家族旅行で気付いた写真体験の形。いろいろな出来事を経験してきたが、仲間と出会うことによって改めて写真の楽しさに気付いた。

「ジェイ」という人物は、写真歴2年でありながら作品として写真を販売していたり、実業家っぽいオーラを全身から発している。そういうところから只者ではない雰囲気がプンプン出まくっているのだが、ピーターは当然ながら気づいていない。

彼はどうやって2年で写真が上達したのか?

それを知りたかったピーターが、ジェイにその秘訣を聞いたところから今回のストーリーは進んでいく。

無料で学ぶことのデメリット

ジェイ「最初はとりあえず写真の基本を学べる動画をずっと見てました」

ピーターそれください」

ジェイ「駄目です」

と断ったジェイ。そこには実業家としての経験が大きな理由としてあったのだ。

上達テクニックは全てネットに転がっている

camera

ジェイ「ピーターさん、何事もそうですが、自分が何かを学ぼうとするときに無料を選択するのはデメリットのほうが多いと知っておいてください。たとえお金をかけたくないと思っていても、無料で学ぶというスタンスは時間をコストとして支払うことになります」

「ピーター…時間がコストですか」

ジェームス「例えばスペックゾンビになりかけた時、カメラを買うまでにあらゆるサイトのレビューや、口コミサイトの評価を見て回ったり、最新カメラの情報をくまなく探したりしませんでしたか?」

ピーター「…しました」

ジェイ「そして気がついたら1日が終わっていたり、何週間も経っていたりするのです。カメラを買って手に入れてしまえば、その何週間もかかっていた作業を10分で終わらすことができてました。それから使ってみて合わなければ売ればいいだけなのに」

ピーター「…合わなければ売ればいい…なるほど」

ジェイ「写真上達も、ビジネスも全く同じです。ネットには無料で上達できる方法がいくらでも転がっています。そこから一つ一つ情報を取得することでも上達はできるでしょう。でもその情報を検索する時間、無料だからという意識の低さが結局は時間というコストを支払って学びの質が低くなります。ピーターさんがもし本当に写真を上達したいと思ったならネットサーフィンや無料で学ぼうとする意識の低さを変えることから始めてください」

ピーター「…厳しいですね。でも本当にそうかもしれません。ボクが6年間も写真のことを知らなかったのは、まさに無料で情報を拾い漁っていたことが原因でした。そこから単焦点レンズというものを知り、お金を払って手に入れることでやっと一眼レフの楽しさを知ることができた。写真上達もそうかもしれませんね。ちなみにジェイさんが学んでいた動画って有料なんですか?」

ジェイ「6万円くらいですね」

ピーター「6万円!!!!!それは無理!!!だったら新しいカメラに投資します」

ジェイ「それは残念です」

写真の基礎力を身につけるメリット

魔法のデジイチ

結局その日写真上達の話題はそこで途切れてしまった。その後何日か過ぎたが、ピーターの中に「写真が上手くなりたい」という想いがふつふつと湧き上がってくるのを自覚した。

ピーターはジェイが教えてくれた写真上達法が気になって仕方がなかった。オススメされた6万円の動画教材は流石に高いと思ったが、ジェイの言葉が気になってしまい、ピーターは写真を学ぶことにお金をかけることを決意する。

そしてピーターはジェイに連絡した。

ピーター「ジェイさん、6万円の動画教材買おうと思っています。詳細を教えてください」

ジェイ「おーピーターさん本気ですね。分かりましたちょっと待ってください」

数日後彼らはいつもの場所で写真を語りながらコーヒーを飲んでいた。

グリーンボトルコーヒーという小さなお店だが、一つ一つコーヒーをハンドドリップで入れてくれるサードウェーブなコーヒーショップである。

ジェイ「もしもしジェイです。フォトグラフィー基礎コースの件ですが、私の友人を紹介しますのでよろしくお願いします」

ジェイはフォトグラフィー基礎コースという動画教材で写真を学んだらしい。どうやらその動画を紹介してくれるみたいだった。

世界標準の基礎を学ぶ

coffe

ジェイ「ピーターさんが写真上達を志してくれて嬉しいです。この前お会いしてたときに無料は駄目ですよーって言いましたよね。それでピーターさんはちゃんとお金を支払って学ぶことを選択しました。そのモチベーションが大切なんです。人は本気になれば知識と技術を習得できますが、お金を支払う痛みがないと同じ内容を学んでいても身につかないんです」

「ピーターそれは分かる気がします。でも6万円も写真上達に支払うのでちゃんと元は取ろうと思ってます」

ジェイ「その意気です。そこまで考えているなら大丈夫ですね。実は私が学んだ動画教材はアイルランドに拠点を置く世界シェアナンバーワンのオンライン動画レッスンです。そこで写真の基本から学ぶコースがあって、まず写真とは何か、カメラとは何かを学べます。最初のステップとしては最適な写真上達です」

ピーター「世界シェアナンバーワン…なんかすごそう」

6万円の写真講座が無料

camera

ジェイ「このオンラインレッスンのメリットは自宅でもスマホでも、どこでも繰り返しスキマ時間で写真を学べるところ。ライブレッスン方式を利用しているので、講師の方とチャットしながら動画を学ぶことができます。ライブレッスンを見逃した場合はオンデマンドで好きなときに見ることもできるんですよ」

ピーター「おぉぉぉそれはありがたい。動画って多分DVDみたいな教材で学ぶって思ってました。オンデマンドやライブレッスン、講師の方にチャットができるってのは嬉しいですね」

ジェイ「いちいちプロカメラマンの講座に参加してる時間はありませんからね、時間を調節してどこでも学べるのは私には大きなメリットでした。英語圏で世界的なシェアを獲得しているので、世界に通用する最先端の技術や知識を学ぶことができるんですが、私が紹介した場合6万円のレッスンが無料になります」

ピーター「英語圏でシェアを獲得してるってのはなんかすごそう。それで6万円が無料でねー。えっ!!!!無料!?あんたこの前無料は駄目って言ってたよね?」

ジェイ「ちょっ落ち着こう!最初から無料っていうのと、6万円を支払う覚悟を決めてからの無料では全然違うんです。すこし意地悪なことをしてしまいましたが、じつはそれが狙いだったんです。私はちゃんと学んでくれそうな人しか紹介したくないですから」

53万人が受講したプロから学ぶフォトグラフィー基礎コース

紹介してもらったその日に入会を申し込んだピーター。6万円だったフォトグラフィーコースはほんとに無料で申し込むことができてしまった。

ピーター「まじかよ。でもジェイから紹介されたからしっかり学ぼう」

無料で学ぶことは意識の低下に繋がるリスクもある。そうなればいくら素晴らしい技術や知識がコンテンツとしてあっても、そこから上達することは難しい。だから最初で「写真を学ぶんだ」という覚悟を決めてから学ぶことをオススメしているのだ。

以下の動画はフォトグラフィー基礎コースの内容を紹介している動画となる。ぜひチェックしてみて!

基礎コース受講後のピーター

その日から一ヶ月、フォトグラフィー基礎コースを何度も何度も繰り返し視聴した。通勤中は動画を見ることができないので、音声だけで繰り返し学んでいる。そしてフォトグラフィー基礎コースの全コースを無料で受講し、彼はオンライン動画レッスンで学ぶメリットを知ってしまった。

ピーター「スマホで繰り返し何度も視聴できるのがいい。それに今まで学んできた講座は基本的におっさんが講師だった。Swaw Academy フォトグラフィー基礎コースの良いところは講師の方が女性で、とても聞き取りやすいし、質問もしやすい」

英語圏でシェアを獲得しているフォトグラフィー基礎コースの知識は、ピーターのカメラ選びや写真上達に大いに役立った。基礎コース受講後、彼はようやく「カメラ」ではなくて「写真を撮る」ことに集中し始めた。

本当に必要なものは高スペックのカメラでも、レンズでもない。ただただ「写真を撮ってシェアをする」ことだけだった。写真の撮り方、基本的な知識が身についたことで、ブログに溢れるスペックゾンビのネガコメも気にしなくなった。

ピーターとスペックゾンビでは目指すべき方向が違っている。スペゾンはあくまでも「高スペックのカメラを所有する」ことに幸福感を覚え、ピーターは「写真を撮ってシェアする」ことに幸せを感じているからだ。

正しい情報と、基礎知識を身につければカメラ選びに悩むことはない。こうしてピーターはようやくカメラウイルスの呪縛から逃れることになったのだ。

第一章終わり。

Shaw Academy フォトグラフィー基礎コースを無料で受講できる方法

アイルランドに本社を置く Shaw Academy フォトグラフィー基礎コースは当初受講料は59,000円だった。筆者は初期のころに割引価格で受講をし、上級コースの受講まで進んでいる。

コース受講後も講師の方や担当者の方とやりとりを継続し「ヒガシーサーのブログ」から申し込む方は無料で受講できる特典を用意してもらっている。

基礎コースを学び、上級コースまで進んだ私の体験から「Shaw Academy フォトグラフィー基礎コース」は写真上達に悩んでいるすべての人に紹介したい。

6万円の基礎コースを無料で受講する方法は、ヒガシーサーの無料メルマガのなかで紹介している。

魔法のデジイチ

次章予告

オンラインで写真を学び、基礎力を身に着けたピーター。忘れかけていた写真の楽しみをジェイと出会うことで思い出し、世界標準の写真テクニックを手に入れた。

彼は一連の体験をブログに書くことを決意し、自分が体験してきたこと、学んできたことを世界中にシェアしたいと考えるようになった。

彼と同じように写真上達やカメラ選びに悩んでいる初心者さんに、分かりやすいカメラ選びや写真の楽しみ方を伝えたかった。しかし、それでもしつこく邪魔するモノが現れた。おなじみのスペックゾンビはもちろんだが、今度はマウンティングを仕掛ける玄人や商業カメラマン(ごく一部の残念な)と名乗る方々だった。

ピーターはこのまま写真上達を続けることが可能なのか?それとも立ちはだかる敵に負けてしまうのか?

第二章に続く。