うわこれ欲しい。まず動画をご覧ください。

ほら、もう欲しいでしょ。僕はいつも PIXI を使っていますが、見た目もかわいいし、すごい使いやすいんですよね。普通の三脚を出すのが億劫になるくらい使いやすい。

でも悩みもあって、拡張性がゼロなんです。例えば縦位置撮影ができないし、もう少し高さが欲しいときも脚を伸ばすことができない。ちょっと低くしたくても開脚角度が決まっているためできない…など。数mm、数センチの世界だけど、もう少し…っていうのありますよね。それが以前のPIXIではできなかった。

今回の PIXI EVO は、その問題を完璧に解決してくれてます。この小さな三脚でできることを全部改善してきたスーパーな進化です。まさに EVOLUTION です。

PIXI EVO のすごいところ

pixievo
画像元:マンフロット

拡張性もそうなんだけど、三脚として一番大事な耐荷重が2.5倍になってるところが素晴らしい。コレならエントリークラスの一眼レフや、ミラーレス一眼も気兼ねなく使えますね。しかも以前のモデルより軽量化されてるとか。

見た目も相変わらずかわいいし、これは最強のミニ三脚なんじゃないかな。

PIXIの使い勝手

pixi

僕がとくに気に入ってるのは気軽に持ち運べる点。例えば コンデジ に PIXI を取り付けて、歩きながら動画を撮影したりしてました。三脚ですが手持ち一脚のような使い方ができるんです。

小さくて目立たないので、人が多く集まるようなイベントでも大活躍してくれます。たとえば 普天間フライトラインフェスティバル では、RX100×PIXI だけでイベントを楽しみました。これが 一眼レフと普通の三脚だったら大げさですよね。

普天間フライトラインフェア

普天間フライトラインフェア

普天間フライトラインフェア

hutenma

スペアリブ

また、GoProとの相性も良くて、こういう動画を撮る時によく使っています。

PIXIがあるだけで気軽にタイムラプスを撮れるし、小さくて目立たないので子どもも遊びに夢中になってくれます。PIXIのようなミニ三脚は撮影の幅を広げてくれるので助かります。

まとめ

PIXI EVO は、PIXIの「もうちょっと」って部分をちゃんと解決してくれてます。EVOLUTION(進化)そのままです。

発売日は10月29日になっていて、すでにAmazonで予約ができますね。Amazonで5,464円。これは欲しいぞ〜。

PIXI EVO Amazon予約はコチラ