ストックフォト

PIXTAのクリエイター登録ってどんなメリットがあるの?

更新日:

こんにちは編集部です。ストックフォトが初めてという方なら、まずPIXTAにクリエイター登録してみましょう。

pixta

サポート充実のPIXTAなら、初心者でもストックフォトを始められます。売れるかどうかは別として男のミラーレス部もPIXTAを利用してストックフォトサービスに挑戦中です。

PIXTA クリエイター登録とは?

pixta

PIXTAで自分の作品を販売したい人は、まずクリエイター登録をする必要があります。名前や住所、生年月日など自分の情報を登録します。ペンネームではなく本名を記入しましょう。運転免許証、パスポートなどの身分証明書の提出が求められます。身分証明書を撮影またはスキャンしたデータをアップロードします。これでクリエイター登録は完了です。

PIXTA 入門講座とは?

クリエイター登録が終わったら次はPIXTA入門講座を受けます。これは、これから販売を始めるクリエイターが知っておくべき重要な基礎知識・基本事項がまとめられた講座です。 PIXTAで販売している“ロイヤリティフリー素材”とはなにか、といった聞き慣れない言葉のわかりやすい解説もあります。また、アップロードするときのファイル形式やサイズについて説明されています。適正な露出や構図、レタッチに関する説明もあります。また、人物写真を販売するときに必要な“モデルリリース”の申請方法についても書かれています。

この講座をしっかり読めば、PIXTA入門テストに簡単に答えることができます。この入門テストは、著作権について、またはどんな場合にモデルリリースが必要かといった15問の質問に二択や三択で答えるものです。全問合格すれば、自分の作品をアップロードできるようになります。間違っても何度でもこのテストを受けられるので、合格するまで繰り返しましょう。

PIXTA で登録するメリットとは?

PIXTAの強みは何と言っても顧客の多さです。国内最大規模のストックフォトとして実績と信頼があります。ダウンロード数も毎年増加しており、需要が伸びています。ここに良質な作品をアップすれば、たくさんのお客さんが購入してくれるようになります。実際、カメラ初心者の主婦や、趣味程度に撮影している人でも、1年目から月数万円売り上げるようになる人もいます。

また、PIXTAのクリエイター向けWebサイトでは、定期的に撮影技術を磨くコツや、どんな写真が売れるかといった情報が提供されます。そのほかにもPIXTAでは、セミナーや撮影会を全国各地で開催しています。女性限定の入門講座が開かれることもあります。このようにPIXTAではクリエイターへのサポートが充実しており、初心者でも撮影技術を少しずつ身につけながら作品を販売することができます。

まとめ

ストックフォト大手のPIXTAに自分の写真をアップすれば、世界中の人に自分の作品を見てもらい、買ってもらうことができます。PIXTAでは初心者クリエイター向けのサポートも充実しているので、ストックフォトが初めての人でも売り上げを伸ばすことが可能です。PIXTAが提供するセミナーや撮影会をどんどん利用して、技術を磨いて行きましょう!

-ストックフォト

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.