こんにちは「お金の奴隷」ヒガシーサーです(笑)

世の中をなめらかにしてくれる資金調達方法「polca」使ってますか?例えばこんなプロジェクトを企画して現在14支援を頂きました!あざますー!まだあと13日ありますー。支援よろしくお願いします!

やり方はとても簡単。polcaのアカウントを作って、写真とプロジェクトタイトルを書き込むだけ。あとは金額を300円〜1000円ぐらいで設定してSNSでシェアすればプロジェクトがスタートします。

気軽に支援ができるメリット

polcaの良いところは気軽に支援を受けたり、支援ができること。

お金の流れを作るということで、なにかやりたいって方に「がんばれ」って言葉で伝えるんじゃなくてワンコイン支援する。

コンビニで何か買って差し入れする感覚で支援ができるんですね。

この支援を繰り返していくと・・・なんていうか「いいぞ、もっとやれ」って感覚になっていきます。

少額だから支援したこともされたことも意識しなくていい。リターンも期待していない。純粋に「投げ銭」なんですよね。これほんとすごいです。

polcaで集めず自分で買えよ

そんなこと言う人もいっぱいいるでしょうし、実際言われます。

でもそんなものは全部無視でいいですね。

イケハヤさんも記事にしてましたねー。

「#polca で集めず自分で買えよ」と批判する人が見落としていること。 : まだ東京で消耗してるの?

もうお金に3つの機能なんてない

お金money

よく言われているのが「保存」「尺度」「交換」の機能です。

もう今の時代、お金にそんな機能を期待しているヒトいないんじゃないかな?

感覚的にお金はもう「交換」の機能しかない。

「保存」も「尺度」もほとんど機能してないでしょ?

だから金余りの時代になるしもっともっと「交換」に使われていくだけです。

polcaなんてまさにただの交換でしかないですよね。

支援のやり方は?

支援方法もすごく簡単です。

アカウントを作ってクレジットカード(VISA/MASTER)で支援するか、アカウントを作らずにクレジットカードで支援するかの2種類の支援方法があります。

現金も必要ないのですごくシンプル。(JCBも使えたら良かったんだけどね)

ほんとにコレは革命。ぜひ一度誰かのプロジェクトを支援してみてください。

クラウドファンディングの違いは?

クラウドファンディングとpolcaの仕組みは一緒です。ただ私も現在進行中の「ハワイ旅本・写真集プロジェクト」は支援金額3,000円からのスタートです。

目標50名なのに8名(泣)ぜひご支援おねがいします。

で、polcaの場合は300円〜設定できるのでもっと気軽に使えますね。クラウドファンディングで3,000円か・・・リターンも微妙だなー・・・。

という場合もpolcaだったらいいかな。と思えるところが面白い。まさにお金の感覚を滑らかにできちゃうんですよね。

polcaで支援したプロジェクト

沖縄にいらっしゃったときに挨拶未遂事故が起きてしまった「灯台もと暮らし」の伊佐さんのプロジェクトを支援しました。「編集部に取材用ドローンを購入したい」っていうのが良いですよね。

沖縄移住ライフハック みなみの家さんのpolcaにも支援しました。なんと中部から北部までわざわざ通ってるのがすごい。ガソリン代にもならないけど支援しました。熱中症にお気をつけください。

沖縄在住ライターのみやねえさんのプロジェクト。学生スタッフさんを焼肉で労うそうです。学生さんとの繋がりがないのでせめてものご支援をば。

フジクラスタの「COLA BLOG」さんのブログを支援。どうやら「FUJIFILM GFX」を買うみたいですね(笑)部品代を支援しときました。

他にも支援した覚えがあるんですが、どのプロジェクトか思い出せない(笑)そこがpolcaの魅力なんです。

まとめ

polca

ヒガシーサーは完全にお金の奴隷ですが、子どもたちにはお金って交換のツールだよーってことを教えていきたいですね。そして支援されていることも伝えてポジティブに人生を生きて欲しい。

このブログを普段から読んでいる皆さんはアーリーアダプターなので、もちろんもう誰かのプロジェクトや活動を応援しているでしょう。

日本は欧米諸国に比べて「寄付をする」習慣がありません。

でも日本人って寄付しないよね。ケチだよねってことではないと思うんです。むしろ「世の中のため」に「ヒトのために」尽くすことを得意としている民族だと思う。

ただ、日本人は損得勘定を先に考えちゃう国民性なので、ちゃんと支援したお金が何に使われてるか見たいですよね。

「私のお金はちゃんと誰かの役に立ってるのか?」

それが知りたいんです。だからpolcaやクラウドファンディングは支援の可視化ができるところがいい。税金対策にもなるでしょう。

新しい寄付や応援のクラウドファンディングやポルカで「目に見える形」にできるってとてもいい仕組みだと思う。

もっともっと気軽に「挑戦してみる」「支援をしてみる」という文化が根づいて、ヒトとの繋がりがマイルドに、なめらかになっていくといいですね。

子連れ旅本・写真集プロジェクトもなにとぞ〜!!アロハ~!!