はいさいヒガシーサーです。今回は【プロブロガーってなんなの?】という質問に対する、ボクなりの考えをお話していきます。

まずボクが知ってるプロブロガーさんを列挙していきます。

ボクがブログを見始めたのは2008年〜2012年ごろ。その頃の第一次プロブロガーさんと言えば、ネタフルのコグレマサトさん、和洋風KAIさん、Lastday.jpのまたよりれいさん、ごりゅごさんが有名でした。ノマド的節約術の松本さんのブログも拝見してました。またコグレマサトさんや和洋風KAIさん達はブログ合宿なども東京や各地で開催されてて羨ましく思っていました。

その後2011年〜2016年の間に突如ラスボスとして現れたのがイケダハヤトさん。いまの若い人たちの考え方を変えてくれる救世主的な方ですね。ヨッセンスのヨスさん、やぎろぐの八木さん、らふらくのすずきたくさん、ままはっくのまなしばさん、立花岳志さんも既存の価値観にとらわれない情報発信をされています。

探せばもっといっぱいいると思いますが、2014年ごろから「ガジェット系ブロガー」ではなく「新しい価値観を発信する」タイプの方々がプロブロガーとして活躍されるようになった気がします(体感値)

ブログで生計を立てている人がプロブロガー?

ネット上ではブログで飯を食っているだけでプロブロガーだと言われてますが、ボクの認識ではちょっと違います。

まず前提として、もともとアフィリエイターだったので「お金を稼げてる」感覚で言うと、プロブロガーさんの収益ってのはそんなに高いものじゃないという感覚でした。

【飯を食っている】という指標ではなく、ボクがプロブロガーさんだと認識するのは以下のポイントを持っている方々。

  • ブログをプラットフォームにビジネスを展開している方
  • ブログではなく【名前】で仕事がワサワサやってくる方
  • 好きなことを追求してワクワクしてること
  • ツイッターやフェイスブックでプロブロガー同士繋がっていること
  • 新しい生き方、価値観を体現してる人
  • なに書いてもいい人

以上のポイントを持っている人たちが、プロブロガーさんだと思っています。

ブログで飯を食うとか(笑)

ブログで飯を食うって別に難しいことではありません。

なぜならブログは「需要があるネタ」を「外注化」することで簡単にPV数を伸ばして、月20万〜月50万の売上ぐらいは誰でも出来ます。再現性も高いのでSEOのコツさえ知っていれば誰でもできます。

でもPV数と売上を伸ばしても、ボクは【収益だけを実績にしてる方々】をプロブロガーと呼ぶのはちょっと違う。

なぜか?

興味ないから。

です。

芸能ニュースとかアップルネタをひたすら書いて、そのブログで飯を食えるようになったとしても、ボクは全然興味がないんです。それはブログを運営している人に興味がないから。

確かに記事は検索されるだろうし、人の役に立つこともあるでしょう。

でも運営者の方に興味がわかないし、興味を持ったとしても顔も出さない。名前も匿名、ツイッターはボット、メルマガは情報商材売りつけるだけ。

・・・その方のファンになる手段がない(笑)

いくらブログで飯を食ってるとは言っても、プロブロガーという認識ではないかも。

元アフィリエイターがブロガーに転身した理由

あまり言いたくないですが、ボクはもともとも月収100万円を超すアフィリエイターでした(大したことないマジで)。アフィリエイト業界では月収100万円とかザラですし、マジでマジで雑魚レベルです。

それでハワイに二ヶ月遊びに行ったり、毎日サーフィン三昧だったり、育児を満喫したり・・・。

明らかにサラリーマン時代とは違う生き方を楽しんでました。

でも人生何も変わらなかったんですよね。それに付き合いたいと思う人達が少なかった。アフィリエイターの世界ではそれぞれすごいなーと思う人達はいるんですけど、全て【お金と実績】でしか繋がっていかないんです。

ボクもコンサルティングとかしてたんですよ。スカイプ相談も50名以上やってきました。でも、その後もお付き合いがある方って元々友人だった一人しかいません。

なぜか?

みんなボクではなくて【お金と実績】にしか興味なかったんですよね。・・・なんかつまんないですよね。だからめちゃめちゃ消耗しました。

サイトが飛んだらオワリエイター

アフィリエイト界隈では、ライバルの出現と検索エンジンのルール変更がなによりもこわいです。2009年に起きたグーグルスラップを知ってる方はいるでしょうか?

それまでアドワーズにアフィリエイト商品の広告を出してたけど、ルール変更によってできなくなった。前月200万稼いでた人たちがいきなりゼロになる。

また2012年ごろにもモバイル広告が全て出せなくなる仕様変更もありました。(記憶あいまい)

検索エンジンのアップデートで飛ばされることもありますね。

アフィリエイターの多くはルールに依存しているので、ルール変更が起きたときにあたふたします。それを避けるためにメルマガで情報発信しましょう。リスト・マーケティング活用しようつってリスク分散的な形で情報商材を売りつけるのが今でも主流です。

もっとも・・それで月収1000万とか、そういう世界の人たちもいらっしゃるので、それはそれはビジネスのスケール的にはブロガーの数倍以上の力を持っていると思います。

・・・でもねぇ。やっぱり【稼いでること】を商売にすると【稼ぎたい】人たちしか集まらないし、自分のアンテナはそこじゃないのに、そこに向かわざるを得ないというか・・・。

ボクは雑魚アフィリエイターだったので、やっぱりそうなっちゃうんですよ。

で色々あってボクのアフィリエイトサイト、PPC手法が使えなくなって、収益もどんどん落ち込み、月20万程度にまで落ち込みました。

月20万円だったら、沖縄なら家族を養っていくこともできるので、それはそれでプロアフィリエイター(笑)みたいに言っても良かったかもしれませんが、まぁ鼻で笑われるレベルですよ。アフィリエイトで月20万とか。

だからボクがブロガーさんに魅力を感じたのは【収益性】ではないんです。

社会に顔を出せる生き方

アフィリエイターとブロガーの大きな違いは・・・正直いってよく分かりません。でも体感で感じることをまとめると、やっぱりブロガーさんは実社会と繋がっている気がしますね。

YouTuberさんも同じです。

企業とのコラボレート、地域との関わり、実在するビジネスとの親和性・・・。

こういうお仕事はアフィリエイターには来ません。多分。少なくてもボクには来なかったし、来て欲しいとも思ってなかった。

でもブロガーさんは違います。顔も名前も全部がブランドとして成り立っていて、企業や地域、ブロガー同士の繋がりなど、間違いなく実社会に面と向かって生きている。

アフィリエイターさんが影で生きているわけではないんですが、ボクがワクワクするのはブロガーさん達の活躍の方でした。

ブログだけで飯を食ってるわけじゃない人がプロブロガー

冒頭の「ブログで生計を立てている人がプロブロガー」という定義は、以上の通り当てはまりません。

プロブロガーさんはブログをプラットフォームにし、

  • 新しい価値観の創出
  • 出版
  • 講演
  • 起業や個人間でのコラボレート
  • バズらせる力を持っている
  • 起業
  • 影響力の拡大(メディア露出)
  • 地域発展

など、【ブログだけで飯を食うとかつまらなすぎだろ】

という方々をプロブロガーさんだと認識しています。

アフィリエイター時代にはなかったワクワクがブロガーにはある

まずブロガーの皆さんは【おカネ】を稼ぐことを主目的にしていないところがいいです。

基本的には【ライフスタイル】があり、自身の理想を追求するためのツールとしてブログを書いています。

そのために必要なお金を稼ぐというイメージなので、月収10万だろうが、500万だろうがどっちでもよくて、いくら稼いでも全然道の途中なので、感覚的には【いくら稼いでるかを忘れてる】人たちが多い気もします。

自分のやりたいこと。可能性を広げるためにお金は稼ぐけど、必要ならもっと稼ぐし、お金を稼ぐというのはわりと簡単で、使い方を重視している。

プロブロガーさんの皆さんは【自分自身】がお金を稼ぐ媒体なんですよね。

だからサイトが飛ぼうが、何されようが自分自身でお金を生み出す能力があるから、カネよりもライフスタイルが一番お金になるって感覚なのかな。

・・・ちょっと書いてて分けわかんないですが。

簡単に言うと【ブランディング】してるんですよ。他の誰にも再現できない差別化を構築してる人たち。

だから集まってくる人たちも、みんなそれぞれ個性があって楽しいんですよね。すごい好意的だし(笑)

ボクはまだ足の小指の爪ぐらいしかその世界に突っ込んでませんが、もうほんと皆さんにお世話になりっぱなしでございます。

収益はアフィリエイターの頃よりも半分になってしまったけど、楽しさを冷静に数値で表すと83倍ぐらいですね(当社比)ワクワクが止まんない。

だってボク、サーフィンしてないんですよ。これ昔のボクを知ってる人からしたら信じられないことですから。まじで。

ボクは会いたい人に会える人生が楽しい

究極の結論です。

人それぞれブログやビジネスにかける思いがあるでしょう。

ボクは最初「好きな場所で好きなだけサーフィンができる生活」を求めてインターネットビジネスを始めました。

でも実際にそれができるようになったとき、愕然としました。

「全然つまらんかった」

それで色々考えた結果ブログを続けて、最近人と繋がっていくことができた。

あがり症で人見知り。自分に自信を持てなかった引きこもりなジプシーサーファーが手にした小さな武器。

その小さな武器に気づいたことで、会いたい人とどんどん会う勇気を持てた。

それだけじゃない。会いたいと思う人が、ボクに会いたいと言ってくれることも経験した。

その経験が一つ一つ積み重なって、ボクはいまプロブロガーと自分で言えるようになった。

・・・なんちゅう武器だよ。

これがブログの力なんだよね。

まとめ

「ブログで月30万円以上稼いで家族4人養う」

それだけでプロブロガーって言うなら、ぼくプロブロガー名乗るのやめます。

あと5年経ったらそんなん超ふつうのコトだから。

ボクが自分のことをプロブロガーと呼べなかったのは、やっぱり「収益以外」の点で活動領域を持っていなかったから。

最近はその殻を破って、名刺としてブログを活用できるようになったので・・・プロブロガーの中でも最下層のプロブロガーです。と自分で認識できるようになりました。

認識って大事よね。

というわけで元アフィリエイターから、ブロガーに転身し、最近やっとプロブロガーという面白そうな人たちの輪に加われてる感を感じてワクワクしている話でした。

この階段を一つ一つ登って行くのって・・・すっげー楽しみだなぁ。