ストックフォト

プロパティリリースやモデルリリースってなに?

更新日:

人物写真を販売するときにモデルリリースが必要なのは、ストックフォトを始めた人には常識かもしれませんね。実は建物や風景を撮影するときにも、気をつけるべき注意点があるんです!今回は写真を販売する人が知っておきたい、プロパティリリースや商標について解説します。

この記事はストックフォトで収入を得ているライターさんが書いた記事です。

個人が特定できる写真は許可必要

女性

個人が特定できる人物写真をアップロードする際、モデルリリースを添付する必要があります。

どんなにすばらしい作品でも顔がわかる写真をモデルリリースなしで提出すると、間違いなく審査不合格となります。親しい人や自分の子供、また故人であってもモデルリリースが必要です。

モデルリリースをきちんと取得していれば、購入者も安心して使用することができます。後々トラブルが起こるのを防ぐこともできます。いつどこで撮影のチャンスが訪れるかわかりません。モデルリリースの用紙を複数用意して、いつでもサインをもらえるようにしておきましょう。

著作権・肖像権・商標権について|写真素材・フリー素材をお探しならFineShot

住宅や有名な建物はプロパティリリースが必要?

honolulu

建物や物品などを撮影する許可を得ることをプロパティリリースといいます。どんな建物でもプロパティリリースが必要かというと、必ずしもそうではないようです。

学校や政府の建物、公園などの公共の建物はリリースが必要ありません。名所やランドマークも公有地にある場合は、リリース取得の必要がありません。

それ以外の建物に関しても一概に取得が必要と言うことはできません。なぜなら、著作権法で公道からなど誰からも見える場所に建っている建物を撮影・販売する権利を認めているからです。

それでも、プロパティリリースなしに撮影し販売すると、写真購入者や建物の所有者からクレームが来る場合もあります。そのため、プロパティリリースを取得しておくと安心です。購入者の多くも、できればプロパティリリースが取得済みの写真を手に入れたいと思っているようです。

プロパティリリースについてはコチラの記事も参考にしてみてね。アジアの写真素材とイラスト素材 | フォトコア

ロゴはレタッチが基本?

camera

写真にロゴや商標、会社名などがはっきりわかる状態で写っている場合も、審査通過は難しくなります。ぱっと見てわからなくても、拡大するとはっきり認識できる場合があります。特に都市部の風景を撮影すると、ロゴや会社名だらけです。細部に至るまで確かめてレタッチしてからアップロードしましょう。

特に海外サイトの場合、標識の「とまれ」といった文字が写っているだけで審査を落とされる場合があります。日本語を読めない審査スタッフから見れば、ロゴとみなされるのかもしれません。審査が厳しいストックフォトに提出するときは特に注意しましょう。文字やロゴっぽく見えるものはすべて消しておくとぶなんです。

まとめ

写真を販売するには、様々な権利の問題をクリアしている必要があります。個人が特定できる場合はモデルリリースを、建物や所有物の場合はプロパティリリースを必要に応じて取得しましょう。ロゴもしっかりレタッチしておきましょう。購入者が安心して使用できる写真を提供していくうちに、あなたの固定客が増えていくかもしれませんよ!

-ストックフォト

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.