こんにちは、編集部です。

難しすぎるカメラの専門用語を初心者さん向けに解説します。
今回は交換レンズの「焦点距離」について。

写真用のレンズは複数枚のレンズで構成されています。
全体として1個の凸レンズになっているのが普通です。

この凸レンズの中心と結像線の距離を焦点距離と呼びます…

ってこんな専門用語だらけの解説じゃ誰も分からないですよね。
初心者が焦点距離を学ぶためには以下のことを覚えておけばOKです。

焦点距離とは?

一眼レフやミラーレス一眼の交換レンズには焦点距離と言われる言葉があります。

例えば、一眼レフを最初に買うときについてくるレンズキットの焦点距離はAPS-Cサイズで18-55mmが最も多く、ダブルズームキットの場合は更に55-300mmの望遠ズームが付いてきます。

レンズに記載されている焦点距離は、お使いのカメラの撮像素子(センサーサイズ)に合わせて表記されてます。ここがややこしいんですが、一眼レフやミラーレス一眼の場合、焦点距離の基準は35mm判換算で計算されます。

35mm判換算とは?

35mm判換算とは、今で言えばフルサイズセンサーの大きさのこと。例えばAPS-Cサイズセンサーのレンズ表記は35mm判換算に直すと焦点距離が1.5倍になります。ニコンの18-55mmなら27〜82.5mm相当となります。

APS-Cサイズは各メーカーとも微妙に違います。

  • ニコン:1.5倍
  • ペンタックス:1.53倍
  • キヤノン:1.6倍

APS-Cサイズセンサーの一眼カメラをお持ちなら、レンズ表記に1.5倍をかけた数字が35mm判換算の焦点距離となります。またマイクロフォーサーズ機では約2倍となります。

それで焦点距離はどっちが正しいの?

どっちも正しいのですが、35mm判換算でどのくらいか?と考えるのが間違いが少なくなるのでおすすめです。

初心者さんや素人にとって分かりにくすぎて吐きそうな話ですが、レンズの焦点距離はどんなカメラを使っていても35mm判換算でどのくらいなの?という考え方をするようにしましょう。

まとめ

カメラメーカーさんは初心者のことを置いてけぼりにします。

レンズ表記に焦点距離を書くのであれば
「35mm判換算で○mm相当」という表記も追加して欲しいですよね。

参考になれば幸いです。