Canon SONY

RX100M3 と Canon G1 X Mark2 どちらを買うべき?歴代最強コンデジの比較

更新日:

はいさい。ヒガシーサーです。

RX100M3 出ましたね。α7Sも正式に発表され、2012年から続く「ソニー、カメラ部門すげーじゃん」は、今年も続いておりマッス。

さて、巷では SONY RX100M3 のスペックがすごいと騒がしいですね。

icon
icon

「事実上、コンデジはRX100M3の一択になった。」
「これはイチガンユーザーが理想とするコンデジじゃないの?」
「反則級のスペック」
「ユーチューバーに最適!」

などなど、多くの好意的なコメントが残されています。私個人もRX100ユーザーなので、RX100M3は超欲しいですし、パーフェクトなコンデジだと感じました。

以前に「RX100は最強コンデジ」という記事を書きましたが、今年の3月には Canon G1 X Mark2 について、2014年3月 おすすめデジカメ!PowerShot G1 X Mark II は最強のカメラという記事を書きました。

一体どっちが最強なんだ?どっちを選べばいいんだ?そこで、今回は RX100M3Canon G1 X Mark2 の両機種を比較してみましょう。

スペック比較

カメラはスペックじゃないと言いつつも、コレがないと比較できないのでとりあえずまとめます。

機種SONY RX100SONY RX100M2SONY RX100M3Canon G1 X Mark2
センサーサイズ1インチCMOS1インチCMOS(裏面照射)1インチCMOS(裏面照射)1.5インチCMOS
35mm換算(実質値)30mm-108mm30mm-108mm25mm-73mm24mm-120mm
F値1.8-4.91.8-4.91.8-2.82.0-3.9
ズーム倍率3.6倍3.6倍2.9倍5倍
デジタルズーム54倍54倍44倍4倍
シャッタースピード1-1/2000秒1-1/2000秒1-1/2000秒1-1/4000秒
通常ISO感度125-6400160-12800125-12800100-12800
最短撮影距離5cm5cm5cm5cm(通常、マクロ)
起動時間2.1秒2.1秒1.6秒1.3秒
ファインダー無し無し144万ドット 電子ビューファインダー無し
動画撮影サイズ19020×10801920×10801920×10801920×1080
記録方式MP4/AVCHD Ver2.0MP4/AVCHD Ver2.0MP4/AVCHD Ver2.0/XAVC SMP4
フレームレート60fps60fps60fps30fps
手振れ補正光学式(3軸)光学式(3軸)光学式(5軸)光学式(5軸)
Wi-Fi無し対応対応対応
NFC無し対応対応対応
連射撮影10コマ/秒10コマ/秒10コマ/秒5.2コマ/秒
バルブ撮影×
液晶3インチ 122.9万ドット3インチ 122.9万ドット3インチ 122.88万ドット3インチ 104万ドット
AF自動追尾
タッチパネル×××
幅×高さ×奥行き101.6×58.1×35.9mm101.6×58.1×38.3mm101.6×58.1×41mm116.3×74×66.2mm
重量213g254g263g516g
インターフェースUSB2.0、HDMIマイクロ端子マルチ端子、USB2.0、HDMIマイクロ端子マルチ端子、USB2.0、HDMIマイクロ端子USB2.0、AV出力、HDMIマイクロ端子
価格.com37,800円52,990円85,500円(買替えで2万円オフ)69,900円

赤字の部分は、4機種の中で最も優れているポイントです。こうして見るとRXシリーズは順当に進化していますね。そして Canon G1 X Mark2 の性能の高さもよく分かります。

一眼レフ愛好者が選ぶコンデジとは

一眼レフ愛好者がコンデジを選ぶときは、大体がサブカメラとして購入します。例えば以下のシチュエーションです。

「旅行に持っていきたい」
「日常でサクッと写真を撮りたい」
「大きなカメラが持っていけない場所で使いたい」
「サクッと動画も撮りたい」

以上の理由が多いでしょう。私も「旅行に持っていきたい」という理由で RX100 を購入しました。

コンデジに期待する性能

rx100

一眼レフユーザーがコンデジに期待する性能はコレ。

「レンズ交換不要でズームができる」
「ポケットやカバンに入る」
「小さくても画質は落としたくない」

一眼レフを持つ悩みは、やはりデカすぎるって点。つまり邪魔ってことですね。また、単焦点レンズやズームレンズなどレンズの種類が多いので、被写体に応じてレンズを変えるのが常識。でも、みんな思ってるんです。F1.8の16-300mmというレンズが出てほしいと(笑)

そうした一眼レフのわずらわしい点を、ある程度解消してくれるコンデジが欲しいんです。

コンデジに期待できない点

rx100

でも、一眼ユーザーが諦めてる点もあります。それは以下のポイント。

  • 「起動速度が遅い」
  • 「AF速度が遅い」
  • 「背景ボケがコントロールできない」
  • 「暗い場所では手ブレやすい」
  • 「操作性がイマイチ」

こうした理由があるので、コンデジはあくまでもサブカメラとして使う。それが今までの常識だったわけです。

RX100やCanon Powershot G1 Xは、主役になれる

rx100

一眼レフはたしかに画質や操作性はコンデジよりも優れています。自分の思い通りの写真に仕上げることも可能です。でも、私は旅行のときに「一眼レフ、超邪魔」って思いました。

実は EOS 70D を買ったあとも、よく持ち出すのは RX100 なんです。今では取材や写真の依頼以外では、一眼レフを持ち出さなくなりました。

そのくらい、RX100Canon Powershot G1 X というコンデジはすごいカメラなんですよね。

G1 X Mark2は最強カメラ

powershot

RX100シリーズとG1 X Mark2を比べると、G1 X Mark2が最強です。G1 X Mark2の実機に触って驚いたのは起動速度の速さ。1.3秒という速さは最早コンデジではありません。

また、24mm-120mmという高倍率ズームレンズを採用しているにも関わらず、ズーム端でF値3.9というのはすごい。

単純に小三元レンズと言われるF4通しのレンズを、24mm-120mmで使えるということですからね。そんなレンズ一眼レフにもありませんから。

そして最大の特徴は1.5インチセンサー。オリンパスやパナソニックのミラーレス一眼のセンサーよりも大きいものを使っています。

スペック上では Canon Powershot G1 X Mark2 が上回っています。

G1 X Mark2は犠牲にしたものもある

これだけ高性能なカメラをコンパクトに仕上げたCanon。でも犠牲にしたものがあります。それは…

質量です。サイズと重さが、完全にコンデジサイズを超えています。というか Canon の最小一眼レフ Kiss X7よりも重い。

スペックや画質は、ズーム可能なコンデジの中で間違いなく最強クラス。だけど、重い、デカい。それが Canon G1 X Mark2 です。

RX100M3は、最高のコンデジ

rx100m3

主観で申し訳ないですが、RX100M3は史上最高のコンデジだと思います。その理由はカメラとしての完成度が高いから。

RX100からの進化点が素晴らしい

RX100を使っていて、不満に感じることはほぼありません。ポケットに入るカメラとしては最高の製品です。そのRX100に以下の変更点を加えたのがRX100M3。

  • 25mm-73mm F1.8-2.8
  • 起動時間を0.5秒短縮
  • 3軸から5軸手ブレ補正になった
  • 動画がパワーアップ
  • ファインダーを搭載

にも関わらず、RX100M3 は初代 RX100 と比べて、50gしか重くなっておらず。奥行きも5mmしか大きくなっていません。

G1 X Mark2は確かに最強。でも RX100M3 は最高なんです。

RX100M3で犠牲になったもの

  • ズーム倍率
  • 価格
ズーム倍率30mm-108mm25mm-73mm
初値62,000円台90,000円台

RX100が登場した時代は、5万円を超えると「高級コンデジ」と言われていましたが、RX100M3は、90,000円台(税込み)。これは一般ユーザーが買うにはハードルが高すぎるように思います。

普通だったら、じゃあNEX-5買うかって思うはず。すごい性能だけど高い。それが RX100M3 です。

まとめ

RX100、RX100M2、RX100M3、そしてCanon Powershot G1 X Mark2。

  • 画質もスペックも最強の G1 X Mark2。
  • ポケットに入る最高の RX100M3。

ズームができるコンデジの中では、この2機種がベスト。この記事がコンデジ選びの参考になれば幸いです。

RX100M3 と Canon Powershot G1 X Mark2 はコチラで購入できます

rx100m3をソニーストアで見る
icon

-Canon, SONY
-, , ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.