SONY

RX100用 2万円で買える 防水ハウジング と GoProHERO3 比較

更新日:

サンコーレアモノショッピングで購入した ソニー RX100 用の 防水ハウジング がやってきました。

ソニー RX100用の防水ハウジング(防水ケース)は、本格的なものを買おうとすると10万オーバーが当たり前。確かに頑丈で使い勝手がいいんだけど、私はサーフィンで使いたい。

そう考えると10万円以上する防水ハウジングはかなりオーバースペックで、それなら GoPro でいいやって思っていました。

でもやっぱりGoProはレンズが暗いし、ホワイトバランスがイマイチなんですよね。そう思い始めたらもう止まりません。サンコーレアモノショッピング で見つけた「SONY RX100 防水ハウジング 19,800円」もう速攻ポチりました。

というわけで、早速 GoPro と 外観を比較してみました。

RX100 防水ハウジング

・40m防水

・IPX8の防水性能(水中で使っても有害な影響を生じる量の水の侵入がない防水保護性能のこと)

・ポリカーボネイト製(プラスチックの一種)

・ズームもフラッシュも使える

・19,800円と安い

GoPro HERO3 Black Edition との比較

防水ハウジングに装着したRX100と、GoProHERO3 Black Edition を比較してみましょう。

デカいね。

GoPro HERO3の小ささが際立つ。

かなり頑丈そうに作られています。

側面図。RX100用は黄色いゴムパッキンが付いています(予備も付属します)

RX100用は隙間がけっこうありますね。浮くんだろうか?

どっちも重量バランスがいいですね。

GoProHERO3 小さすぎ

大きさは見た目の通り。

重量

重量を見てみましょう。

RX100+防水ハウジング【745グラム】

GoProHERO3+防水ハウジング 【183グラム】

562グラムの差があります。RX100+防水ハウジングはエントリーイチガン並の重さです。

RX100防水ハウジングの嬉しい拡張性

あまりにも情報が少なかったので、やってくるまでどんなヤツか分かりませんでした。

「安かろう、悪かろう」と思っていたけど、ホットシューや三脚穴、ボタンの押しやすさ、ストラップを付けるホール。意外にも拡張性の高いモデルでビックリしました。

フル操作可能なボタン。

三脚や一脚を取り付け可能なネジ穴。海でピストルグリップとか使えますね。

外付けフラッシュなども使えて、本格的な水中撮影も可能っぽい。

海で使っている如意棒一脚(X-Shot)を取り付けるとこうなる。

安定感がぐっと増します。

まとめ

まだ水上撮影、水中撮影はやっていないのでなんとも言えませんが、19,800円でこのレベルの防水ハウジングが手に入れば十分だと思います。

拡張性も高いし、操作性も悪くないですしね。

次回はぜひ検証動画を撮影してブログに記載します!

【サンコーレアモノショップ】ソニーCyber-shot DSC-RX100用防水ハウジングケース
by カエレバ

-SONY
-, , , , ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.