カメラバッグ

カメラ三脚 おすすめは?10,000円以下で買えるコスパ最高のヤツら!

投稿日:

pixi

「三脚を持って歩くのはちょっと恥ずかしい」
「プロでもないのに..なんか恥ずかしい」

あなたはそんな事を思ったことはありませんか?
私は…頻繁にあります。

でも三脚がないと、イマイチな写真しか撮れないシチュエーションもあります。

夜間撮影、長時間露光、物撮り、マクロ撮影、パノラマ、HDR写真 etc…

最近人気のHDR写真は、少なくても露出が違う写真が3枚必要になります。手持ちでやると、ちょっとズレてたりするので、やっぱり三脚が必要。

と言っても「安くていいよ」って人が大多数だと思います。私ぐらいの実力で1万円以上の三脚が必要になる場面って滅多に無いしね。なので、今回はコンパクトで安価な三脚をまとめました。

そもそも三脚とは?

カメラやビデオを固定して、
写真や動画を楽しむためのものです。

三本足=三脚
一本足=一脚

と言われています。

三脚には色んなパーツがあって、選ぶには知識が必要なんですが…まぁそこまでこだわる必要はないです。なぜなら素人だから(笑)

雲台 基本の三つ

雲台(ウンダイ、パンヘッドと呼びます)とは、三脚とカメラを接合する部分の台座のことです。
雲台には大きく分けて3種類のものがあります。

1.自由雲台(ボールヘッド)
2.ビデオカメラ用雲台(主に2Way)
3.3Way雲台(主に写真用)

動画を撮るならビデオカメラ用雲台(油圧式がおすすめ)
写真を撮るなら3Way雲台
と覚えておけば大きな失敗はありません。

ミニ三脚 pixi

pixi

とりあえず「台」が必要という目線で考えるなら、
5,000円以下で三脚を購入したい。

そんな場合は、マンフロットのPixiがオススメです。

見た目もイカすので私も愛用してます。
とりあえず「台」です。

GoProとの相性も良くて、ほとんどコレ使ってます。

SLIK F630 普通の安い三脚

安くて軽い普通の三脚。
これぞ初心者が持つべき初心者の三脚です。

4,000円でおつりがきます。

性能は価格なりですが、
エントリー一眼レフぐらいだったら問題ないでしょう。

ベルボンのEX400とどっちも人気ですが
私は見た目重視なので、SLIKをおススメします。

動画用 manfrotto COMPACTシリーズ

10,000円でおつりがくる「動画も写真も三脚」
見た目もオシャレです。

個人的には一番おすすめ。
分かりやすいし、使いやすい。

ガチガチの写真用ではないですが、
一眼レフで写真も動画も撮りたいって方にはおすすめです。

とにかく見た目が重要なので
最近はマンフロットの三脚しか興味ありません(笑)

まとめ

三脚選びは奥が深いのですが、先に目的を考えて選ぶと簡単です。

三脚は「台」の役割を果たします。安くても高くても「固定」できれば一緒です。三脚の良さは使ってみないと分からないですが、安くても良いから悩まずに買える値段で選んでさっさと買ってください。

すぐに幸せになりますよ。
以上 カメラ三脚のおすすめでした。

-カメラバッグ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.