カメラバッグ

SDカード おすすめは?UHS-I規格とClass10の違いとは?

投稿日:

こんにちは、編集部です。

一眼レフカメラに必須なのはSDカードです。撮影した画像を記録するのに必ず必要です。そのSDカードの規格にもいろいろあるのをご存知でしょうか?

実は、SDカードには転送速度によってClass分けされています。その中でもClass10は転送速度が速い規格のSDカードです。このClass10のSDカードですと、10MB/sの速度で画像の処理を行うことができます。非常に速い処理速度ですので、連射モードにしたときなどにもカメラに素早く画像を取り込んでくれます。これは非常に便利です。また、Class10は画像をPCに取り込むときの速度も比例して早くなります。カードリーダーやPC側の処理によりますが、今現状あるSDカードの中では最高速といえるでしょう。

UHS-Iってなに?

そのSDカードにさらに処理速度を早くする規格があるのです。それがUHS-Iという規格です。この規格を併せ持ったSDカードなら、さらに高速な撮影も可能となります。同じSDカードで比較してみてください。絶対に、UHS-I規格を併せ持ったSDカードのほうが断然撮影能力にも優れています。それはご自身で体感なさったほうがいいでしょう。そして、何よりもPCへの転送速度もこの規格を持ったSDカードのほうが断然速いのです。それは前記しましたが、UHS-I規格はいかに処理速度が速いかを実証する結果です。

以上のような観点から、SDカードを選ぶ際にはClass10やUHS-I規格を兼ねそろえたSDカードを用いて撮影するのがいいといえましょう。今はスピードの時代です。同じ撮影するならばその瞬間を逃さない素早い処理ができる品を選びましょう。それに対応しているのが上記のSDカードです。同じく選ぶならClass10、しかもUHS-I規格を搭載したものがいいでしょう。美しい風景や一瞬をあなたの手で瞬時に押さえる、それを可能にしているのがClass10規格やUHS-I規格なのです。まずは、あなたの一眼レフカメラがその規格に対応しているかを確認してみてください。これからカメラを買う参考にするのもいいかもしれません。

SDカードは日々進化しています。これからはさらに高性能のものも出てくるでしょう。それらをいかに早く取り入れるか、それがこれからのSDカード発展への布石となるのです。まずはご自身の手でその処理速度速さを体感なさってみてください。満足する撮影ができますよ。

-カメラバッグ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.