沖縄旅行

本当に恐ろしすぎる紫外線から子供を守る12項目

更新日:

はいさい。ニュージーランド留学時に紫外線の恐ろしさを学んだ経験があります。あっちはオゾンホールの影響もあって子供たちの紫外線対策は超徹底されてるので、日焼け止めを塗らずに外出すると怒られます。それもかなり強烈に。

ホストファミリーの子供達がそうでしたし、4歳の子も自主的に塗ってましたから。

それに対し、沖縄の紫外線に対する基礎知識や意識はすっごく低い。お子さん達の皮膚が心配です。というわけで、今回は知っておくと役立つ紫外線対策11項目をまとめました。

これだけは知っておきたい紫外線対策12項目

海

  • 紫外線3つの種類
  • 紫外線が強い時間帯
  • 紫外線が強い時期
  • 紫外線の悪影響
  • 家の中でも日焼けする?
  • 日焼け止めの効果は長くても2時間?
  • サングラスやメガネも効果的
  • クバ笠は最強の紫外線対策帽子である理由
  • 子供の散歩はビタミンD形成に欠かせない
  • 抗酸化物質を多く含む食材を摂取しよう
  • 紫外線を賢く利用する
  • 日焼け止めの真実

紫外線の種類は3つある

  • UVA波
  • UVB波
  • UVC波

UVA波は、地表に届く紫外線の99%を占めています。1年中私たちの皮膚に降り注ぎ、長い時間をかけて表皮を通り越し、真皮の奥まで届いてシミや肌の老化の原因になります。

UVB波は、夏場に強くなる紫外線。表皮の最深部まで届き、肌が赤くなるなどの炎症を引き起こし、短い時間でダメージを与える特徴があります。

UVC波は、オゾン層や大気などで吸収され地表には届きません。

紫外線が最も強い時間帯を避ける

1日のうちで最も紫外線が強いのは午前10時から午後2時の時間。実はこの4時間に、1日の紫外線の6割が降り注ぐそうです。

子供を連れてのアウトドアは、この時間は避けたいですね。

曇りでも6割の紫外線は皮膚に降り注ぐ

晴れてる日の紫外線量を基準にすると、曇りの日でも6割の紫外線が降り注ぐそうです。また、雨の日でも3割程度は紫外線が降り注いでるそうです。

また、影で休んでいても反射光の関係で半分ぐらいは紫外線が皮膚にダメージを与えます。沖縄の場合は湿気も相まって精神的なダメージも計り知れません。

紫外線の最も強い時期はいつ?

ナウです。1年のうちで最も紫外線が強いのは夏。けれど急激に増え始めるのは4月ごろかららしい。特に4月から9月は年間の70%相当の紫外線が届いてるようです。

ちなみに、札幌と比べると沖縄の年間紫外線量は約1.8倍です。

家の中でも日焼けする?

UVA波は窓ガラスなんて余裕で通過します。

家の中でも紫外線対策は必要です。UVカット効果のあるカーテンを使う。家の中でも長袖を着るようにしましょう。

日焼け止めの効果は長くても2時間?

日焼け止めは汗や皮脂でどんどん落ちていきます。外で遊んで汗だくになっていたら、一度汗を拭いてから日焼け止めを塗りなおしましょう。

ちなみにウォータープルーフは防水ではなくて耐水を表します。正しくはウォーターレジスタントなので、プールや海に入ったら普通に落ちます。

サングラスやメガネも効果的?

UV加工のサングラスやメガネも紫外線対策には効果的。

お子さんは難しいかもしれませんが、我が家では大人のサングラスをかけさせるようにしています。ただ、サングラスはジャストフィットしないと逆効果の場合もありますので、サングラスを選ぶ時はサイズ選びを完璧にしてください。

ちなみにハワイで購入できるマウイジムのサングラスは最高におすすめです。

クバ笠は最強の紫外線対策帽子である理由

kubagasa

先人の知恵って素晴らしい。

ツバの長い沖縄のクバ笠は、昔の沖縄の方々が考え抜いた紫外線対策の一つ。ツバが広ければ広いほど効果的。できればハットタイプの帽子をお子さんには被せてあげましょう。

ただし帽子は地面からの反射光は防げないので、帽子と日焼け止めはセットで考えましょう。

子供の散歩はビタミンD形成に欠かせない

紫外線は怖いけど、小さい子供には散歩が必要。太陽光を浴びると骨を丈夫にしたり、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを体内で合成するようになるからです。

紫外線の強い10時から14時を避けてお散歩したいところ。また、赤ちゃんのビタミン形成には30分程度歩けばOKだそうですよ。

抗酸化物質を多く含む食材を摂取しよう

アスタキサンチンを多く含むシャケ。
リコピンを多く含むトマト
ビタミンCを多く含むブロッコリー、イチゴなど

体の外の対策も大事ですが内側の対策こそ最も重要です。
とりあえずトマト食っときましょう。

紫外線を賢く利用する

紫外線は殺菌力に優れるので、室内殺菌、布団干しで活躍してくれます。

沖縄は全国平均で最も紫外線量が長く、多く降り注ぐ地域なので有効活用しないともったいないですよね。あぁ自動で布団に紫外線が降り注ぐ家に住みたい。

日焼け止めの真実

海

日焼け止めの真実を知ると恐ろしすぎて子供に使えなくなります。

公園でお子さんに危険な日焼け止めを塗りたくってる親御さんの姿を見かけるけど..「それは使っちゃダメなやつですぞ〜」と教えてあげたくなります。

我が家では以下のような日焼け止めは絶対買いません。

  • オキシベンゾンが使われている(妊婦は絶対にダメ)
  • スプレータイプ
  • パウダータイプ
  • ビタミンA(レチノールパルミテート)が入ってる
  • SPF50以上を表記している日焼け止め
  • 虫除け効果があるもの

買ってもいい日焼け止め

  • クリームタイプである
  • 成分に亜鉛(ジンク)が含まれている
  • SPF30程度
  • 落としやすいもの(水や石鹸で)

子供は皮膚が薄いので、必ずパッチテストを行ってから使うようにしてください。

我が家はパックスベビーを使ってます

有毒成分が含まれておらず、石鹸でも洗い落とせて赤ちゃんにも使えるパックベビーを愛用しています。

大人用はUVナチュラルを使用

2012年ぐらいから使い続けているオーストラリアで生まれたミネラル成分を含んだ日焼け止め。世界中のサーファーが愛用しています。

日本よりはるかに紫外線脅威が深刻なオーストラリアで生まれたUVナチュラル。世界中のサーファーに愛用されています。

まとめ

いかがでしたか?これから紫外線が強くなってくる沖縄県。正しい知識で紫外線対策を行い、肌に優しい日焼け止めを使いましょう。

あっちなみに、一眼レフの交換レンズにもUVフィルターなんてものがあります。今のデジタル一眼レフは技術の進歩であんまり気にする必要はないけど、紫外線はガラスも余裕で通過しますからね。フィルムカメラでは影響があるらしいですよ。

なんでもかんでも通過してくる紫外線。対策はきちんと行いましょう。

-沖縄旅行

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.