カメラ

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM 日本製自社設計製造のシグマすげぇ

更新日:

はいさい。ヒガシーサーです。

「最近の一眼レフって高画素すぎね?」
「なんか昔のレンズとかでちゃんと写るのか不安なんだけど」

メルマガでこうした質問を頂きました。

私は光学器械の専門家じゃないので
詳しいことは分かりません。

しかし、古いレンズと新しいレンズでは
どちらが最新カメラに最適化されてるか?

と言うと、やっぱり新しいレンズのほうが
最新デジタル一眼レフの設計に最適だと思います。

新製品ラッシュのシグマとか言うヤツ

Canonの非情設計にもめげず、
ミラーレスマウント市場にも積極的に投下している日本のシグマ社。
もうリスペクト以外なにも浮かばない。

シグマはここ最近、古いレンズの再開発に力を入れています。

今回紹介する「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」もその1つ。
古いって言っても2008年に発売されたレンズですから
キヤノン様のレンズ開発周期に比べると全然新しいんですけどね。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSMとか言うヤツ

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM 発表|株式会社シグマ

近年のデジタルカメラの進化により、センサーの高画素化が進みレンズの性能に対する要求も高まってまいりました。シグマは2012年にその高度な要求を満たす圧倒的な描写性能を誇るArtラインシリーズの発売を開始。

シグマの交換レンズは、それぞれ明確なコンセプトを持ったContemporary、Art、Sportsの3つのプロダクトラインに分類されます。

最短撮影距離40cmを実現
HSMによる高速オートフォーカスの実現
9枚羽根の円形絞り

旧モデルは今が買い

散々新モデルが良いって言っておきながら
底値の旧モデルもオススメします!

まとめ

カメラはレンズが大事。でも値段もタイミングも大事です。

シグマのレンズは
日本製で本当に素晴らしいレンズが揃っています。
自社設計、自社製造を一貫している唯一のメーカーなので
価格も安く、サポート体勢もピカイチです。

どのメーカーが他社OEMだからどうのこうの言いたいわけではなく
「イイものは良い」ただそれだけです。

シグマは「良いくせに安い」
ほんとカメラ市場の救世主ですよね。

APS-Cサイズの一眼レフにはコチラのレンズもおすすめです。

-カメラ

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.