はいさい@higashisaです。沖縄から、真冬の静岡へ1週間行ってきました。大人だけの旅や出張であればスーツケースすら持ち歩きませんでしたが、子連れとなるとそうもいきません。

0歳児の息子は何もかもが初めての体験。飛行機、乗り物、滞在先と色々と心配な面もありましたが、実際に行ってみて役に立ったグッズ達をまとめて紹介します。

0歳児の幼児を連れての旅行や出張に役に立ったグッズ達

まずは箇条書き!

・大型スーツケース(80L〜)

・衣類収納バッグ

・保湿クリーム

・シルクの腹巻き

・ヒートテック

・抱っこ紐

・100円レンタカー

・チャイルドシート(レンタル)

・バックパック

・iPhone/evernote

・WiMAX

・GAPのブランケット

・紙おむつ

・おもちゃ

 

持っていったけど使わなかったもの

・防寒具

・ホッカイロ

・手袋、マフラー

・酔い止め

・おしりナップ的なモノ(冷たくてムリ)

・iPad

 

現地で購入したモノ

・おしり拭き用のコットン

・おしり拭き用のお茶(ペットボトルでホット)

 

お役に立ちましたありがとうのモノたち

お役立ち度を☆で表しています。

 

・スーツケース 80L〜 ☆☆☆

滞在期間にもよりますが、子連れの場合は大型のスーツケースを1つ持っていると便利。なぜなら大量の紙おむつを持っていけるから!我が家では紙おむつと布おむつを併用していますが、今回は紙おむつを持参しました。

紙おむつが入る容量があると、帰りはそのスペースができるので、お土産を入れるのに最適です。

>>> 子連れ旅行 スーツケースの正しい選び方 4つのポイント | ヒガシーサー Okinawa Beach Life

 

・抱っこ紐 ☆☆☆☆☆

DSC_9397

空気が冷たい静岡でのベビーカーはちょっとかわいそう。抱っこ紐でお互いを温めあって愛を分かち合いました。お互いの防寒にもなります。

 

・シルクの腹巻き ☆☆☆☆☆

昼は息子のほっかむりに、夜は授乳時に大活躍の腹巻き。これがないと妻が風邪ひいちゃう。

>>> シルクのボディロールはすぐれもの:沖縄の助産院 こもり助産院日記 母乳育児・自宅出産&性教育はおまかせ! como@nirai.ne.jp

 

・GAPのブランケット ☆☆☆☆☆

大活躍。マジでありがとう。寝るとき、抱っこするとき、いつでも活躍してくれます。

・衣類収納バッグ ☆☆

旅上級者達にとって必需品となる衣類収納バッグ。圧縮袋がとてもオススメ。衣類を小分けできるのでパッケージングにもとても役立ちます。汚れ物はまとめてパックできるのだ!

 

【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 10枚組
大雄
売り上げランキング: 167

 

・保湿クリーム ☆☆☆☆☆

沖縄県の湿気がどれほど恋しくなった事か!保湿クリームは温泉の後に重宝しますので、女性や子どもだけではなくて、男性にも必需品です。

 

・ヒートテック(ステテコ)☆☆☆

これは個人的に役立ったもの。ステテコ最高。

 

・100円レンタカー ☆☆☆☆

たまたま、新しいファミリーカーが納車されたということでお世話になりました。禁煙車で快適。

子連れの場合は何かとコストがかかるもの。レンタカーは安くキレイで禁煙で!

>>> 100円レンタカー三島(静岡県)の店舗詳細|格安レンタカーなら10分100円で激安の100円レンタカー
・チャイルドシートはレンタル ☆☆☆

レンタカーに取り付ける用のチャイルドシートはダスキンでお借りしました。安いしキレイだったので満足です。

>>> ベビー用品 | ダスキンレントオール かしてネッと

 

・15L程度の小さなバックパック ☆☆☆

両手が空くのは大変助かりました。特に息子を抱っこして、バックパックを背負ってってしていると、なんだか大いなる責任感が芽生えてきます。オススメは15Lくらいの小さなバックパック。キッズ&女性用ということでちょっと小さかったけど(笑)

 

 

・iPhone/evernote ☆☆☆☆☆

航空券、電車、ホテルの情報、レンタカー、観光地、全てにおいて大活躍してくれました。

 

・WiMAX ☆☆☆☆

こちらも大活躍。ほとんどの場所で使えました。沖縄とは大違い!

 

・紙おむつ ☆☆☆

スーツケース参照

 

・現地で購入したもの ☆☆☆

コットン、おしり拭き用のお茶(ホット)

さすがにおしりナップ的な水コットンは息子に可哀相だったので使いませんでした。

 

持っていったけど使わなかったモノ

2月の静岡、しかも富士山近辺なので寒い。ということでしたが、ホッカイロや防寒具は必要ではなかった。特に子ども用のマフラーや手袋は一度も使うことなく、酔い止めやおしりナップも特に必要ありませんでした。あと、重たかったiPad・・・iPhoneがあれば十分です。iPad mini も然り。iPhoneで十分でしょ。

 

抱っこ紐ブランケットがあって、子ども用の羽織るもの(フード付き)があれば、それで十分でした。心配だった寒さも、全く気にせずスヤスヤと眠る我が子を見て、こいつタフだな。次、ピースボートだな。とか思いましたね。

 

まとめ

前提として、我が家は完全母乳で育児をしています。その為、ミルクを用意する必要がないので、結果的に家族3人で「スーツケース一個、バックパック1個」で済みました。もしも人工ミルクが必要な場合は、それ相応に荷物が必要になります。妻に感謝。

心配していた飛行機は、全然問題ありませんでした。離着陸時に授乳していれば耳抜きも問題ありません。お陰で、僕は隣で爆睡でした。

 

>>> こもり助産院とゆいクリニックで学んだ 母乳育児のススメ これを知ったら育児の悩みは半分は減るはず

 

また、今回主な滞在先として静岡県裾野市に滞在していましたが、WiMAXの電波が素晴らしく良くて、こんな田舎でも電波がマックスってことにビックリしました。お陰でノマドワークも快適にできた。沖縄もこれくらい電波があれば NTT と契約しなくて済むんだけどな〜。

 

今回は、ハワイに出張するときの前哨戦でしたが、これほど快適に移動できるなら、子連れでも全然問題ないですね。次はハワイ行き編ですのでこうご期待!