sns

アドラー式子育て実践

SNS晒されチルドレン?親子トラブルにならないように親が気をつけたいこと

更新日:

はいさい。ヒガシーサーです。いきなりですが、この記事を初めて書いたとき、私は育児も仕事も自信が持てず毎日死にたいと思っていました。しかしフリーランスであり、保育園にも入園できず、家族を養う身であったためどこにも逃げる場所がありません。それゆえ世の中の育児論に非常に攻撃的になっていた時期でもありました。そんな時期に「SNS晒されチルドレン」というキーワードに過剰に反応してまとめていた当記事を再編集して公開しています。

私は2児の父であり、SNS晒されチルドレンという言葉に対し違和感があって記事を書きました。しかし、あくまでも個人の意見として書いています。では、まず「SNS晒されチルドレン」ってなに?という部分からまとめていきますね。

SNS晒されチルドレンとは?

Twitter、Instagram、Fecebook、Mixiなどインターネット上のソーシャル・ネットワーキング(SNS)に子ども写真や動画をアップすることで、SNSに子どもが晒されていることを危惧する言葉ですね。いつか親子のトラブルにもなりかねない無責任な行為として言われることが多い言葉です。

主に指摘されている問題の原因は以下の2つだと思います。

2つの問題

  • 子どもが承認欲求を得るための手段になっているのではないか
  • 子どもたちの選択の自由を奪っているのではないか

あくまでも私のイメージですが、一つは子どもたちの姿を晒すことで「いいね」や「共感」を得るための手段になっていないか。そして、その手段を取る上で子どもたちの選択権を尊重しているかどうかだと思います。

もちろんそれ以外にも懸念すべき問題はありますが、それらは不確実な未来だったり感情だったりするので、本記事は修正してその部分を取り除きました。

つまり「SNS晒されチルドレン」とは、本人たちの了承もなしに、承認欲求を満たすための道具として子どもたちの肖像権を勝手に乱用している親や家族を心配する声なのです。

SNSでの反応はいいものばかりではない

たしかに子どもたちと過ごす日常は毎日輝かしいものですよね。私は子どもたちのおかげで人生が本当に輝き始めました。生きているという実感や幸福感をえられたのは、子どもたちや妻と出会ってから初めて感じた気持ちです。

しかし、だからと言ってそれをネットで晒すのはどうだろうかという意見も当然あります。そしてそれは往々にして間違っていないことが多いです。また、それだけでなくSNSのタイムラインに流れてくる子どもたちを見て、こう感じている大人も少なくないようです。

  • かわいくない
  • ウザい
  • 将来が心配
  • 子どもの写真がツライ方もいらっしゃる
  • 親子トラブルの原因になるかもしれない

SNSでの反応は大抵が好意的ですが、10人いれば10人違う感情を持っているはずです。表面上は「いいね」を押していたとしても、子どもの写真を見るのがツライと感じる方もいらっしゃるかもしれない。

「だったら見なければいい」という答えも一つの回答かもしれませんが、勝手にタイムラインに流れてきて、それは横暴な態度と言えるかもしれません。筆者もやりがちなのでなるべくは不快のないように心がけながら写真を公開するようになりました。

SNSは良い反応ばかりではなく、10人いれば10人とも違う感情を持っていると考える必要があります。

気をつけたい写真

私もSNSで子どもたちの姿をさらけ出していますが、いくつか気をつけてることがあります。

  • プライベートゾーンを隠す(裸の写真を載せない)
  • 住所が特定できる写真を掲載しない
  • 黒歴史になるような写真や動画は載せない
  • 叱られているところやヒトに見られたくない写真を掲載しない

子どもたちの写真をネットに掲載するのはとても、とてもリスクが大きいことです。その理由は後述しますが、なるべく善意の世の中であることを願いつつ、そういう世の中であってほしいなという願いがあります。しかし、それとこれとは話が別。

いくらなんでもプライベートゾーンが写っている写真を公開したり、黒歴史になるような(例えばおもらしをしたとか、おならをした)のような写真や動画は公開しません。当たり前ですけども。また、子どもたちにとって見られたくない写真を掲載することにも気をつけています。

親子トラブルにコミュニケーションは関係ない

以前、記事内では「親子トラブルはコミュニケーション不足」という乱暴な結論を書いていました。今ではそうは思いません。親子のコミュニケーションがいかに密度の高いものであろうと、ほんのささいなことで親子トラブルは起きてしまうのです。

SNS上で過去に公開された写真や動画が原因で、裁判になってる事実もあります。そこに「コミュニケーションがあるから大丈夫」というのは的がずれている答えになります。

筆者は子育てのために仕事をやめ、子どもたちが保育園に通い出す6年間、家族と良好なコミュニケーションを育んできましたが、それが親子トラブルを起こさない保証なんてないのです。

家族外からのリスク

これまでは主に「親子」や「家族」と言った限られたコミュニティの中で起こるリスクについて考えました。しかし、ネットで公開している上で一番怖いのは「外的要因」です。

例えば、SNSでの誹謗中傷、掲示板での誹謗中傷は必ず起きます。さらにネガティブなコメントが増えたり、脅されることもあるでしょう。実際、筆者は他人からよくディスられるので、そのときのダメージだったり怖さというのを語れる立場にあります。

こうした外部からのリスクをどこまで許容できるのか。そしてちゃんと子どもたちへのリスクも考えているのかどうかという点が心配な部分です。

ポジティブな経験もある

ここまで全て注意点や懸念事項をお伝えしてきました。しかし、子どもたちをSNSで晒すことで良いことを引き寄せることもあります。例えばキッズユーチューバーさんの例は良いと思います。

彼らの投稿には沢山のいいねやコメントが付きます。人気になれば企業とのコラボをすることもできます。まるで芸能人のような経験ができることは、子どもたちや家族にとってプラスの面もあるかもしれません。

しかし、子どもたちが了承してたとしても、それは「SNS晒されチルドレン」であることに間違いありません。

ネガティブなことばかりでも、ポジティブなことばかりでもありませんが、これらのリスクとメリットをしっかり天秤にかけて判断する必要があります。

まとめ

冒頭でも説明したとおり、筆者の子育ては一時期カラダもメンタルも壊しています。こうした中、どうせ子育てしてるならみんなの役に立つ形で子育てを生産しようと思って書いた記事がコチラになります。

2018年度版 沖縄公園ランキング40選以上!室内施設とプールもまとめました【全体験】

保育園も行けない、仕事もできない、だったらこの経験をただの消費にはしないでコンテンツにしようという思いで沖縄中の公園を遊んでまとめました。承認欲求の手段と、肖像権の乱用をブログでやってしまった例ですね。

それでもこの記事のおかげで、沖縄の子育て世代の方々から「とても役に立った!」「ありがとう!」という言葉をかけてくれるヒトも多いです。家族の経験をネットに公開する。その情報が誰かの役に立つ。そうすることで「待機児童」という長く暗い闇から「子育てを仕事にしちゃえ!」とポジティブに生きられたことも事実です。

だからと言って晒していいという答えにはなりませんけどね。ヒトそれぞれ「SNS晒されチルドレン」へのリスクマネジメントは違いますが、SNSで子どもを公開するときは「承認欲求の手段」か「肖像権の乱用」かを考え、自己責任の上で使っていきましょう。

-アドラー式子育て実践

Copyright© ヒガシーサー , 2018 All Rights Reserved.