測光モードの種類は?

ネコ「こんにちはライターのネコです」

デジカメの中でも中級以上のレベルになってくると、測光モードと呼ばれる機能が搭載されているものもあります。露出を決めるときに、どの程度の明るさにするか、明るさを測る必要があります。この作業のことを測光といいます。この測光には、いくつかの種類があります。スポット測光や中央部分重点測光、他分割測光といった種類です。それぞれの方式で特徴に違いがありますから、理解しておきましょう。

スポット測光の特徴は?

普及機の中でも搭載されることの多くなった方式ですが、一昔前まではプロやセミプロ仕様と呼ばれていた方式です。露出値を素直に測定できるため、露出補正がやりやすいのが特徴です。

しかも一点の明るさの測定が可能ですから、露出決定の難しい状態でも周りの状態にはあまり影響を受けず、的確な露出決定ができます。ただし露出補正は撮影者が行うのが大前提ですから、カメラ任せにしてシャッターを押すことだけに集中したい人には、向いていない方式とも言えます。

中央部分重点測光の特徴は?

こちらは古くからある方式で、中央に行けばいくほど重要度が高いと判断をして、中心のものの明るさを中心に測定する方式です。単純な方式といえますが、複雑なことをしない分、逆に昔からカメラに慣れ親しんでいる人にとっては露出補正がしやすいのが魅力です。

多分割測光(マルチパターン測光)の特徴は?

現在の主流の方式で、撮影者が露出補正を行う必要のない所が特徴的です。全面を分割して、それぞれのコーナーの明るさを測定します。明るさの情報の他にもレンズからの距離といったデータをすべて集めて、一般的に適正と考えられる露出値を算出します。私たちが別に何かをするわけではないですが、複雑なプロセスを経て露出を決定する方式です。機械が決めてしまいますから、通常であれば露出補正も難しいような場面でも、カメラに任せさえすれば適切な明るさで撮影できるわけです。

まとめ

カメラが趣味で自分で露出補正をしたいというのであれば、評価測光、マルチパターン測光モードがおすすめです。

カメラ初心者であれば、基本的に露出補正はカメラ任せにできるマルチパターン測光を選んでおくのが無難だと思ってください。ただし、このモードでも露出補正が時には必要になるかもしれません。

カメラによる露出補正は常に完璧とは限らないということを理解しておきましょう。徐々に慣れてきたら他の測光モードを使って撮影してみて、カメラの奥深さを味わってみると良いかもしれませんね。