ストックフォト

ストックフォトで稼ぐために絶対読むべき3冊の本

更新日:

ストックフォトで高収入を得るためには何が必要でしょうか?ストックフォト解説本から、売れる作品を生み出すヒントを得てみませんか。

この記事はストックフォトで収入を得ているライターさんが書いてる記事です。

PIXTA「写真で稼ごうシリーズ」

「写真で稼ごうシリーズ」はPIXTAが発行するオフィシャルブックです。

毎回、様々なテーマを取り上げ、定期的に発行しています。このシリーズの「ストックフォトのはじめ方」や「ピクスタが教える写真をお金に」という本の中では、ストックフォト初心者に向けて、ストックフォト登録方法から販売までの流れについて解説しています。

また、良質な写真の撮り方やどのような写真が人気なのか紹介しています。ほかにも、ストックフォトで成功しているクリエイターへのインタビューも載せられており、とても参考になります。

またこのシリーズでは、イメージのタイプ別に「季節・風景イメージ編」「人物イメージ編」「雑貨・フードイメージ編」も出されています。特に「雑貨・フードイメージ編」では、身近な食材や小物をきれいに撮影する方法が紹介されています。たとえば、テーブルセッティング方法や、レフ板の作り方などすぐに実践できる情報が盛りだくさんです。

ペイレスイメージ「人物フォト素材シリーズ」

ペイレスイメージで販売している人物写真がDVD付きの本として発売されています。「ライフスタイル編」と「ビジネスシーン編」の2冊です。どちらも2300点以上の人物写真が収められています。

「ライフスタイル編」では、家族の日常を写した写真や、お花見やクリスマスなどの季節ごとのイベントを楽しむ人々の写真が収められています。お子さんを持つ主婦の方は、同じシチュエーションをまねして撮影してみるのもよいかもしれません。

このような素材集を通して、お手本となる写真をたくさん見て、よい構図や明るさなどを徹底的に頭に叩き込んで、これからの撮影に生かすことができます。

売れる写真の撮り方ルールブック

この本では、ストックフォト用の写真を撮るためのテクニックや考え方について解説してあります。そもそも、私的な写真と売れる写真は違うのだということが、この本を通して認識させられます。

自分の好みやスタイルを大切にしていては、ストックフォトで売れる作品はできないようです。「販売写真は、あくまでも汎用性が求められる『素材』」という言葉が印象に残りました。ストックフォト販売で成功するためには、写真撮影への考え方から変える必要があるんですね。

ほかにもこの本では、いろいろなタイプの写真ごとに、売れるポイントと撮影のポイントを解説しています。この本から学んだノウハウを実践すれば、作品の仕上がりがずっとよくなっていくはずです。

まとめ

ストックフォト解説本を読むと、写真撮影や販売への姿勢が変わってくることでしょう。紹介されているプロの技をしっかり習得して、あなたも売れっ子クリエイターの仲間入りを果たしませんか?

-ストックフォト

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.