カメラ

オリンパス STYLUS 1s の価格は?どこが変わったの?前モデルと比較してみた!

投稿日:

オリンパス STYLUS 1s が正式に発表されましたね。
発売日は11月中旬だそうです。

前モデルの STYLUS 1 と何が変わったのか?
どこが違うのか?画像をクリックすると拡大します。

stylus1s

…うん、スペック面では何一つ変わっていませんね(笑)
というわけで、カメラの基本的な性能は STYLUS 1 と変わらないので、STYLUS 1 を触って感じたことを書いていきます。

手のひらサンニッパは超便利だった

オリンパス STYLUS 1 のキャッチコピーに
「手のひらサンニッパ」という言葉があります。

レンズの焦点距離が28-300mmで、
F値2.8通しで撮影できるからです。

1/1.7型 CMOSセンサーの小さいセンサーですが、
画素数は1200万画素に抑えられ、
明るいレンズの恩得もあって、
暗い場所に強いってのも STYLUS 1 の特徴ですよね。

あと、オートフォーカスが高速!
これは結構衝撃でした。

カメラマニアの方々に人気な機種なので
あんまり書いちゃうと怒られそうですが…

私はすごい良いカメラだなぁと思っていました。

持った感じの質感がいい

画質やレンズの性能は、
スペック通りでとくにサプライズはないけど、
オリンパス STYLUS 1 は、とにかく所有欲が満たされる製品です。

見た目や持った感じは
最近流行の大型センサーサイズを載っけた
高級コンデジよりも遥かに美しいです。

手のひらサンニッパで、デザインが良い。
画質も、とくに望遠端は素晴らしいです。

オリンパスのカメラは
デザインが本当にカッコいい。

STYLUS 1s の進化点は?

  • スモールAFターゲット:マクロ撮影時に便利なスモールAFターゲット。ピンポイントでフォーカスポイントを絞るので、狙った被写体の狙ったポイントにフォーカスを合わせることが可能です。
  • ステップズーム:28mm/35mm/50mm/70mm/85mm/100mm/135mm/200mm/300mm(35mm判換算)
  • フォーカスピーキング:ピントが合っている位置を黒か白色で表示する機能。これにより、マニュアル撮影時のピント合わせが簡単になります。
  • 焦点距離表示:一眼レフを使い慣れた人間には嬉しい機能。35mm判換算で焦点距離を表示してくれます。
  • インターバル撮影&タイムラプス動画:1280×720、フレームレート10fps、1秒から24時間で撮影できるインターバル撮影が可能に!

などの新機能が搭載されています。

マイナーチェンジはいくつもありますが、
一番嬉しいのはステップズームですね。

Canon PowerShot G7X にもありますが
35mm判換算の代表的な焦点距離を瞬時にセットできるのは素晴らしい。

サンニッパの能力を十分に発揮できる機能です。

ボーナス商戦向けのアップデートか?

お金

この時期にマイナーチェンジを行うと、
どうしてもネガティブワードが飛び交いますよね。

仮にそうだとしても、
STYLUS 1 に便利な機能を追加してるので、いいんじゃない?

あなたはどう思いますか?

まとめ

stylus1s

オリンパス STYLUS 1s は買いなのか?

STYLUS 1 が45,000円台で購入できるのに対し、
STYLUS 1s は70,000円です…

マイナーチェンジのカメラで
2万5000円の差は結構大きいかなぁ。

私だったら STYLUS 1 とワイコンレンズを買っちゃうなぁ。

ソース:オリンパス ホームページ

-カメラ
-

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.