沖縄生活

20年振りにHICプロを制した サニー・ガルシア は何が変わったのか?

更新日:

世界中を見回しても、彼ほど男が憧れるサーファーはいないんじゃないか?そんなサーファーの1人 サニー・ガルシア が20年振りに ハワイ のHICプロを制しました。

ここ数年、かつての最強サーファー「サニー・ガルシア」はスキャンダルな話ばっかりでしたが、今回HICプロを制した事でコンペシーンに復活するかもしれないという噂で持ち切りだとか。

サニーと言えば、波を切り刻むようなフルレールパワーサーフィンが特徴で、小さい波でも大きい波でもその大きな体を活かして凄まじいサーフィンを魅せてくれるサーファー。ジャッジも選手も昔とは変わってしまった今のコンペシーンで勝てるかどうかは分かりませんが、彼のスーパーパワフルエレガントなサーフィンが見れるならぜひ復活してもらいたい。

HICプロを制した サニーは何が変わったのか

20年振りにHICプロを制した サニー はここ数年と何が違うのか。彼の体を見れば一目瞭然だ。

なんでも、今年は1年で15キロも体重を落としているそうだ。その結果、昔のような感覚でサーフィンができる。と絶好調な体を楽しんでいるよう。

また、元々メローな性格だよと自分で言っているコワモテサーファーのサニーは、心境の変化もあったそうです。それは、これから育っていく若いサーファーについて。

彼はハワイの若手サーファーの現状を嘆いていて、ドラッグの問題を非常に心配しているそう。確かにハワイの若手グロメッツサーファー達が突然サーフシーンから姿を消す事も少なくなく、その原因はドラッグの問題があるそうです。

その点、ASPで活躍しているジョンジョン・フローレンスには感心しているそう。

サニー・ガルシアは、誰もが憧れる「最強の負けず嫌いでベストサーファー」というイメージがあるけど、最近は少し変わってきたのかなという印象を受けますね。

コンペシーンから離れてからは、ずっとサーフトリップをしてきて、「コンペには興味ないね」って言っていたサニーですが、ここ最近は「なぜかコンペが楽しく思えてきたんだよ」とも言っているそう。

エアーをマニューバに組み込まなければいけない昨今のASPサーフィンで、サニーが持ち前のパワフルサーフィンで、バッタバッタと若手サーファーをなぎ倒していくのを見てみたいモノです。

-沖縄生活
-, , ,

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.