デジカメ レビュー

PowerShot SX60 HS 本音レビュー!このデジカメを買うと幸せになれる5つの理由

投稿日:

Canon PowerShot SX60 HS を体験してきました。

sx60

このカメラの魅力は、光学65倍ズームレンズ。
いろんな人がレビューを書いてるので、その点は触れません。

まず PowerShot SX60 HS を手に入れたら
どんな幸せが訪れるのか?

それを紹介したいと思います。

一眼レフの悩みを解決してくれる

カメラマニアでない一般の人が一眼レフを扱う場合、一番困るのはなんだと思いますか?

「重くてデカくて邪魔過ぎる」

画質云々ではなくて、物理的な負担が最も困るんです。

SX60 HS もデカくて重く、コンパクトデジタルカメラとは言えませんが、それでも、レンズを比べれば一眼レフよりも遥かに小さく軽いです。

一眼レフのレンズで世界最高の高倍率ズームと言えば「タムロン 16-300mm」ですが、SX60 HSは35mm換算で 21-1,365mm です。

それでこのサイズと重量は反則。
超コンパクトデジタルカメラなんですね。

一昔前のコンデジとはレベルが違う

最近購入した「G7X」でも分かったことですが、2年前のコンデジと比べても、驚くほど進化しています。

コンデジと言えばセンサーサイズが小さく、背景ボケが汚いというデメリットが一般的でした。でも今は全然違います。

Canon PowerShot SX60 HS は、G7X よりもセンサーサイズは小さいですが、キレイな背景ボケを得られます。

特にテレ端(一番ズームした時)の背景ボケは素晴らしかったですね。私は背景ボケの美しさから「初心者にはシンデレラレンズ」とかほざいてましたけど、下手な単焦点レンズ買うよりも、SX60のような高級コンデジを買うほうがいいかもしんない。

というかコレからはコンデジの時代だ!

まじでか…と声に出たAF速度

一眼レフ愛用者やカメラマニアが一番気にする点は「AF速度」じゃないでしょうか?やっぱりコンデジは起動速度やAF速度、AF精度が一眼には敵いません…と思うのが普通ですよね。

SX60 を触ってみて感じたのは…「安いレンズより遥かに速い」ってことです。

キタムラで触って「まじでか。まじでか」と連発してたので、店員さんに「すごいでしょ(笑)」と突っ込まれましたよ。

これだけズームできて、このAF速度なら…まず困ることはないですね。

マクロがすごい

最短撮影距離0cmってどういうことだよ?って思うでしょうが、ワイド端でのマクロなんて像が歪んで使いません。

大事なのは望遠端でのマクロ性能です。
望遠端では1.8mと微妙な距離ですが、200mm前後なら3cm〜5cmまで寄れるみたい。

超参考になる動画がコレ。

実機を触った印象では「超寄れる!」って感じではなく、おぉコレならまぁいいか。って感じるぐらい(分かりづらい)

体感では悪くない印象でした。
なにその抽象的な回答…すいません。

ハイスピード動画+バリアングル液晶

「240fps スローモーション撮影」の楽しさは使ってみないと分からない。この動画は iPhone 6 Plus で撮影したモノですが、SX60 HSも240fpsでの撮影が可能です。

G7Xの動画性能は「AF駆動音」が気になりましたが、SX60は大丈夫そう。
ムービー性能は、なかなか良いと思います。

弱点もある

一眼レフやG7Xなどの大型センサーを積んだデジカメに劣る部分も勿論あります。

1.暗所に弱い
ISO400 ぐらいからノイズが発生します。

2.遠景の細かい描写は甘い
小さいセンサーと超高倍率レンズなのでね…

こうしたデメリットは、
コンデジ全般に言えることですね。

世界最高クラスのズーム倍率を誇る PowerShot SX60 HS があれば、色んな被写体を写すことができるので、撮影が楽しくなるでしょうね。

というか本音でぶっちゃけると、わざわざ望遠レンズと一眼レフを揃えるぐらいなら、SX60買った方がいい。絶対に!しかも5万3千円ですから。

-デジカメ レビュー
-

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.