沖縄生活

あなたは大丈夫?暑中見舞いの正しい時期と書き方とは?

更新日:

暑中見舞いをスマートに送れる方はそれだけで人間力が高いと周りから思われます…ってほんと?

暑中見舞い

ネコ「暑中見舞いを書いたことがありません…コレって社会人失格でしょうか?ライターのネコです」

季節の風物詩とも言える暑中見舞いは、夏の厳しい暑さの時期に久しく逢っていない友人や、親族、お世話になっている方への安否を伺うとともに自身の近状報告などを伝えるための挨拶状です。年賀状ほど一般的ではありませんが、受け取った方はこちらが思う以上に喜んでくれるでしょう。

でも暑中見舞いってどういうタイミングで送ればいいのか知りません。というわけで調べてみました。

暑中見舞いを送る時期

暑中見舞いは年賀状と違い出す時期が諸説あります。一般的に言われているのが夏の土用~立秋前日、小暑(7月7日)~立秋前日、梅雨明け~立秋前日、以上の3つです。地域により風習なども違うためどれが正しいとは言えませんが、もっとも多く取り入れられているのは梅雨明け~立秋前日の期間のようです。そもそも暑中見舞いの所以は先にあげたように厳しい夏の安否伺いですから、もっとも暑い時期に出す、つまり梅雨明けから立秋前日が妥当なのでしょう。

暑中見舞いを出すタイミング

暑中見舞いの出し方ですが、年賀状とは違い喪中の方であっても差し支えはありません。年賀状は新年の祝いを伝える目的もあるため喪が明けていない方に出すのはふさわしくないとされていますが、暑中見舞いは安否のお伺いですから相手のことを気遣う意味の内容であれば、出しても構いません。

また、暑中見舞いと残暑見舞いを両方とも同じ方に送る必要はありません。どちらも時期が近いので送る方も送られて返事を書く方も大変です。万一、暑中見舞いをいただいたのに返信が遅れてしまった場合には、残暑見舞いとして送ると良いです。

暑中見舞いの書き方

暑中見舞いの書き方には特に決まった形式はありませんが、一般的には季節の挨拶、相手の安否を尋ねる文章、自身の近状報告、日付と言う流れになります。季節の挨拶で一般的に使われるのは、『暑中お見舞い申し上げます』となり、ほとんどの方がこの出だしを引用しているのではないでしょうか。

相手の安否を尋ねる文章でよく使われるのは、『梅雨が明け暑さが厳しい時期となりましたがいかがお過ごしでしょうか?』などになります。この後に自信の近状報告として『こちらも毎日厳しい暑さではありますが、変わりなく元気で過ごしております。お近くにお越しのことがあれば是非連絡をくださいね。』などと手短にまとめた文章にします。最後は◯◯年◯月で締めくくるのがスマートな書き方になります。

まとめ

最近はメールやSNSでのやりとりが主流になり、ハガキを使った便りはあまり使われなくなっています。

ネコ「そもそも、暑中見舞いってDMでしか送られてきたことがない…」

とは言え手書きで書いた便りをもらうのは誰でも嬉しいものです。今年はお世話になった方や、久しい友人などに暑中見舞いを送ってみるのも良いかもしれませんね。

-沖縄生活

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.