沖縄生活

物事の価値は人の求める数で決まる 武井壮 オトナの学校

投稿日:

武井壮さんが出演している「オトナの学校」のユーチューブ動画を見ました。ブログについても全く同じ事が言えるので、ブログを書いてる皆さんは必ず見ておいたほうがいいと思います。

スポーツを極めることはギャンブルだ。

オトナの学校の中で、分かりやすく語ってらっしゃいますけど本当にそうですよね。青春のすべてを親とか学校とかのエゴ、1円の価値にもならない名誉のために捧げて、社会に出たら今までやってきたことは何にも生かされない。

そういうことを教えないまま、何年もスポーツに命をかけさせるような事は良くないと思うと語っています。

武井さんは日本の陸上10種競技チャンピオンになりながら1円も稼げなかった背景を、私たち一般人にも分かるように分析して説明してくれてますね。

陸上選手が一人20人のお客さんを呼べれば
国立競技場の観客席は満杯になる。

というのは聞いて初めて理解できました。

物事の価値は求める人の数で決まる

この答えはすごくシビアだけど、本当にその通りだなと勉強になります。ブログも全くその通りですからね。

私も好きでサーフィンをやってますが、子どもには趣味としてのサーフィンと、プロ商業スポーツとしてのサーフィンの違い。そして世界と日本の違いを教えてあげたい。

ヒガシーサーサーフィンは楽しいけど、日本ではお金にならないよ」

ということは教えていかないといけないですよね。それに加えて武井さんはジュニア育成についてもこう触れています。

スポーツにおけるジュニア育成とは
思った通りに動く体の使い方を教える事
自分がやっているスポーツの価値を教える事

素晴らしいです。経験と理論によって築き上げた武井さんのスポーツ理論は本当にすごい。私はそこまで本気でスポーツに取り組んだことがないので偉そうなことは言えないけど、武井さんの言葉は信じられます。だから室伏広治選手が人類最強という武井さんの説も信じてます。

気になったこと

動画の中で武井さんがこう話した時に笑いがおきました。

中学ぐらいまでは日本の義務教育を受けさせて、そのあとはインドに行かせます。

ここで若干笑いが起きますが、武井さんは続けます。

高校卒業ぐらいでパソコンでなにかビジネスを始められるくらいにはなっててほしい。

この時点では笑いは起きていないので、インドの教育水準の高さは一応知ってるんでしょうね。私もインドは行ったことないので分かりませんが、優秀なプログラマーが多いのは知ってます。それくらいのレベルです。

子どもにクリケットさせます。

ここで笑いが起きました。

えっ?って武井さんもなっていましたが、マジでそうですよね。日本の野球も世界から見たらそんな感じですよ。ちょっとコレ見て日本やべーなと思わずにはいられませんでした。

知りもしないことを「クリケット」という言葉だけでイメージして笑う。これ日本よりインドを下に見ているからですよね。

国としての価値は日本とインドどっちにありますかね。あっちは人口12億人。日本は1億人。

物事の価値は人が求める数で決まる

インドが12倍価値ありますからね。単純計算で。それで言うと自分の子供がそういう風にならないように、やっぱり国際感覚は身につけてもらいたいなと思います。

まとめ

話はそれましたが子を持つ親として、未だにスポーツを日常的に楽しんでる人間としてすごい大事なことを学びました。

ブログに関しても「物事の価値は人の数で決まる」は完全一致で当てはまります。検索ボリュームのあるキーワードを人が喜ぶ形でコンテンツにしないとブログなんて無価値ですから。

うーんこれは本当に素晴らしい学びでした。

情報を教えてくれたLast Day. jp またよしさん ありがとうございました。

-沖縄生活

Copyright© ヒガシーサーのカメラ沼 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.