沖縄県で「タ」のつくものは美味い!ターンム、タンカン、タマン、そしてタンナーファークル。沖縄の昔ながらのお菓子「タンナファクルー」がお土産に最適だというお話です。

タンナファクルーは沖縄で昔から愛されているお菓子で、黒糖と小麦粉、卵を使って作るシンプルなお菓子です。地域によって呼び名の発音が違います。ちなみにうるま市近辺では「タンナーファークル」と呼びます。一般的には「タンナファクルー」だそうです。

タンナファクルーの由来は、お菓子を作った人が「玉那覇さん」という方だったらしく、玉那覇さんが作った黒い(クルー)菓子が、沖縄なまりとスラングになってタンナファクルーとなったそうです。

じゃあ僕が作っていたら「ヒガクルー」ということになったのか。とはいえ、どっちみち僕は黒いので「比嘉さん黒いね」ということで終わるはず。

作った人が「玉那覇さん」で良かったと心底思います。

タンナファクルーを食べてみよう

市販のタンナファクルーで最も美味しいと言われている丸玉製菓のタンナファクルー。

とりあえず手乗りタンナファクルー。

全て手づくりなので、微妙に形が違ったりしています。横顔のタンナファクルー。

食ってみた。アンパンマンだったら瀕死の状態になるくらい食ってみた。

ステルス戦闘機のように斜めにしてみた。

バットマン!みたいに食べてみた。

半分マン!もしようと思って食べ過ぎたマン。

4口目にはこうなる。

感触ラモーレ!

タンカンとかぼちゃがあったので、とりあえず並べてみた。

重ねてみた。こむすびマンみたいになった。

まとめ

タンナファクルーは、素朴で食べやすく、お土産に最適。というか帰りの飛行機で無くなる事必須のお菓子。僕が県内出身者で県外に住んでいたら、飛び上がるほど嬉しいお土産です。

味はほんのり黒糖の味がして、丸玉製菓のタンナファクルーはしっとりしていて食べやすい。また、タンナファクルーを美味しく頂くための注意点として、タンナファクルーは基本的にチーチーカーカー(喉が渇く)最上位に位置するお菓子。お水と一緒に食べる事をおススメします。

僕は昨日風呂上がりにこの写真を撮りながら食べましたけど、チアノーゼになりそうでした(笑)

丸玉製菓のタンナファクルーはサンエーに売っています。美味しいよ!