ヒガ

えっ?まだファミマコーヒー飲んでるの?

tettohcoffee

今回使用したカメラは FUJIFILM X70 です。

沖縄県うるま市喜屋武でサードウェーブ(ハンドドリップ)を味わえるコーヒーショップ Tettoh Coffee に行ってきました。

実は沖縄ってサードウェーブコーヒーの天国で、昔からハンドドリップにこだわるコーヒー屋さんが沢山あります。

ボクが住んでいる中部で有名なのは「原点」です。沖縄県民でコーヒー好きなら知らない人はいない「原点」は、40年以上続くハンドドリップの老舗です。

今回お邪魔してきた Tettoh Coffee のオーナー夫妻は「原点のマスター」からコーヒーを学び、うるま市喜屋武に小さくてカワイイ「コーヒーショップ」をオープンさせたそうです。

NY ブルックリン から火が点いた ブルーボトル もいいけど、沖縄にはおいしいハンドドリップ珈琲が飲めるお店っていっぱいあります。なのでサードウェーブっていうよりファーストウェーブですけどね。

Tettoh Coffeeの場所、オープン時間

テットウコーヒー

2016年3月でオープン一周年だそうですよ。今回は地元のサードウェーブコーヒーショップ「Tettoh Coffee」の行ってきたレポートと、沖縄県内でハンドドリップコーヒーを味わえるお店をまとめていきます。

営業時間 9:00-18:00
場所 うるま市喜屋武106

うるま市「丸中商会」の通りを安慶名向けに走らせると右側にあります。ちなみにボクの実家から歩いて2分(笑)超超地元です。以前まで平良川交番があったところの向かい側ですね。

なぜこんな場所に?

ミー

うわーいい匂い…

テットウコーヒー

Tettoh Coffee は店舗内で焙煎をしているので、もう信じられないくらいいい匂いがします。お店の周辺を歩いただけで…もう最高です。

でも…この辺で生まれ育ったから聞きたいんだけど、なぜこんな場所に ハンドドリップコーヒーショップ をオープンしたんでしょうか?

Tettoh Coffee オーナー
tettoh-coffee
もともとは別の場所の店舗を借りる予定だったんです。その店舗の近くに大きな鉄塔があって、主人と一緒にお店の名前を「テットウコーヒーにしよう」ということで、Tettoh Coffee になりました。でも結局そちらの店舗は借りることができず、できれば地元のうるま市で借りれる店舗を探していたところ、ちょうどこの場所を借りることができました。

オーナーのご夫婦はご主人が静岡出身で、奥様はうるま市出身だそうです。

どんなコーヒーが飲めるの?

テットウコーヒー

ハンドドリップでとても丁寧に淹れられたコーヒー。店舗で焙煎されたコーヒー豆を買うこともできるそうです。

ボクはコーヒーに詳しくないですが、堀口珈琲 HORIGUCHI COFFEEで豆を買ったり、ローソンでは シングルオリジン でコーヒーを頼んで飲むぐらいはします。

でもプロのハンドドリップでコーヒーを淹れてもらうのは初めてで…ちょっと感動です。今回はフルーティな味わいを堪能できるエチオピアのバガーシュのウォッシュドコーヒーを頂きました。

ヒガ

うはー超フルーティー!

と素人丸出しの感想しか言えないんですが、こんなに香り豊かに。プロのハンドドリップで淹れられたコーヒーはやっぱり違うかもしれない。そう感じたよ。

1杯250円と安くはないですが、ファミマコーヒー飲むぐらいなら絶対こっちで飲んだほうがいい。

元コーヒーショップの妻が語るハンドドリップの難しさ

沖縄コーヒー

ヒガシーサーの妻は元コーヒーショップの店員をしていました。毎日エスプレッソマシンを駆使して外人さんにコーヒーを売っていたんですが、やっぱりコーヒーの難しさというのは誰でも経験する道らしい。

沖縄コーヒー

ハンドドリップの難しさは、淹れ方もそうだけど、豆の管理やお水など、毎日の天気や湿気で変わってくるから相当ムズいらしい。

沖縄コーヒー

しかもお店で焙煎しているので、信じられないほど手間がかかっている。本当にコーヒーが好きじゃないとやってられないほど大変だと思うよ。

…と帰りの車で熱く語っていました。そうなんだ。コーヒーって。

ハンドドリップのコーヒーを楽しむ時間

沖縄コーヒー

ハンドドリップのコーヒーを淹れてる時間は、オーナーさんと色々お話ができてとても楽しい時間でした。コーヒーは単なる飲み物じゃないってよく言われるけど、ほんとにそうだなーと思います。

ウチの祖父はアメリカナイズされていて、ボクも小さい頃から祖父と一緒にコーヒーを飲んでゆっくり話をする時間が好きでした。おじいが豆を挽いて、あの香りが広がる瞬間が大好きだった。もちろん Tettoh Coffee にも行ったことがあるそうです。(あっ今も元気で、この日も実家によったらコーヒー淹れてくれました。カフェイン摂り過ぎて頭痛するw)

コーヒー1杯ってたかが1杯ですが、その1杯に時間をかければかけるほど、それが単に飲み物ではなくて、人生を果てしなく幸せにしてくれるツールになるのかも。

ヒガ

ぼくのなかでコーヒーは、大切な人とホッコリするもの。それって他の飲み物にはないんだ。

Tettoh Coffee はテイクアウト専門ですが、オーナーさんがコーヒーを淹れてる間、豆のことを教えてもらったり、子どもたちの保育園話など、色々お話を聞けて幸せな時間でしたねー。

コーヒーのワークショップも毎月開催

沖縄コーヒー

Tettoh Coffee では、毎月コーヒーの淹れ方や機材の使い方を学べるワークショップも開催しているそうです。ボクもちょっとこれを機会にコーヒーを学びたいので、ワークショップに参加しようと思います。

沖縄県内 自転車で無料配送

日本一走り回る珈琲豆屋を目指して二年目は本島全域(北部は名護市内まで)を駆け抜けます。

Posted by Tettoh Coffee-鉄塔自転車便- on 2016年2月22日

えっ?自転車?と思いましたけど、ご主人さんは自転車がお好きだそうで、Fecebookページも珈琲屋さんなのに自転車がカバーになっています。

うわーコレは本気なヤツだw

なんでも北から南まで自転車でコーヒー豆を配送しているそうですよ。健康に良さそう(笑)ボクも tokyobike が欲しいです。

うるま市にステキなサードウェーブコーヒーショップがあるよ

テットウコーヒー

というわけで、うるま市喜屋武にステキなコーヒーショップがあるので、ぜひ行ってみてください。Tettoh Coffee さん、美味しいコーヒーと素敵な時間ありがとうございました。

沖縄本島内のサードウェーブコーヒーショップまとめ

コーヒー

沖縄本島内で人気のハンドドリップコーヒー店をまとめていきますね。(今後どんどん追加予定)

原点 圧倒的人気のコーヒー専門店

水出しコーヒーと言えば沖縄市の原点。以前の場所から沖縄市山里に移転されています。メニューはもちろん「アイス」と「ホット」のブレンドコーヒーのみ。

リピーターのお客さんからは「日本一のコーヒー」と呼び声が高い名店です。

住所 沖縄市山里2-9-31
電話番号/ホームページ 098-932-2121
珈琲専門店 原点 Facebookページ
営業時間 10:00-19:00
定休日:日
駐車場 10台
料金目安 500円

覚えてないけど、まだコザにあったときに行ったことがあります。うーんいつだったかなぁ。近いうち行ってみようと思います。

豆ポレポレ Qグレーダー

妻が知り合いだと言いはる沖縄市泡瀬の豆ポレポレ。こちらも県内外に人気のコーヒーショップさんです。ハンドドリップで淹れてるかは分からないので、今度おじゃましてきます。

他にも色々あるんだけど…行ってみてからまとめます!

ネットの情報を探せばたくさんのお店が紹介されてるんですが…写真も記事もあんまり参考にならないので、自分が実際に足を運んでからまとめていきたいと思います。

ということで、今回は Tettoh Coffee さんにおじゃまして、ハンドドリップコーヒーの良さを教えてもらいました。

今回使用しているカメラ

x70手ぶれ補正非搭載、AFの癖がまだつかめないという言い訳をしてしまう愛すべきカメラ。かなりのマゾカメラです。

今回は FUJIFILM X70 というカメラを使って撮影しています。全て jpeg 撮って出し(lightroom取り込み)です。

参考記事:フジフイルム X70 本音レビュー!これほどワクワクするカメラは初めて