運動会

健康

小学生の運動会って本当に必要なの?気象庁データで見る9月に行う危険性

投稿日:

はいさいヒガシーサーです。本記事は「運動会は本当に必要なのか?」という疑問をみんなで考える記事です。
まず先に断っておきますが、この記事は「小学校の取り組みや体制を批判する」類のものではありません。

そうではなくて、今の時代に運動会は本当に必要なのか?という問いををみんなで考えていきたいんです。

まず本記事でざっくり次の問題をまとめています。

ざっくり

  • 運動会の目的は?
  • 過去100年の平均気温データ
  • 9月、10月に行うのは合理的か?
  • 災害対策運動会、熱中症対策運動会にしてはどうか?

紫外線も強く、平均気温も高い時期に開催される運動会。

息子の小学校は9月に開催されましたが、台風で延期になり、台風一過後の翌日に運動会を行ないました。

そして、息子は熱中症の初期症状が出ていることに気づき、午前中で早退させて頂きました。私は自分が何度も熱中症にかかっているため、早い段階で「尿が黄色い、汗が出ていない」ことに気付けたので良かったですが、こうした熱中症の予備知識も徹底させて欲しいなと思っています。

その経験から「運動会の疑問点」を記事にまとめていきます。

ヒガシーサーイラスト
ヒガシーサ
平均気温、紫外線リスクも高い時期に開催する意義を教えて欲しい

なぜ運動会は9月に行うのか?

私が住んでいる市町村の小学校は、毎年9月に運動会が行われる小学校があったり、そうでない時期に開催される小学校もあります。

年平均データでは例年9月、10月は平均気温が高く、なおかつ紫外線数値も高いので、大人でも屋外作業は気を付けないといけないシーズンです。

ここ10年間で沖縄の平均気温も上がり、例年通りなら台風シーズンでもあります。現に私たち小学校の運動会は「台風の影響」で延期になりました。

9月に2学期が始まってからは毎日のように運動会練習が行われますが、子どもたちは日焼け止めも塗らず、半袖半ズボンで練習を行います。肌だけでなく目の紫外線ダメージも心配になります。

さすがに沖縄の9月の日差しの中で連日練習を行うのは危険じゃないか・・・と思ってたら、案の定、息子は体調を崩して学校をお休みしました。

運動会練習が原因とは言いませんが、体力低下による体調不良であることは明らかでした。

小学校1年生〜3年生はまだ体力も少ないし、ましてやほんの数ヶ月前まで保育園や幼稚園に通っていた子どもたちです。

いくら小学生になったからと言って、いきなりカラダや体力が小学生になるわけではありません。

9月の日差しと気温は、大人でも熱中症で死者が出るくらいですから、それ相応の対策を取らないと非常に危険です。

そのような状況で従来通りの運動会は必要か?

やる意義や意味は本当にあるのか?

私一人で考えても答えが出ないので、市の教育委員会へ意見書を提出するつもりで記事を書いています。なので共感してもらえたら Facebook や Twitter でシェアしてもらえると嬉しいです。

ヒガシーサー困り顔
ヒガシーサ
シェアしてもらえたらうれしいです。

運動会の目的はなにか?

そもそも運動会の目的とは一体なんなのでしょうか?ネットで調べても情報はあいまいですし、市役所のホームページにも記載されておりません。

運動会の案内にも「運動会を行う目的」は明記されておりません。結局、運動会も「例年やってるから」という理由で開催される前例主義の行事だろうなと私は思っています。

もちろん息子は運動会当日のプログラムはとても楽しそうに演技をしてくれました。私もそれに合わせてミラーレスカメラを構えていますし、運動会自体は子どもたちにとっても楽しいものです。

でも楽しいと思える子どもたちもいれば、楽しくない子もいます。そういうもんです。

よく「健康増進」「一生懸命やることの意義」みたいなことを言うヒトもいるかどうか分かりませんが、科学的に運動会の練習や実施が健康増進につながるエビデンスはありません。

むしろ、やりたくないことを一生懸命やらされるシステムは将来のブラック労働に繋がります。これは因果関係があります。

他にもよくある意見として「子どもたちの姿を見ることができない保護者に成長を見せる」というのも、それは保護者の問題であって、普段から愛情と時間をかけている保護者にとっては必要ないものです。

また、運動が苦手な子もいるためスクールカーストを生み出す要因の一つにもなっています。運動会は運動能力が高い子は楽しいですが、そうでない子は練習を含めて苦痛しかありません。

私は2月生まれで、体格が小さいのでいつもハンディを背負ってる状態でした。それでも運動能力が高かったのでなんとかなりましたが、身長順の整列はいつも1番前だったのですごくバカにされてましたね。

あだ名は普通に「チビ」でしたよ。ヒネリなし。

なので、運動会をどうしてもやりたいなら、目的とか意義を明確にして欲しいなと思います。例えば「災害対策運動会」とかであれば目的も意義もはっきりしているので、親子参加型でも楽しめるんじゃないかなと思います。

やりたくはないけど。

ヒガシーサーイラスト
ヒガシーサ
台風対策運動会とか?

9月、10月に運動会が行われる理由

1964年の東京オリンピックが関係していると言われていますが、統計上で晴れやすい10月10日前後に開催されるようになったと言われています。

また、沖縄県は全国平均で見ても秋(9月〜10月)に行われる自治体が最も多い地域のようです。(秋ないけどね)

運動会当日に体調不良を訴えた児童の数

運動会当日は台風後の湿気が高く、曇り空でしたがそれでも28度前後のなかで行われました。

それは良いでしょう。天候や気温はコントロールできないので。

問題は運動会の行進と、校長先生のながーーーーーーーい挨拶です。まず運動会の行進後に体調不良を訴えて救護テントで休む児童が数名いました。

そのあと炎天下のなか、いろいろ待たされてる児童たち。校長先生の挨拶時に救護テントに向かう子どもたちも目視で数えただけでも10名以上いました。

「えっまだ始まってもいないのに、こんなに体調不良の児童が出てるけど大丈夫なの?」

特に校長先生の長い話(10分以上)のときはテント内の椅子が足りなくなっていました。

また、別日程で行われた市町村の小学校では、保護者のご年配の方が熱中症で救急車に運ばれたそうです。

児童だけではなく、ご年配の方も9月の運動会はツラいのです。

もし万が一のことがあったらどうする?

と疑問に感じましたが、みなさんの小学校はどうでしたか?

児童たちは当日だけでなく運動会練習でも日々、紫外線のリスクや熱中症などのリスクを抱えながら練習しています。

サーファーとして19年間紫外線を浴び続けている筆者としては日焼け止めも使わず、半袖半ズボンで行われている運動会練習は「マジでヤバいこと」にしか思えません。

大人は長袖長ズボン、紫外線予防しているのに。一旦子どもたちと同じ状況で保護者も練習したら良いと思う。

ヒガシーサー困り顔
ヒガシーサ
とりあえず校長先生の挨拶は「今日も元気に頑張ろうー」だけで終わろうよ。それから紫外線についてもっと対策取らないと本当に危ない。

環境省 熱中症予防情報サイトの暑さ指数

環境省の熱中症予防情報サイトでは「運動に関する指針」が提示されています。

熱中症予防

出典:環境省熱中症予防サイト「http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php」

出典:http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php

この図は年齢や健康状態、個々人の体調などは考慮されております。一般的に健康的な大人を指針としたデータです。

個人的には暑さ指数25〜28度(黄色)でギリギリ運動会を許容できるレベルです。でも実際は練習なども含めて厳重警戒ゾーンである暑さ指数28度〜31度の中で行われています。

暑さに弱いヒトであれば軽減、もしくは中止した方が良いとされているレベルですね。この厳重警戒〜原則中止のレベルの中、私たちの子どもは運動会練習や運動会を行なっています。

ヒガシーサーイラスト白目
ヒガシーサ
あえて熱中症に飛び込むスタイル。正気ですか?

では、次に10年間の平均気温データを見てみましょう。

平均気温データ

沖縄地方平均の年平均気温は100年あたり1.16℃上昇、沖縄地方平均の真夏日、熱帯夜の日数は増加傾向にある。

沖縄気象台データ

出典:沖縄気象台データ(https://www.jma-net.go.jp/okinawa/data/kiko/2019_all.pdf)

沖縄気象台データのレポートはコチラ

というのが沖縄気象台データで見る気温の経年変化になるそうです。またコレは年間全体通してのデータになりますが、9月〜11月の最高気温0.83℃の上昇、最低気温は2.26℃の昇温なっています。

沖縄気象台データで見ると平均気温は緩やかに右肩上がりとなっていて、今後も温暖化は続いていきそうですね。まあつまり、50年前と比べて子どもたちへの負担は明らかに高くなっていますよということです。

そのため「運動会は家族にとっても大切なイベント」や「時短運動会は反対」という主張は、気温の上昇による体調不良のリスク、弁当の中身が痛む食中毒リスクを考えていないのかなと不安に感じました。

ヒガシーサー困り顔
ヒガシーサ
データから判断して欲しい。

9月の運動会では食中毒の危険もある?

運動会のお弁当には賛否両論ありますよね。県外では時短運動会は家族のお弁当を囲む思い出がなんちゃらとかという理由で物議を醸していました。なんと香ばしいことか。

私はキッパリと「反対」です。

運動会には手作り弁当を作るという文化が推奨されていますが、ぶっちゃけ危険です。

対策をすれば何とかなりますが、そもそも調理済みの弁当を高温多湿の運動場に置いておけば、細菌性の食中毒が発生するリスクが増します。

対策を施してる家庭は良いですが、そうじゃないご家庭もあるかもしれません。

また「運動会にはお弁当を作らないといけない」という無言のプレッシャーがあるおかげで、お弁当が作れなかったら子どもたちに申し訳ないという罪悪感も生まれるでしょう。

安心してください。お弁当があってもなくても、立派な保護者です。

ちなみに我が家は「ピザーラのピザ」を運動会のお弁当にしました。もちろん今後もお弁当は作りません。なぜならお弁当を作っても作らなくても、私たち家族は幸せだからです。

地域のピザ屋さんにお金も落として、アツアツのピザを食べられて子どもたちはハッピー。それはそれで良いことだと思っています。

お弁当を広げるのが楽しい家庭もあれば、そうでない家庭もある。それでいいじゃない?

ヒガシーサーイラスト
ヒガシーサ
もちろんお弁当を楽しんでるご家庭もあって良いと思います。でもお弁当がなくても良いんだよというのは伝えていきたいですね。

運動会の是非についてのアンケート結果

ツイッターでアンケートを取ってみたところ100名以上の方に回答を頂きました。

必要:11%
不要:28%
時期をずらしてほしい:61%

という結果になりました。個人的には先生方への負担、児童への負担、運動会実施の目的がふわふわってしているということもあり、運動会は不要だと思っています。

というか先生方の負担を考えると、年間行事は全て必要はないと思ってます。(個人の意見です)

子どもたちの頑張る姿を見せるべきという気持ちは分かるんですが、毎日接していれば彼らの成長と頑張りは伝わってくるので、あえて運動会を成果物にする必要はないと思います。

とは言え児童の負担と安全面を考慮して、時期をずらしてくれれば、ここまで反応することもなかったので、温暖化時代の対策として時期ぐらいは見直して欲しいなと思います。

ヒガシーサー困り顔
ヒガシーサ
実際に熱中症の初期症状が出てしまったので、来年からは参加したくないというのが本音です。

運動会を涼しい時期に実施している事例

同じ市町村の小学校でも開催時期が11月に開催されるところもあります。

その基準がよく分からないのですが、運動会を1学期の涼しい時期に開催している小学校もあるので、前例や事例はいくらでもありますね。

また琉球新報が掲載している毎日新聞の記事によれば、沖縄県は秋開催が90%を超えているそうです。

全国平均で見れば春開催が54.3%、秋開催が45,7%です。

全国平均なので比較はできませんし、全国で見ると春開催の事例もありますが、次の項目のUVインデックス(気象庁紫外線のデータ量)を見れば、沖縄県では春開催のリスクもあるなと知ることができます。

ただ時期も重要ですが、時間も重要です。大人ですら倒れてしまう日中の屋外行事。少なくても低学年は午前中プログラムで帰れるようにして欲しいです。

プログラムが終わったら低学年は帰っても良いシステムにしてほしい。

気象庁 那覇のUVインデックスデータ

日本人はオーストラリアやニュージーランドのヒトと比べると紫外線に対する意識が低いです。特に子どもたちの肌への意識が低すぎてびっくりします。

運動会で怖いのは気温や熱中症だけではありません。

気象庁が出しているUVインデックスデータによると、4月〜9月までの紫外線平均値は「強い〜非常に強い」のデータで推移しています。

UVインデックスデータ

出典:気象庁(https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_daily_uvindex_obs.html)

11月に入ると一気に紫外線数値が下がり「中程度」まで下がります。

気温は極端に下がることもないですし、湿度も低くなって、もっとも運動効果が高くなる11月〜12月に運動会を開催すると良さそうですね。

ちなみに娘の保育園は、子どもたちの体調を第一に考えてくれているので例年11月後半〜12月に開催されます。運動会は9月にやるものだと思っていたので、とても快適だなと思いました。

日差しが強い沖縄県で、あえて9月や10月に合わせて運動会をするのか、その目的をはっきり知りたいです。

ヒガシーサー困り顔
ヒガシーサ
あえて紫外線量の高い時期に突っ込むスタイル?紫外線リスクは本当に、本当に考えてほしい。

運動会を午前中で終わらせている事例

名古屋市では熱中症対策を理由に午前中で切り上げる「半日運動会」を実施する学校が増えています。

教員の負担軽減や授業時間確保の狙いもあるそうですね。

私は大いに賛成です。特に教員の負担を減らすための取り組みはどんどんやらなければいけません。教鞭を取る先生方のパフォーマンスが落ちると、子どもたちにも影響が及ぶので。とりあえず メンタリスト Daigo さんの動画全部見よう。

市内261校のうち、164校が午前中のみの運動会を開催する予定らしい。

しかも開催時期は春です。名古屋市では春の時期から「熱中症対策」として半日運動会を選ぶんですね。

全国ではこうした半日運動会の事例がどんどん増えていきそうです。

気温データや時代背景、運営リスクををしっかり考慮した上で行われる運動会であれば児童たちの負担も軽くなるはずです。

ヒガシーサーイラスト
ヒガシーサ
せめて小学校1年生〜3年生までは半日運動会でいいですよね。

令和時代の運動会の提案

戦後の昭和、平成が終わって現代はもう「令和」になりました。

過去の風習や習慣も、もちろん素晴らしい文化でした。

でも、気温も変化しているし、家族の在り方も変わっています。

子どもたちの体質や食生活も昔とは大きく変わっています。

紫外線量や気温など科学的なエビデンスも取得できる時代ですから、令和時代の文化や風習を作ってもいい風潮になって欲しいなと思います。

ヒガシーサーイラスト
ヒガシーサ
変化することが最も大切なことだよ。ということを子どもたちに伝えていきたい。

文化、伝統を重視し、安全を第一に考えた運動会

沖縄らしいプログラムにエイサーや空手が組み込まれていることも多いです。

私は良いとも悪いとも思いませんが、それを良いことだと思う方もいれば、嫌な方もいるはずです。

県外出身者が多い地域の小学校では保護者から「なんでエイサーをさせなければいけないんだ」という声もあるそうですね。

運動会に意味なんて求めても無駄なんてことは知っていますが、どうせ意味を求めるなら「災害対策運動会」を行うのもいいんじゃないかなと思いました。

小学校は避難場所にもなっていますし、災害対策だったら親子参加ができるんじゃないかなーと。

災害が多い日本なので、親子で一緒に災害対策運動会ができたら、それは意味のあるものになるんじゃないかなと。

ヒガシーサーイラスト
ヒガシーサ
沖縄だったら台風リテラシーが高いので、台風対策運動会やりましょう。

運動場での行進、開会式、閉会式は必要か?

意味のあること、ないことで言えば児童たちの行進、開会式の整列、閉会式の整列は必要ないですよね。

あれ、なんのためにあるんですか?

歴史を遡れば富国強兵の文化から運動会が設定されてるようですが、令和時代に必要かな?

というか平成時代の私たちも、行進練習に1番時間を取られてた気がします。中学校ぐらいになると、誰かが行進に失敗すると最初からやり直し!というのを永遠にさせられた記憶があります。

あれ、マジで最悪ですよね。犯人探しも始まるし、あいつのせいだとか言われるんですよ。そんなの学校の先生がやることじゃないと今思ったら・・・まあいいやそれは。

それだけではなく、運動場の赤土が風で舞い上がり、目や口、鼻に砂が入ってとてもツライという思い出もあります。

冒頭でも書きましたが、校長先生の挨拶時に体調不良を訴えてテントに運ばれていく子どもたちがいました。

私もセミナーや講座で挨拶することはありますが、自分の挨拶は30秒ぐらいで終わります。

時代に合わせて「保護者のみなさん、先生方、児童のみなさん、くれぐれも体調不良には気を付けて、怪我なく楽しく頑張りましょうね。エイエイオー」なら10秒で済みます。

そして何よりも保護者や児童たちから圧倒的な承認欲求を得られると思います。あの長い挨拶ってつまり来賓のご年配の方々をターゲットとしたコピーライティングですよね。

ターゲット設定完全にミスってますよ。だって子どもたちと、保護者の方が多いんですから。

閉会式は息子が熱中症になってしまったので参加できませんでしたが、プログラムが午前中で終わっている低学年を、午後の閉会式まで残すとか・・・それはマジで見直したほうが良いと思います。

いま現在、小学生の子育てをしている世代の声を聞いてほしい

学校教育のことを発信すると必ず「私たちの時代はこうだったマウンティング」をしてくるヒトたちがいます。

そして、そういうヒトたちの中には「あれは良い思い出になったからやるべき」という自身の経験から話すヒトが出てきます。

そういうのは全無視で大丈夫です。知らんがなの一言で済みます。

今の時代でリアルタイムに子育てをしているヒトの声が大事です。

子どもたちは次の時代を作る投資先です。

変化することを取り入れてほしいし、例として「災害対策運動会」のような今の時代に必要なことをやってほしいんですよ。あと年間平均気温も上昇、紫外線も4月〜10月は強い、9月、10月は台風リスクもある。もうコレ、データで出てるんだから11月、12月開催で良いでしょ。

めっちゃ簡単な問題ですよ。

今の時期に強行するなら「本気の熱中症対策運動会」みたいなことをしたらいいと思う。

文句や不満、疑問が出るのは大体「それって今の時代に必要なの?」って思うところじゃないですか。それに対抗するんではなくて、じゃあどういうものが必要なの?って考えるのが良いと思いますが、いかがですか?

ヒガシーサーイラスト
ヒガシーサ
いま、子育てしているヒトタチの声が欲しい!

まとめ

運動会は不要、もしくは時期をズラして欲しいという意見が多数を占めました。私のTwitterフォロワーさんは子育て世代が多いので「子育て世代の生の声」でもあります。

育児経験もないヒトたちが、それっぽい場所でそれっぽい議論をかざしてる声ではないです。

なので真剣に子どもたちの運動会の是非を考えて欲しいなと思いますが、私たちの求めることは次の通りです。

  • データから11月、12月に行うのが合理的
  • 低学年はプログラムが終わったら帰っていい
  • 行進、挨拶は不要
  • 無くしてもいい

以上です。

関連記事

-健康

Copyright© ヒガシーサードットコム , 2019 All Rights Reserved.