「ニコン D5500 は初心者向け一眼レフとして最高な機種」

Nikon D5500 を使い続けて
一ヶ月が過ぎました。

D5500を使う前まで、
全くの初心者が購入するなら
D5500 よりも D5300 をおススメしてきました。

ただ、もしもプラス3万円を支払えるなら
D5500はあなたに最高の写真体験がもたらしてくれることを保証します。

この一眼レフは…
現時点で最も完成された
エントリークラス一眼レフの一つと言えるでしょう。

なんか今日の文章、変ですね(笑)
さぁいつも通り分かりやすくまとめていきますよ〜。

ニコン D5500 が最高の理由

d5500

  • 軽い、軽い
  • ホールディングが抜群
  • 高感度にめちゃ強い
  • バリアングル液晶(ニコン唯一)
  • タッチパネル搭載
  • タッチフォーカス採用
  • ローパスレス
  • 操作ボタンが割と多い(D3300と比べて)
  • エフェクト機能が豊富
  • 動画AFが追従してくれる
  • ニコンの豊富なレンズ資産を活用できる
  • シグマ、タムロンのサードパーティ性レンズが使える
  • 光学ファインダーはやっぱり素敵
  • AFが高速、正確
  • バッテリー持ちが良い(ミラーレスと比べて)

以上の15項目がおススメの理由です。

D5500は小さい、軽い

d5500

住宅、自動車、航空機など
に使用されているモノコック構造。

それを一眼レフに応用したのがニコンD5500です。

モノコック構造を採用したおかげで
堅牢性を保ちながら小型軽量を実現しています。

D5500は、基本性能こそD7100に劣りますが
バランスに優れた機種。

バリアングル液晶を搭載した
一眼レフとしては世界最小最軽量クラスです。

ホールディングは抜群

グリップ部分が数mm深くなっただけで
これだけ持ちやすさが変わるなんて…

D5500は、D5300と比べて
重要や大きさはそんなに変わりません。

しかしグリップ部分が深くなっていて
驚異的なホールディング性を実現しています。

特にメリットを感じるのは片手での撮影時。
子どもを抱えていても
縦構図が撮影できるのは大きな利点です。

D5500の高感度性能

noiz※ISO3200で撮影。クリックで拡大します。

所詮APS-Cサイズと侮るなかれ。
ISO感度3200までは、
ノイズがほとんど目立たない写真が撮れます。

キットレンズの18-55mmでも、
ほとんどのシーンで問題なく撮影できます。

APS-Cサイズ機が
ここまで高感度に強くなってるとは…

D5500はバリアングル液晶

バリアングル

ニコン一眼レフでは
唯一バリアングル液晶を搭載している D5000 シリーズ。

使う機会は少ないと思っていましたが、
あればあったで結構使えます。
記念写真や動画撮影に便利ですね。

D5500タッチパネル搭載

D5500から初めて搭載された
タッチパネル性能。

「タッチパネルなんて使わねーよ」

と思っていましたが、
あればあったで結構使えます(2度目)

タッチシャッターや
AFポイントをタッチで指定できるのは大きな魅力。

三脚を使って撮影する時など便利です。

D5500 タッチfn

タッチfn

光学ファインダーを覗きながら、
タッチパネルでAFポイントを指定する。

最初見た時は「なにコレ使わねーよ」と
思っていましたが…非常に使えます。

一度使ってみたら病み付きです。

D5500 ローパスレス

モアレを抑制できるというアレ。

このクラスに必要なのか疑問だけど、
ニコンAPS-Cサイズ一眼レフの
アドバンテージとなっているのは事実。

ローパスレスでも
ローパスフィルター搭載でも
ニコンの一眼レフはキレイに写りますけどね。

D5500は操作ボタンが割と多い

d5500

d5500

エントリークラスの悩みは操作性が悪い点。

D5500はニコン的にミドルクラスらしいけど、
エントリークラスとミドルクラスの中間機だと思う。

言うなればナイスミドル。

D7100ほどではないけど、
D3300よりはボタン操作が快適なD5500です。

エフェクト機能が豊富

d5500

トイカメラ風を使い倒しています。

カメラは何も
「見たまんまの風景を残す」
ことがいい写真になるわけではありません。

エフェクト効果をかけた写真を
部屋に飾るのが趣味な人もいるでしょう(ここに)

エフェクト効果のクオリティは
オリンパスやソニーには全然劣るけど、
なかなか雰囲気のある写真が撮れます。

HDRにも対応してる点も見逃せません。

D5500は動画AFが追従してくれる

ニコンの一眼レフ動画は期待してなかったけど、
この追従性ならそこそこ使えます。

三脚と外部マイクは必須ですけどね。

ニコンの豊富なレンズ群を活用できる

d5500レンズキット

当たり前ですが
ニコンの豊富なレンズ群を使うことができます。

D5500を語る上で
ニコンというメーカーであることは大きなメリットの一つ。

やっぱり一眼レフはレンズが大事ですからね。

D5500はサードパーティ製レンズが使える

タムロン16−300

ニコンD5300は、
シグマ製レンズのAFが使えない
症状がありました。

そのときは
すぐにシグマが対応してくれました。

D5500とシグマレンズは
今のところ不具合情報は出ていません。

サードパーティ製のレンズが
使える点は「ニコン」の大きなメリットです。

D5500は光学ファインダー

d55008

初心者にとってEVFは非常に便利なもの。

RX100M3や、
Panasonic LX100、
他ミラーレス一眼などはEVF(電子ビューファインダー)を搭載しています。

EVFのメリットは
視野率100%、WBやカメラの設定を表示できる、構図のレイアウトを表示したり非表示にしたりできる。

つまりシャッターを押す前に
「その設定で撮った結果」
がEVFで確認できます。

光学ファインダーは結果ではなく
プロセスが表示されます。

初心者にとっては
事前に撮った写真の出来がわかるので
EVFのほうが便利でしょう。

その代わりブラックアウト消失時間が
が長かったりします。

一眼レフは光学ファインダーだから良い!
と言うわけではないですが、
やっぱりシャッターを押した後、
ファインダー内で暗転しないことは大きなメリット。

常に被写体を追いながら
撮影できるのは光学ファインダーの大きなメリットです。

AFが高速で正確

d5500

現代のデジタル一眼レフは本当にすごい!
AFの高速性、正確性は素晴らしいものがあります。

素人が日常で使う分で
不足な点はひとつもない。

それぐらいAFは進化しています。

ミラーレスと比べてバッテリー持ちが良い

沖縄サッカーキャンプ

朝から夕方まで撮り続けても大丈夫!

小型軽量でありながら、
バッテリー持ちはなかなか良いです。
ミラーレス一眼と比べると差は結構ありますね。

と言ってもバッテリーは必ず2個以上持ち歩きましょう。

まとめ

d5500

ニコン D5500は初心者にとって
最高の一眼レフの一つ。

値段が高いのがネックですが
上記で紹介したメリットは大きい。

「D5300とどっちがおすすめなの?」

と言われたら、
価格の問題さえクリアできればD5500をおすすめします。

「いやーちょっと高いなぁ」

と躊躇した場合はD5300でも十分です。
カメラの基本性能はあまり変わりませんからね。

あくまでも素人ながら
D5500 一ヶ月使用で感じたことをまとめてみました。

聞きたいことや気になる点がございましたら、
コメント欄に記載して頂けると嬉しいです。

Nikon D5500 キットレンズ 限定一台 78,800円 LINE MALL にて中古出品中!