オキナワ。勝連半島のさきっちょにあるアメリカ軍基地「ホワイト・ビーチ」のオープンゲートに行ってきました。今回は隣接している海上自衛隊との合同イベントで、自衛隊の展示やイベントが行われました。

「えっ?米軍基地のなかに海上自衛隊があるの?」

「よく分からんけど隣接してるんだよ」

「じゃあ米軍主催と海上自衛隊の合同と2種類あるってこと?」

「多分そんな感じ」

というわけで、いつもの基地内フェスティバルって感じではなかったけど、自衛隊の海上不発弾処理のパフォーマンスに子ども達は大喜び!

地元のベテランは、フードコート内のコンビニでアメリカ製品を買えるだけ買って(1人2個まで)そそくさと帰っていく姿も多く見られました。

ホワイトビーチ オープンゲートの様子

今回は、海上自衛隊がゲート前のチェックや、駐車場の案内をしてくれて分かりやすかった。やっぱ自衛隊の方々はシャキッとして、声も大きいし、やさしいし、カッコいい大人の見本ですね。

駐車場から降りると自衛隊の軍事車両の展示があり、中に乗り込んで写真撮影できたりします

しかし、地元ピーポーが目指すのは、まずフードコートです。

「ハンバーガー」

「ハンバーガー」

やっぱりホワイトビーチと言えばフードコートのハンバーガーなんです。

基地内はドルしか使えませんが、フードコートが入っているビルにはゲームルームで両替できます。ちなみにゲームルームはカジノです。

「カジノって日本の法律では禁止じゃないの?」

「ここアメリカです」

※飲食店はクレジットカードが使えます。

アメリカンなハンバーガーです。うまい。

腹ごしらえのあとは、基地内コンビニでアメリカ製品を安く購入(1人2個まで)

おばあの家を思いだすな〜。

ってなわけでこちらをゲット。

その後はなにやら外が騒がしくなってきたので、行ってみました。

DJ自衛隊「いまから不発弾の爆破を行います。一番元気がいい人に起爆スイッチを押してもらいます!」

子どもたち「はーい!はーい!はーい!」

DJ自衛隊「みんな元気なので、じゃんけんにしまーす。じゃーんけーん」

みたいな感じで不発弾処理の実演パフォーマンスが行われました。

この「ゆるかわ不発弾」が爆破されます。

スイッチオン【動画】

イイネ!

自衛隊がこうして日々命をかけて海の安全を守っていると思うと、安心しますね。

というわけでハンバーガー食べたし、買うものかったし、さっ帰ろ。

ホワイトビーチ小話

沖縄県内には多くの米軍施設がありますが、このホワイトビーチは間違いなくトップクラスの重要な施設だそうです。この基地は、原子力潜水艦の受け入れも可能で、有事の際は空母なども寄港可能。

アフガニスタン・イラク戦争へ派遣される軍艦は、基本的にアメリカから一度ホワイトビーチに寄航し、隊員の健康管理やエネルギー補給などを行っていました。

また、勝連半島の先端部は産業がほとんどないので、米軍基地に土地を提供している地権者の方々の重要な資金源となっています。小学校なんかは給食費6割補助とかもあるみたいですね。

まとめ

暑かった。とにかく暑かったです。今回は海上自衛隊がメインでしたけど、毎年大きく開催されるホワイトビーチフェスティバルだと、軍艦に搭乗できたり、イベントがあったりとかなり盛り上がります。

息子も疲れて寝ちゃいました。

地元のベテランピーポー達は、今回のような小さなイベントだと「コンビニでなんか買って帰る」というのが定番。僕たちもそれに従ってハンバーガー食べて、オレオ買ってすぐに帰ってきちゃいました。

イベント関係者の皆さんお疲れ様でした。楽しかったですよ〜!

撮影機材:SONY RX100