ブロガーとライターってなにが違うの?

よく聞かれますが、全然違います。

まずわたしの場合はブロガーから始まって、いまはライターのお仕事をさせて頂いてますが、好き勝手に記事を書けるブログと、依頼を受けてお金を頂きながら求められてるコンテンツを仕上げるライターのお仕事は全然違います。

両方やってみて分かったのが・・・わたしはライターに向いてないってこと。

というよりも才能及ばずという表現が正しい。ライターさんってほんとすごいわ。

ライターのお仕事プロセス

work

ブログとライターのお仕事が大きく違うのは、まず関わってる人の数が圧倒的に違う点ですね。

ライティングのお仕事は、企業など第三者から依頼を受けて記事を書きます。例外もありますが、多くの場合「指定された記事」を「求められているクオリティ」で納品をしなければいけません。

それに納品した記事は「編集者」の校正・校閲が入り、最終的に編集部のGOサインが出てからネット上にアップされます。

質の高い記事を求めつつも、まず第一に依頼者の意向に沿った記事であることが前提です。そこに書き手のキャラクターは必要ありません。

ブロガーのお仕事プロセス

プロブロガー

わたしはブロガーなので記事のアップまでに相当な工数を設けてます。

というのは嘘です。

書く→アップする→やべっ間違えた→修正してアップする→時期を見て適当に再編集する。

みたいな感じです。

ライターさんのお仕事プロセスとは全く違いますよね。ブログは思ったことをすぐにネット上に出せる「スピード感」が強みです。

ライターはプロの文章を書く仕事

work

わたしはライターさんをほんとに尊敬します。ブログもライターも両方経験して、文章はむずかしいと気付きました。

ブログなんて気軽なもんですよ。

でもブロガーもすごいところはあります。そもそもブロガーって言葉が間延びしてて気持ちのいいものではないけれど、ブロガーって基本的には自分の人生のジャーナリストですよね。※日本におけるジャーナリストの定義は確立されていない。この場合は自分というメディアを通して情報を発信するという意味合いで使わせてもらってます。

自分が想い伝えたいことを、誰に頼まれてるわけでもないのに公表する。追及する。

もちろん対価は求めるけど、先に報酬をもらえるわけではなく、自分のジャーナリズムに価値が生まれたあとに報酬が発生します。

ライターさんは文章のプロ。それはもうブロガーが足元にも及ばないほど洗練された文章を書けます。

ブロガーは文章の素人だが、だれに褒められるわけでも、お金をもらえるわけでもないのに情報を発信する。変な人たちです。

ライターのお仕事 週刊ファミマガ

ファミマガ

そんな冴えないブロガーが、ありがたいことに週刊ファミマガで記事を書かせて頂いてます。

最新記事は沖縄の愛すべき黄色いカレーについてまとめました。

ドライブインレストランはみんなが書いてるけど、沖縄県民が愛するメニューは「黄色いカレー」です。県民らしく県民性を出しながら納品しました。沖縄の黄色いカレーを応援する記事なのでぜひ!

今も昔も変わらない定番の旨さ!あの黄色いカレーを味わえる3つのドライブインレストラン|沖縄ファミリーマート

記事一覧

以下は私が執筆させていただいた記事一覧です。

あれもこれも沖縄だけ?意外と知られていない沖縄限定販売のアイスクリームまとめ|沖縄ファミリーマート

楽しめる秘密が盛りだくさん!親子で楽しめる沖縄の動物園「こどもの国」7つのミドコロ|沖縄ファミリーマート

コンビニの和菓子ってどうなの?みたらし、わらびもち、白玉ぜんざい..沖縄ファミマの和スイーツを食レポ!|沖縄ファミリーマート

まとめ

ライターのお仕事はむずかしい。ブログもライターも、「書くこと」がお仕事ですが、全然違う仕事ですなってことを学んでいます。

ライターさんは文章のプロ。ブロガーは気軽な自分ジャーナリスト。そんなイメージに着地しました。あなたはどう違うと思いますか?

どちらにしても、初心者ライターのヒガシーサーも応援して頂けると嬉しいです!

週刊ファミマガはコチラ→沖縄ファミリーマート|沖縄のコンビニエンスストア