FUJIFILM X-T10 が5月18日に発表されるそうです。

富士フイルム X-T10 は、X-T1の廉価版モデルとなるそうでね。実売価格予想は7万円前後とされていますが、仮に7万円前後で発売されたら大ヒットしそうですね。

というわけで、今回は現時点で分かっている X-T10 の情報をまとめていきます。

X-T10のスペック噂

x-t10
photo by :Fuji Rumors

X-T10のリークされた情報では

  • XCレンズのキットレンズ
  • EVFはX-E2と同じ大きさ
  • フラッシュ内蔵
  • ISOダイアルが搭載されていない

防塵防滴なし、EVFのグレードダウン、プラボディ。X-T1と比べてかなり省略した機種となりそうですね。ただ、X-T1には手が出せないライトユーザーにとっては十分魅力的なエントリー機種となりそうです。

最近FUJIの色表現に心を奪われまくってるので、このタイミングでX-T10が出てくるなんて…ぐぅぅ買えと言ってるのか?

greenfiddlerさん、どうしましょう(笑)

X-E2とどちらがおすすめか?

迷いますよね。X-E2の中古価格帯は6万円前後ですから、X-T10の登場でどう崩れていくのか楽しみです。

また、キャッシュバックがあれば X-E2 も狙い目かも。

XCキットレンズは?

X-T10のXCキットレンズが何になるか楽しみですね。個人的には XC の 35mm F1.8 が出て欲しいんだけど、やっぱりXFレンズを買うしかないんでしょうか?

望み薄ですが…期待して待ちたいと思います。

あとがき 時代はミラーレス?

最近、沖縄のリザンシーパークホテルに泊まってきたんですが、観光客の皆さん8割以上ミラーレス一眼でしたね。

1年前はここまで極端ではなかったんですが、中国の方ですらミラーレスを持っていたのが意外でした。去年まで5D、D800に高級レンズぶら下げている中国の方が多かったのに…今年に入ってからミラーレスが極端に多い。

もちろんニコキヤノ一眼レフを持ち歩いてる方もいたけど、ぐっと少数になっていました。

日本の観光客、ヨーロッパの観光客の方はソニー率が高かったですね。FUJIを持ち歩いてる方は、今回見かけることはなかったけど、もう時代はミラーレスだなって確信しました。

カメラ好きにとって外国の方がどのメーカーを使ってるのか見るのって楽しいんですよね(笑)

ということで FUJI X-T10 とても楽しみです。

ソース:Fuji Rumors