FUJIFILMのXシリーズに首ったけなヒガシーサーです。

FUJIのミラーレス一眼の特徴といえば、やっぱりJpegの色です。ポジフイルムを忠実に再現したあの色はFUJIにしか出せない色と言われていますね。

特にX100Tは海外のファッションアイコンが好んで使っている印象があります。

Falling in love with #Portland. Checked out the Pittock Mansion & the incredible view it boasts…(look in the reflection)

Adam Gallagherさん(@iamgalla)が投稿した写真 –

ぐぅぅ渋い。iamgallaさんのファッションは今の時代のフォトグラファーの理想です。そういうファッション的な面から言ってもFuji機は魅力的なんです。

FUJIFILMメーカー製カメラの特徴

カメラ初心者の比嘉さん
FUJIFILMのカメラってどんな特徴があるんですか?
NYのアイさん
色のFUJIと言われるほどJpeg出しの発色が美しいわね。それと美しいデザインが女性にも人気よ。

FUJIFILMはデジタルカメラの販売台数シェアが一桁台ながらも、発色の良さなどからコアなファンも多くいるメーカーです。

フィルムメーカーならではの色のこだわりがあり、正確な色の再現以上に記憶色の再現に力を入れています。そのため、青や緑はより鮮やかに、肌色は少し赤味がかった健康的な色になり、見る人に「キレイ!」と感じさせる写真になります。

また、クラッシックカメラのような外観で、持ち歩くのが楽しくなるカメラです。オシャレなデザインで、女性にも人気ですね。エアリーフォトで有名な山本まりこさんも愛用しています。

カメラの性能や機能以上に、このデザインに惹かれて購入する人もいるほどです。

他社と比べて弱点は?

カメラマニアの大城さん
一眼レフと比べるとオートフォーカスの速度と精度が劣る。

FUJIFILMのカメラはオートフォーカスの性能の弱さを指摘されることがよくあります。このブログによくコメントを頂くXユーザーの方も、そこを強くご指摘されていました。

FUJIFILMのカメラは全体的に、オートフォーカス速度が遅く、また迷うことも多くあるようです。

風景や物などの静物撮影ならそれほど気にならないレベルですが、動きの速い被写体には苦労するようです。最近発売された8万円台のカメラ、X-T10ではオートフォーカ性能が向上し、オートフォーカス速度0.06秒を実現しています。

ソニーのα6000は5万円弱のミラーレスカメラですが、179点もの測距点を持ち、オートフォーカス速度0.06秒を実現していて、求めるものが違うとはいえAFにはまだまだ差があります。

レンズはどうなの?

カメラ初心者の比嘉さん
カメラはレンズが大事って言われますけどFujiのレンズはどうなんですか?
NYのアイさん
レンズも素晴らしいものが揃ってるわ。コスパは良くないけど、好みのレンズを見つけると自己満足は計り知れないわね。

FUJIFILMカメラのフジノンレンズは優れた描写に定評があります。レンズの数自体は少ないですが、すべてのレンズがよく作り込まれています。

色のにじみや歪み、反射を抑え、シャープで美しい写真を撮影できるそうです。フジノンレンズは高い性能と実力から、国内外様々な賞を受賞していますね。

NYのアイさん
とは言っても、他者の評価よりもあなたの好みで選ぶことの方が100倍大事よ。

動画はどうなの?

NYのアイさん
パナソニックやソニーと比べると動画は明らかに苦手ね。

FUJIFILMのミラーレスではフルHD動画撮影が可能です。X-T10では、アルゴリズムの最適化により、動画撮影中のAFがより自然でスムーズになっているそうです。

FUJIFILMのデジタルカメラは、このメーカーならではの美しい発色が強みです。カメラとすばらしいレンズのおかげで、初心者でも鮮やかでキレイな写真を撮ることができます。それに、フィルムカメラっぽデザインも特徴です。こんなカメラ、持っているだけでオシャレに見えそうですね。

カメラ初心者の比嘉さん
おすすめの機種とかもあるんでしょうか?

FUJIFILM X100T

NYのアイさん
カメラをファッションとしても楽しみたい人にはX100Tの単焦点コンデジをおすすめするわ。
カメラ初心者の比嘉さん
単焦点コンデジってなんですか?

FUJIFILM X100Tはズームが出来ない単焦点レンズを装備した、高級コンパクトデジタルカメラです。持ち歩くのが楽しくなる、クラッシックでオシャレなデザインは魅力的。

また富士フイルム独自の技術、「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」が装備されており、光学ファインダーの良さと電子ビューファインダーの良さを味わうことができます。

外観は古風ながらも、しっかり現代のライフスタイルにマッチした技術も搭載されており、撮った写真をメールやSNSですぐに共有することもできます。

X100Tの尖った性能

NYのアイさん
X100Tが歴史に残る名機と言われてるのも、アドバンスト・ハイブリッドビューファインダーが搭載されているからとも言われているわ。

FUJIFILM X100Tには、「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」が装備されています。「ハイブリッドビューファインダー」とは、富士フイルム独自の光学ファインダーと電子ビューファインダーを融合させた技術です。

この技術により、レンズを通して直接ファインダーから見える画像に、液晶パネルの電子的な映像を重ねて表示することができます。

また、ファインダー内に液晶パネルの映像のみ表示するように切り替えることもできます。この技術はX100Sにも搭載されていました。

X100Tではこの技術がさらに進化した、光学ファインダー内にピントエリアのデジタル映像を拡大表示できる機能を搭載しています。このことにより、光学ファインダー使用時の、ピント合わせを正確に行うことができます。

NYのアイさん
このファインダー性能は体験してみないと分からないはずよ。まずは店頭に行ってファインダーを覗いてほしいわね。

デザインが美しい

カメラ初心者の比嘉さん
ぶっちゃけデザインだけで欲しいと思いました。
NYのアイさん
そうね、世界トップクラスのファッションブロガーのiamgallaさんも愛用しているわ。ニューヨーカーにはぴったりね。

I don't pop molly, I rock @tomford ✔️ #Ibiza

Adam Gallagherさん(@iamgalla)が投稿した写真 –

X100Tのデザインに惚れ込んで購入した人はたくさんいます。

X100TはX100Sのデザインを踏襲していますが、さらに高級感が増しており、所有欲を満足させる一台です。純正のアクセサリーもオシャレな物が用意されており、使い込むほどにさらに愛着が増すこと間違いなしのカメラ。

単焦点レンズのメリットデメリット

カメラ初心者の比嘉さん
単焦点レンズってズームが出来ないんですよね。初心者でも大丈夫でしょうか?
NYのアイさん
むしろ初心者の方こそ単焦点がおすすめよ。ズームが出来ない分、構図や被写体との距離を自分で考えなければいけないの。上達には一番の近道よ。

FUJIFILM X100Tはコンパクトデジタルカメラとしては珍しく、ズームレンズではなく単焦点レンズを装備しています。

単焦点ならではの明るいレンズで、このカメラで、背景を大きくぼかしてふわっとした写真を撮ったり、逆に絞り込んで隅々までシャープな写真を撮ることもできます。

23mm f2.0は35mm判換算で35mm前後と準広角の焦点距離なので、風景からスナップまで幅広くこなすことができます。

ただズームがきかないので、被写体を大きく写したり小さく写したりするには、自分の足で動いて調整する必要があります。物や風景を撮影するときはそれほど問題はありませんが、動き回る子どもを撮影する場合などは結構苦労するかもしれません。

X100Tまとめ

FUJIFILM X100Tは、クラッシックなボディに最新の技術が搭載されたカメラ。2014年に発売されたコンデジなので最新ではないですが、それでもあと5年は戦えるでしょう。

富士フイルムならではの美しい色の写真を撮れるのはもちろんのこと、フルHD動画を撮影することもできます。ズームレンズではなく単焦点レンズ搭載というのは万人向けではないかもしれませんが、このレンズだからこそ表現できるものがあるんだよね。

カメラ初心者の比嘉さん
見やすいファインダー、美しいJpeg出し、明るい単焦点レンズ、そして美しいデザイン。X100Tは所有欲が満たされそうなカメラですね。