はいさい八重岳の桜まつりは、毎年の恒例イベント@higashisaです。

八重岳 桜まつりは今日から開催予定ですね。今年は例年より気温が高い日もあれば、寒い日もあり、なんだかわけの分からない天気ですが、自然界では「そろそろ春ですぞー」と時間通りに春は訪れてくれているそうです。

今回は、日本一早い花見ができる沖縄で、当てる時期が難しい八重岳の桜まつりを10倍楽しむ5か条を紹介します。

八重岳の桜まつりを楽しむための5か条

開花情報をしっかりリサーチしておく事

桜まつりで最も重要な情報が「今、何分咲き?」ということ。

以前僕は豊見城に住んでいました。その豊見城から八重岳までは100km以上のハードな道のり。それでも八重岳の桜は見たい!ということで100kmの道のりを何のリサーチ無しに行った経験があります。その結果・・・3分咲き・・・なんか枯れた木がいっぱい並んでいるという悲しい状況になりました。

100kmの疲労もあって、失神寸前になりましたよ。

その経験から、絶対に絶対に「開花情報はリサーチしてから」というのが我が家では鉄の掟となりましたとさ。

八重岳桜まつり開花情報:本部町

トイレは本部町に入る前に済ませておく

子どもと女性は大事です!

八重岳にもトイレはありますが、やはりこの時期ですから衛生面や寒さが気になります。特にお子様連れの場合は、トイレが近いですから本部町に入る前に(入ったあとも)コンビニでトイレをお借りする意識は常に持っておきましょう。

その際はなにかひとつだけでも買い物してね。

土日でもAM10:30までに名護入りすれば渋滞無し

沖縄県のファミリーはなかなか朝が苦手なようで、午前中の早い時間帯に名護に入る事ができればそれほど渋滞がありません。ただ、午後を過ぎると地獄の渋滞にはまります。

帰る時間も4時前までに許田まで行けば渋滞はほとんどありません。帰り道に反対道路の渋滞を見て勝ち誇りましょう!

 

昼食は道沿いならフリッパーか、山原そばがオススメ

frippaer

名護や北部はグルメなお店が多いので、オススメは沢山あるんですが、今回は「八重岳に向かう道」を考慮して考えました。

フリッパーは58号線から本部向けに直進すれば左手に見えてくるステーキハウス。ここは沖縄でも昔から有名で、今では観光客の方に大人気。詳細記事はこちらに載せてあります。

フリッパー:沖縄エクストリーム

 

山原そばは、言わずもがなの沖縄そばの名店。売り切れ次第終了というシビアなルールは、お昼頃には超行列を生み出してくれます。11:00から開店しているので、10:30までに名護に着いていれば丁度良い時間帯ですね。

※ソーキは日によってコンディションが違うので、良い日当たればラッキー。

山原そば:食べログ

 

Bプラン、Cプランを用意しておく

北部遠征では必須!必ずBプランとCプランを用意しておきましょう。八重岳の桜まつりでよく体験することは

・天気が悪い

・桜がまだ咲いていない(散っていた)

こと。そうなると美ら海に行くか、それとも名護城趾で桜を見るか、今帰仁城趾で桜を見るか・・・などのプランも考えておくことをオススメします。

大事なのはがっかりしないように準備しておく事です。

 

第35回八重岳桜まつりは1月19日から2月3日まで

本部町主催の八重岳桜まつりは今日から2月3日まで開催しています。開催期間中は夜桜も楽しめる様になっていて、夜に行くのもいいかもしれません。

桜まつりの開催情報は本部町のホームページで随時更新されています。

本部町ホームページはこちら