風景写真には人工物や三悪(電線、コンクリ、ガードレール)が写るとあまりよろしくないと言われています。

夕焼けや朝焼けの撮影には、三脚が必須ですが、この写真は手持ち撮影なので細かいところで手ブレが起きちゃってます(笑)

撮影した写真のように「あっきれいな夕焼け」と思ってカメラを構えても、僕みたいな素人はイイ写真を残せません。風景写真には多くの準備が必要だからです。

プロのカメラマンのすごいところは、どんなに準備が少なくてもキレイな風景を写すことができます。やはり経験と知識の差なんだろうな〜と思います。

夕焼けってきれいですが撮影者の技術がモロに出ちゃいますね。沖縄は三悪要素が写りやすいので、それを画にするテクニックは僕にはないことに気づかされます(笑)

コンデジで撮影したシーサーと夕焼け

RX100で撮影した夕焼けです。三悪を極力排除してズーミングするとこんな感じになりました。

上の電線写真よりは分かりやすくていいかなって思いますが、RX100と言えど、やっぱり一眼レフとシンデレラレンズには適わないなという印象でした。

写真は引き算と言われるけど、なかなか難しいですね。