ハワイ子連れ旅本+写真集を作っています。

やれることは全部やるつもりでクラウドファンディングに挑戦していますが、いま私が挑戦しているプロジェクトの目的はコレ。

『新しい家族旅行のスタイルを作りたい』

消費目的、過密スケジュール前提のハワイ旅行なんて、全然楽しくないから、ブロガーらしく家族旅行を発信しながら楽しみたい。

ということでスライド作ってみたよ。こういうの作れば作るほど集まらない気もするけどな(笑)

子連れハワイ旅を発信する

企業向けのスライドってことで、リターンするメリット重視で作っています。

支援・スポンサーのメリット

hawaii

電子書籍と写真集のスペシャルサポーターページにお名前、企業名を掲載します。タイアップ記事リターンも用意しています。

子連れハワイ旅に関連するサービスや企業の紹介を、ブログ、Twitter、メールマガジンを使って発信する予定です。

発信しながら旅行を楽しむのは常識ですよね。きれいな写真を撮って、体験談をコンテンツにして電子書籍にまとめていきます。

ただ、ブロガーがやってる発信方法はSNSでシェアするだけではないので、その方法や手順も書籍の中で紹介します。

ヒガシーサーの特徴

子連れハワイ

2013年に2ヶ月間子連れハワイ旅行を経験済み。子連れ旅行の大変さ、トラブル、現地での生活をすでに体験しているので、今度は子供が二人に増えてからの体験をしてきます。

初回の子連れ滞在の際にタイムシェアも購入しているので、後悔話やメリットもまとめていきます。

なぜ子連れハワイをコンテンツにするの?

子連れハワイ

時代が変わりライフスタイルも変化しているのに、なぜ消費目的の過密スケジュール旅行の情報しかないのか疑問。これからは家族で長期滞在する旅行スタイルが一般化すると思うので、筆者の体験談を元にハワイ旅行の新しい楽しみ方、暮らし方を発信したい。

評価経済で個人の体験談が信頼される理由

子連れハワイ

Welq事件やステマ問題、スマホの広告ブロックアプリが有料ランキング1位。いまや企業の広告露出はネットでウザい扱いをされてるのかな?

ツイッター広告もインスタ広告もフェイスブック広告も、企業の宣伝なんて見ませんもんね。やっぱり参考にするのは『体験談』が多い。

知らない誰かより、知ってる誰かの体験談を信頼する。

そんな状況がこれからどんどん増えていくと予想しています。

既存メディア、既存媒体のマンネリ感

子連れハワイ

消費目的の旅コンテンツはライフスタイルに合わなくなっているため、マンネリや倦怠感を感じます。企業メディアは素晴らしいコンテンツが多いと思いますが、個人の体験談とは性質が違います。

個人の体験談はとてもナチュラルに信用できてしまう。評価経済はもう始まっているので、個人発信者にファンが集まる時代です。

新しい子連れハワイ旅を提案したい

子連れハワイ旅

2週間以上のゆったりとした家族旅行。消費ではなく体験や滞在そのものを楽しむ旅行スタイル。

今や誰でも体験をシェアしているので、電子書籍、写真集、ブログのツールを活用して、ブロガーとしてできる発信をしていきたい。

まとめ

hawaii

私も沖縄でクラファンイベントに登壇したりしていますが、プロジェクトが成功するかどうかは『運』の要素も大きいかと。今は若干『クラファンに慣れた感』が漂っていて、なかなか支援額が集まりにくくなっていると感じます。

みんな忙しいもんね。でもやれることは全部やろう。応援よろしくお願いします。