lx9

おすすめカメラ

コンデジ おすすめランキング!iPhone画質を超えるカメラ限定5選

更新日:

コンデジを選ぶメリットってあるの?iPhoneがこんなにすごいのに

今年も多くの一眼レフやミラーレス一眼が発売されました。色んなカメラが市場に溢れているけど、これからカメラを始めたい初心者さんが買うべきは「レンズ一体型カメラ」です。

一般的に「コンデジ」と言われてるジャンルですが、その性能や画質を考えると今までのコンデジレベルを大きく超えてます。というわけで、早速おすすめランキングの発表です。

筆者が最もオススメするコンパクトデジタルカメラは LUMIX LX9 です。かれこれ1年以上も愛用しています。1インチセンサー、マクロ性能、ポケットに収まるコンパクト性、デザインなどバランスに優れた製品です。弱点は動画の手ぶれ補正ですが、コンデジを快適に使うための必須アイテム「ミニ三脚」を利用すれば解決できます。

created by Rinker
マンフロット
¥1,950 (2018/09/23 09:33:40時点 Amazon調べ-詳細)

コンデジランキングを発表する前に iPhone すごいなっていう話をしますね。

iPhoneカメラ最強説

そもそも論として「iPhoneカメラ最強説」があります。iPhoneがあればカメラなんていらないっていう話ですね。いろんなカメラを使ってきたからこそ断言できるんですが、iPhone最強説は…限りなく本当です。

iPhone 4s で撮ったこの写真を超えなければ、コンデジを買う必要性はゼロです。

iphonecam

iphonecamera

iphonecam

iphone4s

iPhone 4s ですからねコレ。この写真は超えなきゃいけないという前提条件があります。ちなみに iPhone X のカメラはもっとすごいです。

iPhonex

iPhone X で撮影した写真

iphonex

iPhone X

iPhone6mm

iPhoneX

カメラにはプロ向け、エンスー向け(マニア向け)と製品ターゲットは色々ありますが、私が紹介したいのは「家族の写真をメインに撮る一般人向け」です。

日常使いに向いていて、iPhoneでは撮れない写真が撮れること。それがコンデジ選びの基準となります。

パナソニック LUMIXシリーズ

lx9

今まで使用してきたコンデジの中で、一番ユーザーのことを考えて作られてると感じるのがパナソニックです。もうダントツと言っていいほど。

筆者が名カメラと位置づけている「LX100」は1280万画素(比較的少ない理想的な画素数)、高速AF、大型センサー(マイクロフォーサーズ)、F2.8通しのレンズ(高級レンズの類)、4K動画、操作性の全てにおいて高次元でまとまっているカメラです。なぜか人気がなく今は価格が下がっていますが、コンデジとしての完成度で選ぶなら史上最高だと思います。2018年度以降に後継機が発表されるのを心待ちにしている機種です。

現在愛用しているのは LX9 というカメラです。筆者はこのコンデジに出会ってからは一眼カメラを外に持ち出すことが少なくなりました。ちなみにこのカメラがきっかけで以下の本も出版しています。

ズームできる距離が長いTXシリーズも素晴らしいです。

Canon PowerShotシリーズ

PowerShot G5X G9X

キヤノンは1インチセンサーを搭載した PowerShot Gシリーズ が人気。私もいくつかレビューしています。

最新機種はAPS-Cサイズセンサーを搭載したG1XMarkIIIですが、万能機種として活躍できるのは G7Xシリーズ でしょう。価格も手頃でズーム領域もRX100シリーズより望遠なので便利ですね。それでいて価格も安いのだから、これは万人にオススメできるコンデジです。

2018年度に G7X MarkII 後継機が発表されるという噂があります。

ソニー RXシリーズ

言わずもがな RX100 シリーズが人気です。このカメラは本当に素晴らしいコンデジで、RX100が登場してから高級コンデジ市場が生まれたと言っても過言ではないくらい。筆者も2012年に初めてRX100に触れてからは、ずっとコンデジの虜になっています。

参考記事:一眼レフユーザーが 高級コンデジ ソニー RX100 を購入するまでの経緯

ただ最近はコンデジとしてのコンセプトは超高級路線です。10万円を超えるRX100M4、RX100M5やRX10M2、そして高画素モデルに移行し始めたRX1シリーズなど。初代RX100は5万円前後で購入できた神機でしたが、いまはカメラに10万円出しても惜しくないスペック重視のマニア向けの製品になってしまいましたね。

最新機種はRX100M5A、RX100M6となっています。

FUJIFILM

x70

FUJIFILMはLUMIX、PowerShot、RX100シリーズと比べて知名度は劣りますが、実はカメラ好きの間ではとても人気の高いメーカーさんです。一度FUJIのカメラを使うと決して完治することがない「FUJIの病」を発病するという曰く付きです(笑)

筆者は FUJIFILM X70 というズームが出来ないコンデジを愛用していました。

x70

x70

こうした雰囲気のある写真を撮れるのがFUJIFILMのカメラの魅力です。現在、X70は廃盤となっているので最新機種はX100FとXF10の2機種になっています。以前にはXQ2という名機がありましたが、コチラも現在は販売されておりません。

確実に iPhone を超える画質を手に入れたいならFUJIFILMのカメラをオススメします。

created by Rinker
富士フイルム
¥45,772 (2018/09/23 09:33:42時点 Amazon調べ-詳細)

参考記事:フジフイルム X70 総まとめ 一番の魅力とデメリットは?作例多数

ニコンのコンデジ

p900

ニコンのコンデジは「COOLPIX」というシリーズで色々展開されています。1インチシリーズとしては発売が期待されていた「DLシリーズ」がありましたが、度重なる災害やニーズ不足からか開発段階で発売中止となってしまいました(まじで残念)。

そのため現在のシリーズでLX、PowerShot G7X、RX100シリーズと比較検討できるようなカメラはありません。そのかわり唯一無二の飛び道具「COOLPIX P900」があります。このカメラは笑っちゃうほど望遠ズームが効くので面白さという意味では群を抜きます。だってこんな写真が撮れちゃうんですよ。

8000mm

P900の超望遠レンズで撮影した写真

天体望遠鏡かよw

そしてこのカメラの後継機「P1000」が2018年に登場すると噂されています。楽しみw

参考記事:ニコン P900 評判は? 嘉手納基地丸見え12枚の静止画と1本の動画で分かった光学83倍の恐ろしさ!

ペンタックス・リコー

gr

名器GRシリーズがあります。小さくて軽い単焦点コンデジの代表格ですね。単焦点コンデジとはズームが出来ないコンデジのことです。

子連れの日常使いには全く向かないけど、作品撮りには最高のコンデジかもしれません。私は GR をお借りしたことがあるんですが、ポケットに入りそうなくらいコンパクトなのに美しい写真が撮れて驚きました。

シグマ dp Quattroシリーズ

sigmadp0quattro

シグマ DP Quattoro シリーズは完全にマニア向けの製品です。筆者も超広角レンズが搭載されたものを利用しましたが、ほとんど使いこなせませんでした。でも写りはすごいものがありましたね。特にモノクロ描写がかっこよかったです。

sigmadp0quattro

sigmadp0quattro

sigmadp0quattro

sigmadp0quattro

dp0

参考記事:SIGMA dp0 Quattro 沖縄モノクロ写真 やっぱりすごかった

おすすめコンデジ

はい、というわけでiPhoneカメラと比べて、写りが良いおすすめコンデジをまとめていきましょう。ランキング形式ではありますが、あくまでもヒガシーサーの主観なのであしからずー。あなたのライフスタイルにもっとも適したカメラを選んでください。

  1. Panasonic LUMIX LX9
  2. Canon PowerShot G7X MarkII(後継機期待)
  3. Panasonic LUMIX LX100(後継機期待)
  4. Nikon COOLPIX P900(後継機期待)
  5. SONY RX100M2(最もバランスが良い)

色々使ってきてのまとめが上記のランキングとなります。やっぱりコンデジの魅力は「ポケットに収まる」ところだと思うので1位と2位は万能機種を選んでいます。
LX100は主観も入ってますが、もし後継機が登場するなら興奮するくらい良いカメラです。もちろん今でもLX100は名機ですが、カメラマニア的には少し古いので3位です。一般的には全く不満点はないでしょう。
P900は完全に遊び道具として。特にお子さんがいらっしゃる家庭だと気軽に星空観察ができたり、満月の撮影ができるので子供とのコミュニケーションになるでしょう。とにかく面白いカメラなのでP1000に期待です。
高級コンデジの代名詞であるRX100シリーズは私の中でもう一般向けのイメージはありません。かろうじてRX100M2までがコンデジとしてのバランスに優れた機種でした。初代RX100、RX100M2はズーム領域も理想的で価格も手頃な良いカメラでした。

ヒガシーサーの考える理想のコンパクトデジタルカメラ

ぬちまーす

ヒガシーサーが考える理想のコンデジは「フルオート」「ポケットに収まる」「価格が手頃」のカメラです。その理想を叶えるカメラはいまのところ LX9、G7Xシリーズ の二択だけですね。

まずそもそもコンデジという前提があるので、10万円以上もするカメラは筆者のライフスタイルには向いてません。2013年までは5万を超えたら高級コンデジという印象でしたが、最近は10万円がラインになってる気もします(おかしい)。

スマホのカメラは今後もどんどん進化していきます。以前記事にしたように、スマホカメラのレンズは1つから2つ、2つから3つ、3つから4つと増えていくのは確実です。

参考記事:Light L16 センサーを足し算するという発想が魅力的なコンデジ

今後、コンデジは要らない未来が来るのは確実ですが、それでも写真や動画に特化したカメラはとても楽しい製品です。その楽しみはまだスマホにはなくて、カメラだけが持つ特徴でしょう。そして、現在ヒガシーサーがコンデジの魅力が詰まっていると思うカメラが LUMIX LX9 と PowerShot G7X シリーズなのです。

この記事があなたのコンデジ選びの参考になれば幸いです。

広告アドセンス336

広告アドセンス336

-おすすめカメラ

Copyright© ヒガシーサーのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.