photobloggers

おすすめカメラ

絶対失敗しない一眼レフカメラおすすめはコレ!2018年最新機種まとめ

更新日:

【2018年8月更新】本記事はヒガシーサーが各メーカーの一眼レフやミラーレスカメラを試用してみて感じた感想をまとめ、初心者さんに最適なカメラはどれかな?と考察をまとめた記事です。内容はザックリ次のとおりです。

ざっくり

  • 初心者に最適な一眼レフとは
  • カメラメーカーごとの特徴
  • ミラーレスと一眼レフの違い

以上のことをまとめています。また、このブログには次のような質問がよく届きます。

初心者さん
初心者さん
「一眼レフってどうやって選べばいいの?」

世の中に沢山のカメラ情報サイトがあるにも関わらず、コメントやLINE@、ツイッター、DMなどで毎週のように同じ質問を受けてます。それだけではなく、読者1600名以上のメールマガジンで実施したアンケートでは、200名以上の方がカメラ選びで悩んでるとの回答を頂きました。

本記事を執筆した当時はまだ一眼レフカメラが人気だったため、サードパーティ製のレンズが使える、APS-Cサイズセンサーの一眼レフ、最新機種でなくても予算に合わせて選べばオッケー。ということを伝えてきました。

現在は高性能なスマホカメラ、オートフォーカスが進化したコンデジが手に入るので、初心者さんや素人さんがSNSやブログで使う写真なら、十分満足できる写真が撮れてしまう時代です。今あえて一眼レフを選ぶなら「趣味として楽しむ」「作品作りをしてみたい」という方にオススメしています。

筆者はニコン、キヤノン、ペンタックス(リコー)の一眼レフを使ってきました。ミラーレスもソニー、キヤノン、富士フイルム、オリンパス、パナソニック、ニコンを使ってきました。ほぼ国内全メーカーのレンズ交換式(一眼レフやミラーレス)カメラを使ってきたのでメーカー毎の特徴や、初心者さんにオススメできる機能を備えたカメラを紹介します。

結論から言うと、初めての一眼レフは「キヤノン」を選んでください。ニコンでもペンタックスでもなく、キヤノンを選びましょう。オススメ機種は「EOS Kiss」シリーズです。レンズキット、予算があればダブルズームレンズキットを選んでください。

参考記事:EOS Kiss X9 と X7 中古はどっちがおすすめ?本音レビュー付き – ヒガシーサーのブログ

もっと予算があるなら、次はレンズを購入しましょう。実は一眼カメラはカメラ本体よりもレンズのほうが何倍も大切です。とくに初めての単焦点レンズで写した写真はあなたにとって最高の体験になることを約束します。キヤノン EOS Kiss シリーズと合わせて使って欲しいレンズはコチラです。

created by Rinker
キヤノン
¥13,961 (2018/08/21 09:01:20時点 Amazon調べ-詳細)

参考記事:一眼レフ おすすめレンズは?単焦点だけじゃない神レンズランキング! – ヒガシーサーのブログ

全くの初心者の頃、私がエントリークラスの一眼レフと、単焦点レンズの組み合わせで撮影した写真がコチラになります。

シンデレラ

初めて単焦点で撮ったときの写真。テクニックも知識もゼロでした。

本記事で知ってもらいたいことは、カメラはスペックで選ぶものではないということです。正しい知識を持って、自分のライフスタイルに最適なカメラを見つけることが「カメラ選び」です。インターネットの口コミや玄人さんの言葉に惑わされずに予算とライフスタイルに合わせて好きなカメラを選んでいきましょう。

ミラーレスと一眼レフの違い

2016年ごろまでオートフォーカス速度(ピントを合わせる速度)に開きがあった一眼レフとミラーレスですが、現在は全くと言っていいほど差はありません。

初心者さん
初心者さん
一眼レフとミラーレスカメラって何が違うの?
hukidasihiga
ヒガ
一眼レフはカメラ内部にミラーがあって、光を反射させて写真を撮るカメラ。ミラーレスはその内部のミラーを省略しているから小さくて軽いカメラ本体が開発できるようになったカメラのこと。
初心者さん
初心者さん
他にも違いはあるの?
hukidasihiga
ヒガ
デジタル一眼レフは歴史が10年以上あるから、レンズや関連製品がとても豊富なんだ。いまはまだレンズのラインナップも一眼レフのほうが価格も安くて種類も豊富なのでコスパはいいよ。

Canon 一眼レフ市場のキングメーカー!圧倒的な製品群

ef50mm

世界シェアナンバーワンのキヤノンの一眼レフは、豊富なラインナップ、周辺機器のアクセサリー、プロフェッショナルサポートなど名実ともにトップのメーカーさんです。

2017年には『 EOS 6D MarkII 』と『 EOS Kiss X9 ( Kiss X7 後継機 ) 』が発表されました。

またキヤノンの一眼レフの素晴らしいところは静止画だけではなく、動画も撮りやすいので、人気ユーチューバーさんもキヤノンの一眼レフを使って動画を撮影している方も多いですね。

「動画はビデオカメラで撮れ!」とプロフェッショナル市場では言われると思いますが、ユーチューバーが台頭してきた現在は誰もがビデオグラファーです。

その現場で活躍してる人たちがキヤノンの一眼レフを導入しているということは、それほど時代に適応していることの現れでしょう。もちろんビデオカメラよりも難しい部分もあるので、どちらがいいという判断ではなく、どういう画を撮りたいかが選ぶ基準になります。

最初の一眼レフにオススメしたい EOS Kiss シリーズ

2017年に『 EOS Kiss X9 』が発表されました。EOS Kiss X7 の後継機扱いですが、カメラマニアの世界では専ら「最後のエントリークラス一眼レフ」と言われています。

今後エントリークラスのような初心者向けカメラはミラーレス市場に移行していくんじゃないかと言われていますが、EOS Kiss X7 や EOS Kiss X9 は今でも初心者さんにオススメできる一眼レフです。

スペックや先進機能を重視するなら『 EOS 9000D 』がオススメです。初心者であっても使いやすいカメラですし、キヤノンはAPS-Cサイズ用のレンズが安くて豊富なので間違いないでしょう。

筆者は初心者さんや素人に「フルサイズの必要性はない」と断言しているので、EOS 6Dシリーズのようなフルサイズ一眼レフはオススメできません。レンズ交換の知識があれば Kiss シリーズ でも、過去の型落ちモデルでも写真はほとんど変わらないからです。

スペックゾンビ
スペゾン
カメラはスペックだぁぁぁ。エントリークラスとか恥ずかしいぜぇぇぇ。
玄人
玄人さん
Kissとか付いてるカメラで仕事は受けられない。だから素人なんだよ。
hukidasihiga
ヒガ
という言葉を信じてミドルクラス買いましたが、子連れ、ブロガー、SNSを楽しんでるヒトにとっては邪魔なんですよね。EOS Kiss ぐらいが一番良い写真と動画を撮ってくれました。

ヒトそれぞれ楽しみ方が違うので、機能やスペックでカメラを選ぶことだけは止めましょう。大事なのはレンズとライフスタイルです。

Nikon ニコン一眼レフはどうなの?

私が初めて購入した一眼レフは Nikon D40 という一眼レフでした。木村拓哉さんがイメージキャラクターでカッコいいと思ったからです。

d40

一眼レフ市場では、キヤノンの次にシェアを獲得しているニコン社ですので、レンズも豊富でエントリークラスのカメラもとても素晴らしいです。

初心者向けのシリーズに「D3000シリーズ」と「D5000シリーズ」があります。筆者は以前D5000シリーズの一眼レフを使って、その使いやすさと画質の良さに感動したことがあります。

参考記事:ニコン D5500 18-55mm VR IIレンズキット 本音レビュー! – ヒガシーサーのブログ

性能面ではD3000シリーズでも十分過ぎるほどですが、予算が許せばD5000シリーズの最新機種、もしくは型落ちモデルの中古をオススメします。

D5500を使ってみての感想

2015年にD5500を使ってみました。初心者さんに一番オススメしたいニコンの一眼レフです。

d5500

細かいスペックは置いといて、D5500のメリットはバリアングル液晶という液晶画面を自由に動かせる構造になっていること。それから小さくて軽いという点です。

hukidasihiga
ヒガ
バリアングル液晶は液晶画面が上下左右に動かせて、自撮りや三脚を使っての撮影が簡単になる仕様のことです。このバリアングル液晶があるかないかはとても大切なポイントなので、ぜひ覚えておいてください。テストに出ます。

D5500以降は動画も撮りやすくなって、2015年までは動画に適したレンズがなかったので、動画を撮るならキヤノンがいいと言っていましたが、2016年にニコンは動画に適したレンズも発売してくれました。

そのためニコンの一眼レフでも動画は撮りやすくなって、一概にキヤノンがオススメですよというよりは、好みですねと答えるようにしています。

時代を引っ張る SONY の一眼カメラ

±7

SONYのαシリーズ(Aマウント)は一眼レフのようなスタイルですが、内部にミラー構造がないので厳密に言うと「 一眼レフ 」ではありません。まぁそこに言及する必要はないですけど、一応書いとかないと旧時代の方たちがうるさいのでw

一眼レフスタイルのαシリーズは2016年に『 α99 MarkII 』というフラッグシップを登場させただけで、エントリークラスは登場していません。恐らく今後も『 α7シリーズ 』や『 α6000シリーズ 』などのミラーレス機( FEマウント、Eマウント )に注力していくと思われます。

ソニーのカメラは非常に尖った製品が多く、最も最先端の性能を盛り込んでくるので業界を引っ張っていくメーカーさんになりつつあります。センサーメーカートップシェアのソニーを追っていけば、今後カメラがどの方向にシフトしていくのかを感じ取ることができるでしょう。

今からソニーの一眼カメラを購入するなら『 Aマウント 』よりも『 Eマウント 』の機種がオススメ。2017年4月には『 α9 』が発表され、ゲームチェンジャーとも言われています。今後この流れは加速していくでしょう。

2018年にはα7IIIも登場し、ますますミラーレスへのシフトが加速しています。一般人の私たちには『 α7II 』が丁度良いです。フルサイズミラーレスの『 α7II 』はボディ内に5軸手ブレ補正を内蔵しており、周辺機器も充実しています。

参考記事:ソニー 一眼レフとミラーレス 初心者はどれを選ぶべき?AマウントとEマウントの違い

参考記事:α9 と α7II が教えてくれた一眼カメラの未来!私がソニーに移行する7つの理由

PENTAX 一眼レフの魅力は?

pentax

2017年6月に『 PENTAX KP 』を購入しました。ペンタックスの一眼レフラインナップで特徴的なポイントは、キヤノンやニコンと比べてエントリークラスのカメラスペックが高いところです。

エントリークラスでも視野率100%、シャッター速度も1/6000秒など、中型クラスの性能をエントリー機種でも出し惜しみしないのが特徴。防塵防滴性能も素晴らしいです。

他にも機能面で『 HDR写真 』が手軽に撮影できたり、『 アストロトレーサー 』の機能を使って誰でも簡単に星空撮影ができたり。

『 KP 』で積極的に使いたい『 リアル・レゾリューション 』などがあります。

2016年度にはペンタユーザー念願のフルサイズ機種も登場し、キヤノンやニコンと比べると人気ではありませんが素晴らしいカメラとレンズを揃えているのが特徴的ですね。

『 PENTAX KP 』は素晴らしいカメラですが価格が高いので最初の一眼レフとしては『 K-70 』がオススメです。

参考記事:リコーペンタックス 初心者にオススメしたい一眼レフは?最強の防塵防滴タフネス。

参考記事2:PENTAX KP レビュー!いまペンタックスの一眼レフを購入した5つの理由

created by Rinker
ペンタックス
¥89,820 (2018/08/21 09:01:18時点 Amazon調べ-詳細)

一眼レフとミラーレス一眼はどちらを選ぶべきか?

panasonic-gm1

2016年上半期まで、ミラーレスはまだまだ一眼レフにはかなわないと思っていました。しかし、2016年後半は写真やカメラの在り方自体が変わってきていると私は思います。(主観)

2017年には遂に連射性能や動体補足の面で一眼レフフラッグシップ機同等の実力を持つ『 SONY α9 』が登場しました。あとは耐久性や信頼性、プロフェッショナルサポートが揃っていけば、一眼レフとミラーレスの優位性は「ヒトそれぞれ」に変わっていくでしょう。

スペックゾンビ
スペゾン
フルサイズ、大三元、一眼レフ
玄人
玄人さん
キヤノン、ニコンのフラッグシップだけ。
キャラクター
ミーさん
子どもたちの写真を残したいし、旅行にも持っていきたいから小さなカメラが良い。
初心者さん
初心者さん
カメラを趣味にしたいけど予算がないから、エントリークラスぐらいが良さそう。
hukidasihiga
ヒガ
ブログで家族を養ったり、写真の本を出版したりしてるけど、メインカメラはコンデジとスマホ。

という形でヒトそれぞれのライフスタイルに合わせてカメラを選びましょう。どれが良くて、どれがダメなんていうことはありません。型落ちモデルでも、中古でも、エントリークラスでもいいんです。

一眼レフを選ぶメリット

camera

今の時代であえて一眼レフに興味を持っているあなたはきっと「趣味として楽しむ」ことを目的にしているでしょう。商業カメラマンになるわけでもないし、小さなカメラを求めているわけでもない。ただ趣味として楽しかったり、カッコよかったりするカメラを欲しいのかもしれません。

一眼レフを選ぶメリットはシステムの安定性や、レンズの豊富さ、アクセサリー製品のラインナップなど、機能面や充実度で言えば圧倒的にミラーレスを凌ぎます。また「一眼レフ」ってだけで写真を趣味にしている感が出ます。それは結構大事な要素ですよね。

性能面で考えたら一眼レフを選ぶ時代ではなくなりましたが、趣味として楽しむメリットはミラーレスやコンデジにない魅力があります。

ミラーレス一眼のデメリットは徐々に解消されてきている

ミラーレス一眼は一眼レフと比べレンズが少ない、AFが遅い、立ち上がりも遅い。と言われてきましたが、2016年からはそうでもありません。レンズは相変わらず少ないですが性能面では一眼レフを超えるものも出てきました。

gx7mk2

画質面で差はないですし、大きく違うのは操作性ぐらい。

しかしそれもミラーレスをネイティブに扱っていく世代が増えていけば、操作性云々の口コミも徐々に解消されるでしょう。いまの論調はあくまでも「一眼レフを使ってきた世代がミラーレスに対して思うこと」を口々にしていだけなので、気にする必要もありません。

2016年度以降、初心者さんや素人さんがミラーレスを使って感じるデメリットはほとんど無くなったと言えます。

オススメの一眼レフは EOS Kiss X9

あーだこーだ書きましたが、まだ一眼レフを使ったことがない人にオススメしたいカメラは『 EOS Kiss X9 』です。以前まではEOS Kiss X7を推してましたが、2017年に登場した後継機ということで EOS Kiss X9 をオススメしています。

Kiss X7 と比べると価格が高くなってしまいますが、EOS Kiss X7をより使いやすく、時代に合わせて進化させてきているのでオススメです。

また、なぜヒガシーサーは古いカメラや中古カメラ、エントリークラスのカメラをオススメするのかと言うと、コチラの記事で理由をまとめています。

参考記事:なぜヒガシーサーはエントリークラスの一眼レフばっか使うの?バカなの?

created by Rinker
キヤノン
¥13,961 (2018/08/21 09:01:19時点 Amazon調べ-詳細)

絶対失敗しない一眼レフ選びのまとめ

一眼レフを含むデジタルカメラ選びは難しいです。歴史も長いし種類もいっぱい。口コミサイトはスペックゾンビやマウンティング玄人が君臨していますよね。

スペックゾンビ
スペゾン
呼んだ?
hukidasihiga
ヒガ
みんなそれぞれ人生があるんだから、あんまりエントリークラスや初心者さんをいじめないで欲しいな。

このブログで伝えたいことは「 スペックで選ばないで、あなたのライフスタイルで選ぼう 」ということだけです。写真の善し悪しは被写体、光、編集力で決まります。あとは発信力かな。

カメラ選びで大切なことはどんな写真を撮りたいかってことだけですから、カメラのスペックなんてどうでもいいんですよ。

一眼レフを選ぶときはキヤノンを選んでおけば後悔はないはず。でも好みに合わせてニコン、ペンタックスを選んでも大丈夫です。

ミラーレスを含む一眼カメラのメリットは『 レンズ交換が出来る 』こと。だから一眼カメラを選ぶときはキットレンズ以外のレンズ予算も確保しておくことが大切です。長々と書いてしまいました。以上参考になれば嬉しいです。

コチラの記事もオススメ

-おすすめカメラ
-

Copyright© ヒガシーサーのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.