カメラの露出や適正露出ってなんのこと?

初心者さん「なんか写真が暗いんですけどどうしたらいいですか?」

ヒガシーサーそれは露出の設定を覚えれば解決するよ」

一眼レフやデジカメで写真を撮影しても、なんだ暗い写真になってることありませんか?また、逆に屋外の撮影で明るすぎる写真になっていませんか?

暗すぎる写真、明るすぎる写真はカメラの露出が適正でないことが理由かもしれません。

初心者さん「露出ってよく聞くけど…あの露出メーターのことじゃないの?」

ヒガシーサー露出は絞り、シャッタースピード、ISO感度、露出メーターでコントロールするものだよ」

カメラの露出はよく聞くと思いますが、写真の露出は絞り、シャッタースピード、ISO感度によって決まります。露出メーターの露出補正は、あくまでも出来上がった写真の露出を補正するもの。

写真を撮る時は「絞り、シャッタースピード、ISO感度」を決める必要があります。今回は初心者さんでもあっという間に適正露出で写真が撮れるようになる方法を紹介します。

適正露出とは?

適正露出と一言で言っても、被写体によって適正露出は変わってきます。適正露出とは撮った写真の明るさが、撮影をした人の意図通りに表されていることを指します。逆に露出が適正でない写真は「黒つぶれ」「白とび」などと言われ失敗写真の原因になることもあります。

適正露出の場合。

適正露出

露出アンダーの場合。

露出アンダー

露出オーバーの場合。

露出オーバー

露出をコントロールできるようになると、どんな被写体でも適正露出を導き出せるようになり、意図しない黒つぶれや白とびを防げるようになります。

最近のデジタルカメラは露出補正能力がとても優秀なので、カメラ任せでも失敗は少ないでしょう。しかし露出をコントロールできるようになると、自分の力で適正露出を導くことができるので、ぜひ覚えてみてください。

露出を左右するもの

写真の露出はレンズの絞り、カメラのシャッタースピード、ISO感度でコントロールすることができます。

その時によく使われる言葉として「1段」「2段」と言われるものがありますね。なんとなく分かっている気がしても、なにが「1段」なのか分からない人も多いでしょう。私もそうでした。

光を測るときに使う言葉 「段」は、1段あげると入ってくる光を2倍にする。1段下げると入ってくる光を半分にする意味があります。

絞りについて

絞り

ヒガシーサーF値を小さくすると、シャッタースピードが速くなるので暗い場所でも手ブレを抑えることができるよ。逆に明るすぎる場所ではF値を大きくすることで白とびを防いだりできるよ」

絞りとはレンズの「F値」を表します。レンズのF値は数値が小さいほど明るいレンズになります。

F1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22、F32

絞りはよく水道の蛇口に例えられますね。

蛇口から出てくる水の量を「絞り」、コップの中に水が溜まる時間を「シャッタースピード」と考えるといいでしょう。

絞りを開放にすると多くの水がコップに注がれます。絞ると水量が調節されて水が溜まる時間が変わります。

ヒガシーサー蛇口を開くと一気に水が溜まり、蛇口を絞るとちょっとずつしか水が溜まらない。カメラが写真を撮るためには一定量の光(水)が必要なので、レンズの絞りを変えることでカメラ内部に溜まっていく光の量やスピードをコントロールすることができるんだよ」

絞りを変えるとシャッタースピードだけではなく、被写界深度と言われるピントの合う範囲も変わってきます。これにより背景や前景のボケ量が変化します。

関連記事:プロが使う絞り優先モードとは?F値ってなに?

露出に失敗してしまった例

露出アンダー

コップの水で考えると、上の写真は水がいっぱいになる前に蛇口を閉じてしまった状態です。コップに十分な水が注がれていないと暗い写真になってしまいます。ただし、暗い写真はまだ健全です。あとから補正をすることで明るくすることができます。問題は明るすぎて白飛びしてしまった写真です。

露出オーバー

上の写真はコップから水が溢れ出てしまった例です。F値とシャッタースピードのバランスが崩れてしまった時に起きやすい写真です。屋外の日中で撮影してるとたまにこうした「白飛び」写真を撮ってしまいます。白飛びの部分はデータが死んでる部分なので、後から補正しようにも治すことができません。

適正露出

上の写真が適正な露出で撮影できた成功例です。暗くもなく、空や雲も綺麗に写っています。写真を適正な明るさで残すためには、コップの水が少なかったり、溢れたりすることがないように調節していきましょう。

シャッタースピード

では次にシャッタースピードについて、Jetさんの動画をご覧ください。

1/15、1/20、1/25、1/30、1/40、1/50、1/60、1/80、1/100、1/125、1/160、1/200、1/250、1/320、1/400、1/500

シャッタースピード 1/15から1段速くすると1/30となります。シャッターが開いてる時間が2倍になります。

シャッタースピード 1/500から1段遅くすると1/250となります。シャッターが開いてる時間が半分になります。

シャッタースピードを遅くすると沢山の光を取り込むことができますが、ブレが発生しやすくなります。

シンデレラレンズ

逆にシャッタースピードを速くするとブレを少なくできますが、十分に光を溜め込んでいないと暗い写真になります。

露出アンダー

ヒガシーサーシャッタースピードは絞り、ISO感度をセットで考える必要があるよ」

ISO感度とは?

ISO感度は 100、200、400、800、1600、3200、6400…という形でカメラの感度をコントロールする機能です。ISO感度を下げるとシャッタースピードが遅くなり、上げるとシャッタースピードが速くなります。

初心者さん「カメラの感度って?」

例えば暗い場所での撮影は、フラッシュを使わないとシャッタースピードが遅くて手ブレ、被写体ブレが発生します。それを防ぐためにレンズのF値を小さくしてなるべくシャッタースピードを速くしますよね。

それでもブレが発生しちゃう。そんなときは ISO感度 を上げると暗い場所でもシャッタースピードを落とさずに撮影することができるんです。

ISO 200
iso200

ISO 1600
iso1600

ヒガシーサーISO感度を上げると画質の劣化が起こるんだ。だからなるべくは絞りやシャッタースピードをコントロールして ISO感度 を下げる努力をしたほうがいいかも」

カメラの種類によっては ISO800 からノイズが発生します。綺麗な写真で残したい場合は ISO感度 を下げて撮影しましょう。

露出補正

露出メーター

露出メーターは一番分かりやすい機能です。写真が暗いと感じたら1段上げる。写真が明るすぎるなら1段下げる。というような使い方ができるので簡単ですね。

露出補正は写真の明るさを補正するものなので、基本的にはレンズの絞り、シャッタスピード、ISO感度を設定した後で必要に応じて露出をプラスしたり、マイナスにするのがいいでしょう。

露出モードとは?

絞り優先

カメラには露出モードと言われる撮影モードがあります。Pモード(プログラムオート)、Sモード(シャッター優先オート)、Aモード(絞り優先オート)、Mモード(マニュアル露出)などです。

セミオートと呼ばれることもありますね。

Pモードとは?

プログラムオートの特徴は、絞り値とシャッタースピードはカメラが決めてくれて露出を一定にしてくれます。なのでカメラ任せに撮影出来るモードですね。

初心者さん「普通のオートと何が違うの?」

通常のオートモードと違うところは、絞り値とシャッタスピードの組み合わせを変えることができます。基本的にはカメラに任すけど、あと1段絞りたい。あと1段シャッタースピードを速くしたいなど、撮影する人の意図に合わせてコントロールできます。

絞りを変えるとカメラが自動でシャッタースピードを適正にし、シャッタースピードを変えるとカメラが自動で絞り値を適正にしてくれます。

Sモードとは

シャッタースピード優先オートは、シャッタースピードだけを自由に変更できる撮影モードです。シャッタースピードを変えるだけでカメラが絞り値を調節して適正露出にしてくれます。

Aモードとは?

絞り優先オートは、レンズのF値を自由に変更できる撮影モードです。シャッタースピードはカメラが自動で適正にしてくれます。

Mモードとは?

絞り値とシャッタースピードをコントロールできます。Pモードと違うのは絞り値もシャッタースピードも自分でコントロールしなければいけない点です。

PモードではF値を 1.8→5.6 に変えると、カメラが撮影状況に合わせてシャッタースピードを調節します。MモードではF値を 1.8→5.6 に変えても、シャッタースピードは前回撮影時と同じスピードとなります。

参考記事:カメラ初心者が使うべき撮影モードは?オートじゃダメなの?

適正露出機能(AE)は神機能

ここまで細かく露出について見てきました。お疲れさまです。

ただ自分で書いといてなんですが…今のカメラなら絞り優先オート(Aモード)でF値をコントロールするだけでも大丈夫です。

それはカメラには「適正露出機能AE」という機能があるので、いちいち設定しなくても自動で適正な露出を導き出してくれます。

私もぶっちゃけカメラ任せです。露出や適正露出という言葉を使うと、なんとなく写真に詳しくなった気がしますね。