キヤノンは、デジタル一眼レフカメラの分野では世界シェアナンバーワンです。いくつものシリーズがありがますが、その中でも、多くの人に支持されているのがKissシリーズ。

ちなみに僕も Kiss X7 を愛用しています。

本格的な写真を撮りたいと思う人から、ちょっと上のクラスの写真を気軽に撮りたいという主婦層に至るまで、オールマイティーさがあるのがこのシリーズの魅力です。その特徴は、キヤノンの他のラインナップと比べてみるとよく分かります。Kissシリーズはどちらかというと、気軽に一眼レフカメラを始めたい人向けのカメラかと言えます。

2桁機とか1桁機ってなに?

camera

APS-Cサイズ機では、7Dが上位機種、70Dが中位機、Kissシリーズが下位機となります。例外的に70DとKissの間に8000Dという新しいモデルが加わりました。

Kissシリーズの特徴は外観のボタンが少ないこと。ボディがプラスチックで軽量であること。ファインダー視野率が低いことなどがあります。

とくに一眼レフの場合は操作ボタンは多い方が良いと言われているので、カメラを使い慣れてる方はエントリー機種を選ばない大きな理由となっています。

ただ僕の場合は iPhone のように、操作ボタンが少ない方が機械的には優れていると思うのでkissシリーズは逆に使いやすいです。

初心者におすすめなキヤノン一眼レフは?

kissx7とef50mmf1.8stm

100%の気持ちでEOS Kiss X7を推します。

画質などの写真を撮る性能はどうかというと、Kissシリーズの方が劣っているというわけでは決してありません。画質やオートフォーカス機能の便利さ、設定の細かさなどは、若干の違いがあるものの、ほぼ同じと言っても良いくらいかと思います。

使っていて不便はないというのが本音です。僕はEOS 70Dを使っていましたが、あの重さと大きさは性能以上に不便に感じてました。

Kiss X7 は世界最小最軽量の一眼レフ。ミラーレスフルサイズのα7よりも軽量です。

そのため、キヤノンのカメラを選ぶ際には、画質というよりも操作性やどんな設定をメインに使いたいかというのがポイントだと言えるでしょう。初心者には使いやすくおすすめシリーズだと思います。

以前こんな記事を書きました。
Canon EOS Kiss X7 について押さえておくべき7つのこと

Kiss X7 と EF 50mm F1.8 STM の組み合わせは最強です。
EF 50mm F1.8 STM 神レンズではない?Kiss X7 に装着して分かった3つのこと

まとめ

人により好みがありますが、より気軽にシャッターを押したいか、いろいろな設定を試してみて変化をつけた写真を撮りたいか、という撮影スタイルの違いで自分の一台を決めるのが良いでしょう。女性に多く支持されているKissシリーズですが、男性にもぴったりのカメラですね。

Kissていう表記だけはおっさん的に恥ずかしいけどね。