Nikon COOLPIX S9900 光学30倍ズームのコンデジを買ったので早速レビューしていきますよー。

s9900(この外観写真は初代 iPad mini で撮影しています。)

ミー

今度、子どもの発表会があるんだけど。

ヒガ

オッケー写真は任せといて。

ミー

写真はいいから動画撮ってくれない?

えっ?そうなの…?

というわけで、動画を撮れるカメラはあるっちゃあるんだけど…どうせならと思って、価格.comでコンデジランキング1位2位を争う ニコン COOLPIX S9900 を買ってみました。

発表会はまだだけど、色々なシチューエーションで触ってきました。

ニコン COOLPIX S9900 はどんなカメラ?

s9900

高倍率ズームを搭載したコンパクトなカメラです。光学30倍ズームレンズを搭載しつつ、重量が300g以下なので子連れでも疲れずに持ち歩けるカメラです。

WX500、SX710HS、TZ70との違いは?

他社からも同じようなカメラは発売されています。ボクが比較対象として考えたのが4機種です。このクラスの高倍率ズームコンデジでは、センサーサイズや画質は2の次、3の次。その代わり「価格、使いやすさ、手ぶれ補正」を最優先に考えました。

カメラ ニコン S9900 キヤノン SX710HS ソニー WX500 パナソニック TZ70
価格(2月1日 価格.com調べ) 23,000円 22,800円 34,577円 29,927円
手ぶれ補正 4.0段分(動画5軸) 2.5段分(動画5軸) 光学式(動画5軸) レンズシフト光学式(動画5軸)
使いやすさ バリアングル液晶、コントロールダイアル、USB給電 MP4動画、マルチアスペクト、高画素 236g最小最軽量、チルト液晶、XAVC S EVF、低画素、コントロールリング、RAW対応

赤字の部分はボクが特に重視したポイントです。

このクラスのカメラを選ぶときは「画質」は捨てます。それよりも大切なのは「価格、使いやすさ、手ぶれ補正」です。使いやすさは人それぞれ違うので、あくまでも主観ですけどね。

S9900を使って分かったこと

まだ開封していくつか写真を撮ったくらいですが、現時点で分かったことをまとめていきます。

30倍ズームのメリット

coolpix-s9900

光学30倍ズームを最高までズームすると、こうなる「ドン!」

coolpix-s9900

マックのおまけ「マリオ」も。

coolpix-s9900

マンマミーア!

coolpix-s9900

S9900の一番大きなメリットは「光学30倍ズーム」ですよね。35mm判換算25-750mmの高倍率ズームレンズはすごく便利です。

s9900

s9900

広角マクロもすっげー寄れる

coolpix-s9900

意外だったのが広角のマクロが寄れるってこと。これ以上寄ったら被写体にレンズが当たってしまうぐらい寄れます。

思ったより軽い

S9900 は269gなので、コンデジとしては重いなと思っていたんですが、持った感じは軽いです。ボディの大きさとグリップの握りやすさが「持ちやすい」と感じさせてくれます。

重量だけでは分からない「軽さ」がありますね。

バリアングル液晶は便利

あるのとないのでは大違いですね。ローアングル、ハイアングル、自撮り動画撮影も簡単です。

画質は…まぁこんなもんだろ

極小のセンサーサイズにF値が暗いレンズなので、まぁiPhoneの延長と考えるべきですね。少なくても RX100 や G5 X のように「一眼並みの画質」ではありません。

動画に関してもAF音が大きいので、Youtube投稿には向いてませんね。ちょっと残念でした。

手ぶれ補正はすごい

シャッタースピード4段分の手ぶれ補正は強力です。明るい日中であれば750mm(光学30倍ズーム)でも、余裕で手持ち撮影ができます。

手軽すぎてビビりました。

手軽な旅行カメラではなく高倍率ズーム機

手軽な旅行カメラなら光学10倍で十分。このカメラは光学30倍を手軽に楽しむのに向いています。

旅行用としてはどうなんだろうか。うーんボクは持って行こうとは思わないかも。やっぱり旅行には RX100 や G9X みたいに「小さいけど画質はスゴイ」カメラのほうが良いですね。

参考記事:一眼レフユーザーが 高級コンデジ ソニー RX100 を購入するまでの経緯
参考記事:Canon G5 X と G9 X 静止画、動画レビュー!ついでに G7 X も比較してみた結果

主観ですが、旅行の思い出はなるべくキレイに撮りたいので。S9900のような高倍率ズーム機は日常の記録に、もしくは「ズーム撮影のおもちゃ」的なあつかいが一番ベストかも。

ニコン COOLPIX S9900 を選んだ理由は?

s9900

他の高倍率ズーム機と比べて、ボクが COOLPIX P900 を選んだのは3つの理由があります。

  • 価格
  • 使いやすさ
  • 手ぶれ補正

順番に説明していきますね。

キヤノン SX710HS と S9900

価格を考えると S9900 のライバルはキヤノンの SX710HS です。

同じクラスのカメラには、SONY WX500 や Panasonic LUMIX DMC-TZ70 があります。ただ価格が高いので、比較機種は SX710HS しかありません。

キヤノン:PowerShot SX710 HS|概要

高画素のSX710HS

S9900は1605万画素。SX710は2030万画素。SX710HS は S9900 と比べて画素数が多いので、高感度撮影に弱いかもしれない。

ミー

えっ?意味が分からない。

ツキさん

同じセンサーサイズなら、画素数が増えると、暗い場所の写真にノイズが発生しやすくなるんだよ。

ミー

全然分からない。

画素数が多い SX710HS は S9900 と比べて暗い場所での撮影が苦手かもしれないってこと。

ヒガ

その代わり、日中や明るい場所での写真は細かいところまでキメ細かく表現できるから、どっちを取るかは好みにもよる。まぁ微々たる違いですけどね。ヒガシーサー的には2000万画素は必要ないので、SX710HSの高画素は大きな魅力にはなりませんでした。

ニコンS9900は低画素ですが、だからと言って暗い場所での撮影が SX710HS と比べて大きく違うかと言われれば、全然そうとも言えません。なので好みですね。

4.0段分の手ぶれ補正

S99004.0段分 の手ぶれ補正能力を持っています。それに対してキヤノン SX710HS2.5段分です。

ミー

はい、説明して。

ヒガ

分かりやすく言うと手持ちで月の撮影が出来るほど、手ぶれ補正が強力ってことですよ。他の機種でも出来ると思うけど、数値上は SX710HS より強力。

ミー

それは分かりやすいかも。

厳密に言うとシャッタースピード何段分の補正能力って説明をするんですが、詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧ください。

デジタル一眼レフカメラの基礎知識 – 露出 | Enjoyニコン | ニコンイメージング

バリアングル液晶

バリアングル液晶っていうのは液晶画面が自由に動かせる機能のことです。ニコン COOLPIX S9900 は高倍率ズーム機のなかで唯一バリアングル液晶を備えているので、大きなメリットになっています。

SX710HS は固定型なので、液晶画面は動きません。

USB給電ができる

SX710HS はUSB給電ができないので、充電するときはバッテリーを取り外して専用アダプタを使う必要があります。超絶面倒です。

S9900 は USB給電 が可能なので、いちいちバッテリーを取り外す必要がありません。これは大きなメリット。

使いやすさの総合力ではS9900に軍配

カメラのスペックはほぼ同等ですが、バリアングル液晶、手ぶれ補正、USB給電など総合的な使いやすさで圧倒的に S9900 が優れています。

このクラスのカメラなら、さほど大きな画質の違いはなさそうなので、使いやすさや価格を重視するといいでしょう。

最新機種か型落ちモデルか?

実は COOLPIX S9900 は2016年2月に後継機種(最新機種)が発表されるという噂があります。CP+で展示されるはずです。そのため、S9900は型落ちモデル扱いで価格が下落しています。(ここ一週間は値上げ中)

ミー

えっだったら新しいの待ったほうがいいんじゃないの?

ヒガ

このクラスのカメラに、最新機種と型落ちモデルの大きな差はないから価格が安い型落ちを選ぶってのも良い選択なんだよ。

S9900を始めとする、高倍率ズームコンパクトの最大の特徴は画質よりも便利さです。ポケットに入る大きさで(S9900はちょっと厳しい)、どこにでも持っていける。それでいて大抵の被写体は広角〜望遠で撮影ができる。

「最高の一枚ではなくて、いつでも気軽に残せるカメラ」

その意味で言うと iPhoneカメラ と同じで、iPhoneと違うのは超ズームができるって点です。だから最新機種が出ようが、価格が安い型落ちモデルを選びます。

ツキさん

なんていうか、最近のあなたは選球眼が身についてきたわよね。

ヒガ

甘い球しか狙いません。

ミー

それってブロガー的にどうなの(笑)

まとめ

今回は ニコン COOLPIX S9900 のファーストインプレッションと、他機種と比べて S9900 を選んだ理由をまとめました。作例も5写真と少ないですが、今後は写真や動画の作例はnoteで有料公開していきます。

カメラ初心者

えっそれって記事の出し惜しみにならない?

ヒガ

無料で公開するより、本当にこのカメラを欲しいと思ってるヒトだけが参考にして欲しいんです。

カメラ初心者

えーでもデジカメウォッチさんとか、みんな無料で公開してるよ。

ヒガ

そうですよね。でも自腹で製品を買わないといい記事って出てこない。本気度がそもそも違いますから。だからこそ有料で誰も書けないコンテンツを追加していくんです。応援お願いします。

ブログでは公表できない写真や動画、本音レビューも公開予定なので、どうぞお楽しみに。

noteとラクマ中古出品