K&F Concept 2m三脚

カメラアクセサリー

K&F Concept 2m三脚のレビュー!コスパに優れた一眼カメラ用三脚

はいさいヒガシーサーです。本記事は K&F Concept 一眼レフとミラーレス用のアルミ三脚 のレビューをまとめています。

K&F Concept はレンズフィルター、マウントアダプター、三脚、カメラバッグなどを販売している海外メーカーです。

本記事では K&F Concept 最大高200cmの三脚製品提供を頂いたので、そのレビューをまとめていきたいと思います。

また今回は期間限定で使えるクーポンコードも提供してもらいましたので、ぜひ使ってみてくださいね。

K&F Concept 2m三脚

K&F Concept 2m三脚

公式サイトで購入すると10%オフになるクーポンコード(2020年3月6日〜2020年5月30日)↓

Amazonで購入すると5%オフになるクーポンコード(2020年3月6日〜2020年5月30日)↓

K&F Concept 2m三脚の特徴

三脚選び

K&F 2m三脚

  • アルミ素材
  • 最大高200cm
  • 一脚としても使える
  • レバーロック
  • ローアングルポジションOK
  • パイプ径22mm
  • 最大8kg荷重
  • ボールヘッド雲台(自由雲台)
  • 重力フック

一眼レフやミラーレスカメラなど重いカメラを支える三脚には「安定性の高い三脚」「持ち運びがしやすい三脚」の2つがあります。

安定性の高い三脚は大きくて重たい製品タイプとなり、持ち運びがしやすい三脚は小さくて軽い製品タイプになります。

本記事で紹介している K&F Concept 2m三脚 は「安定性の高い三脚」になります。

ヒガシーサーイラスト
ヒガシーサ
安定性の高い三脚は重たい機材でも安心して支えてくれるよ!

K&F Concept 2m三脚 口コミは?

魅力は最大高さが2m!プロ仕様の頑丈な三脚
スチール撮影用に高さのある三脚が欲しくて購入しました。このサイズや大きさで最大幅が約2mまで届くのは本当に凄いです!実際最初に持った印象は頑丈でしっかりとした三脚でした。長く延びる割に全体的にフレームも頑丈で重さも丁度よい重さで、持ち運び時など大変便利だと感じました。

雲台などもかなりちゃんとしており、プロ仕様でも十分耐えられるものです。付属のバッグは厚みがあり、他の機材なども傷つける心配はないと思いました。本体の見た目も写真より高級感も感じられ、カッコいいと思いました。

実際使っていても、かなり使いやすく、本体がこれだけしっかりしていれば、落下などの心配も事前に対策をしていたら、安心して大きめの一眼レフなどにも使用出来るかと思いました。

角度などもかなり自由に変えられるので、これから使って行くのが楽しみです。質感も大変良く、末永く使えそうな三脚で、いい買い物したと思います。
引用:https://amzn.to/2VbDNSg

思ってたよりコンパクト
一眼レフ用に買いました。
背の高いのが欲しくて、これにしました。
まず驚きなのはその軽さ。
最初はチョットちゃちいのかな?と思ったが、そんな事は無かった。
後はその高さ。
3脚の足を細めてMAXで伸ばすと2m所では無い。
NikonのD50を載せているが、脚には多少の遊びはあるものの、軽さにしてはしっかりしている。
雲台がボールマウントはとても、使いやすい。
機能的にも満足。
早速趣味の鉄道写真で使用したが、夜のバルブ撮影にも使えます。
引用:https://amzn.to/2VbDNSg

作りが脆い
購入して直ぐに壊れた。金のムダ。
引用:https://amzn.to/2VbDNSg

良い口コミでは最大高2mという高さ、1万円以下で購入できるコスパの良さが高評価に繋がっているようです。低評価の口コミは「レバーロックの耐久性が低い」ことが低評価に繋がっているようです。

ヒガシーサーの使い方ではすでに10回以上使っていますが、レバーロックが破損するような脆さはないですね。今のところ、不満もなく、壊れるところもなく愛用しています。

K&F Concept 2m三脚はトラベル三脚として使える?

K&F Concept 2m三脚は、以前に紹介した B210 と比べると携帯性は下がります。ただし、最大2mまで伸ばせる三脚としては軽いので持ち運びが難しいわけではありません。

サーフィン撮影時、スケボー撮影時、子どもたちのシーンを撮影するシチュエーションにも持っていきましたが、かなり使い勝手がいい三脚でした。

携帯性も高いので日常的に持ち運ぶ機会が増えそうです。

Amazonで購入すると5%オフになるクーポンコード(2020年3月6日〜2020年5月30日)↓

K&F Concept 2m三脚のボールヘッド(自由雲台)ってどうなの?

自由雲台

自由雲台

アルカスイス互換プレート

アルカスイス互換プレート

K&F Concept 2m三脚のボールヘッドは、トラベル三脚のボールヘッドと比べて使い勝手が非常に良いです。雲台の安定性が高いので、大型レンズを装着したミラーレス一眼でも安心感があります。

アルカスイス互換の自由雲台なので、ピークデザインのストラップを付けたまま三脚に取り付けることもできるのでとても便利ですね。

もちろん K&F Concept 2m三脚 の雲台は取り外しができるので、やっぱりボールヘッドが使いにくいという場合は使いやすい3Wayに変えることもできます。

K&F 2m三脚 ネジが上下で交換できるタイプ

ネジが上下で交換できるタイプ

付属の雲台ネジは3/8と1/4を上下で交換できるタイプになっています。色んな雲台を使っている筆者にとって、この部分は地味に嬉しいポイント。

シーンに合わせてビデオ雲台に付け替えたり、俯瞰構図が撮影できる雲台に変えて使っています。

K&F 2m三脚

K&F 2m三脚は雲台の取り外しができる

K&F 2m三脚 クイックリリースはアルカスイス互換

アルカスイス互換プレート

アルカスイス互換プレート

K&F

K&F クイックリリース

K&F Concept 2m三脚 の雲台は「アルカスイス互換」になっています。

K&F 2m三脚 はどんな時に活躍する?

K&F Concept 2m三脚

K&F Concept 2m三脚

  • 高さが必要な撮影場所
  • 本格的な機材を用いた撮影
  • 取材の撮影
  • 運動会や発表会
  • 一脚として使いたいシチュエーション
  • ユーチューブ動画の撮影

筆者の使い方では上記のシチュエーションで活躍してくれます。

2mの高さで撮影するシチュエーションはそこまで多くありませんが、高さが違うと写真や動画の印象が大きく変わります。こうしたシーンで使うことを考えると、コスパの高い三脚ですね。

K&F 2m三脚 のイマイチなポイントは?

K&F Concept 2m三脚に感じてる不満ポイントはいまのところ感じてません。1万円以下で購入できて2mの高さで撮影できて、レバーロックも使いやすい。雲台も自由に変更できる。

好みにもよりますが、私はナット式の三脚よりもレバーロックタイプが好きなので、その点も気に入ってます。

カーボンではなく、安価なアルミですが、トラベル三脚として使うわけでもないのでアルミ素材で十分に感じてます。

K&F 2m三脚 の好きなポイント

K&F Concept 2m三脚

1万円以下で2mの高さの三脚が手に入るのは嬉しい

何度も書いてますが、やはり[最大高さが2m]というのが一番の魅力です。安定感も高く、ミラーレスカメラであれば安心して使うことができます。

例えば望遠のLレンズとフルサイズ一眼レフだと K&F 2m三脚 のパイプ径では少し不安に感じるかもしれません。それでも重力フックを使って荷物を吊り下げれば安定性が上がりますし、そもそもヒガシーサーの撮影機材は小型軽量を重視しているので、そこまで安定性が必要な場面もありません。

なので高さを生かした撮影ができる三脚として、活躍してくれてます。

ヒガシーサーイラスト
ヒガシーサ
[2m]という特別なシチュエーションで使えるコスパの良い三脚です!

K&F 2m三脚 レビューのまとめ

K&F Concept 2m三脚

K&F Concept 2m三脚

本記事は K&F Concept さんから製品提供を受けてレビューをまとめました。ヒガシーサードットコムではK&F 2m三脚の次のポイントが好きなところです。

  • 2mという高さ
  • 1万円以下で購入できる
  • レバーロック式
  • 三脚+一脚として使える

以上が K&F Concept 2m三脚 の好きなポイントになります。YouTube撮影や高さが必要な撮影シーンで重宝しています。

K&F 2m三脚のクーポンコード

K&F Concept 2m三脚

K&F Concept 2m三脚

公式サイトで購入すると10%オフになるクーポンコード(2020年3月6日〜2020年5月30日)↓

Amazonで購入すると5%オフになるクーポンコード(2020年3月6日〜2020年5月30日)↓

関連記事はコチラ

トラベル三脚
K&FCONCEPT B210 トラベル三脚
K&F Concept B210 トラベル三脚 ライトカーボンファイバー レビュー

続きを見る

g1
iPhone Xやスマホを三脚に固定できる Shoulderpod G1 が便利

続きを見る

  • この記事を書いた人

ヒガシーサー

ヒガシーサーとヒガゴーヤーならどっち?と迫られて「シーサーでお願いします」という流れでシーサーになりました。 カメラやガジェットのレビューや、親子向けのガジェットやライフハックも紹介しています。レビュー依頼、ご質問はお気軽に。 【書籍】ブログで簡単!アフィリエイト 稼ぐ力をつけるための教科書(4刷)

-カメラアクセサリー

Copyright© ヒガシーサードットコム , 2020 All Rights Reserved.